デモクラシー速報

なぜか右寄りのまとめブログばかりが目立つので、それに対するバランサーとしてやっていきます。

1: 民主主義者 2024/06/12(水) 18:16:53.08 ID:rINw/BV89
トヨタ自動車、ホンダ、マツダ、スズキ、ヤマハ発動機の5社による型式指定をめぐる認証不正の“同時”公表から1週間が経過。国土交通省は残るホンダとマツダの本社にも道路運送車両法に基づく立ち入り検査を開始したことで、今回不正を報告した5社すべてが立ち入り検査を受けたことになる。

きょうの各紙も「ホンダ・マツダ立ち入り、国交省認証不正全5社検査」などと取り上げているが、国交省は今後、行政処分の必要性の是非を検討するという新たなステージに入る。

そんななかで、きょうの読売の社会面には、「トヨタ自動車で判明した不正行為6事例について、国の基準だけでなく日韓や欧州を含む62か国・地域が採用する『国連基準』にも反する」という国交省の見解を取り上げている。

それによると、トヨタで不正が判明したオフセット(前面一部分)衝突時の乗員保護や歩行者の頭・脚部の保護など6つの試験は、乗用車に関する国連基準43項目に含まれ、不正の内容は日本だけでなく国連の基準にも反していたという。

一方、トヨタが「国の基準より厳しい条件で実施した」などとした一部の試験について、国側が「より厳しいと一概に言えない」と結論付けたことも判明したそうで、国内と国連で乗用車の基準は合致しており「同じ不正があれば欧州などでも量産できない可能性が高い」とも指摘する。

全文はソースでご確認ください。
https://response.jp/article/2024/06/11/382787.html
no title

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 民主主義者 2024/06/10(月) 17:18:43.81 ID:mj1VVL4Q9
「一刻も早く」 経団連が選択的夫婦別姓求める異例の提言を公表 | 毎日新聞
https://mainichi.jp/articles/20240610/k00/00m/020/080000c

2024/6/10 13:47(最終更新 6/10 14:33)

 経団連は10日、希望すれば結婚後も夫婦がそれぞれ従来の姓(名字)でいられる「選択的夫婦別姓制度」の導入を求める提言を公表した。国際化が進むビジネスの第一線で活躍する女性が増える中、旧姓を職場で通称として使用する日本独特の仕組みを「企業にとってビジネス上のリスク」だと指摘。政府に対し、制度導入を盛り込んだ民法の改正案を、国会に「一刻も早く提出」するよう求めた。

(略)

※全文はソースで。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 民主主義者 2024/06/09(日) 09:53:14.65 ID:Yra8vNOJ9
 来年4月13日に人工島・夢洲(ゆめしま)で開幕する大阪・関西万博。国際博覧会の国内開催は愛・地球博(愛知県)以来20年ぶりのこと。工事の遅れが心配されていますが、主催者は約半年間の会期中に2820万人が来場すると予想を立てました。さて、みなさんは万博に行きますか? 行きたいと思いますか? 朝日新聞土曜別刷りbeのモニター読者にアンケートし、2859人から回答がありました。

 81%が「行かない」と答え、そのうち開幕後に心変わりするかもしれないと答えたのは5%に過ぎなかった。地元大阪の読者に限っても「行く」が38%、「行かない」が62%で、期待したほど「行く派」は増えず、今回の万博の不人気ぶりが際立った。

 行かない理由のトップは「入場券が高い」。会期中に購入する場合、1日券の価格は満18歳以上が7500円、満12歳以上が4200円、満4歳以上が1800円。家族そろってとなると二の足を踏みたくなるのは無理もない。

 「なんせ料金が高い。テーマパークではないのだからもう少し庶民的に考えてほしい」(大阪、50歳女性)、「生活に余裕があったら行ってみたい気もしますが、無理ですね…」(東京、61歳女性)

 「いのち輝く未来社会のデザ…(以下有料版で、残り1094文字)

no title

朝日新聞 2024/6/9 7:00
https://www.asahi.com/sp/articles/ASS66023LS66UCVL03PM.html?iref=sptop_7_03

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 民主主義者 2024/06/07(金) 13:50:12.59 ID:Bf0DAYLB9
日本では産業振興のために、政府が音頭を取って、有力企業何社かに出資させコンソーシアムを作り、先端的な技術開発を狙うプロジェクトがよくある。「オールジャパン」とか「日の丸プロジェクト」とか呼ばれるものだ。

だが、こうした有名大企業を集めた「寄り合い所帯」では世界の競争に打ち勝つことはできない。

台湾政府がTSMCのモリス・チャンに「世界に通じる半導体産業を台湾に」と依頼したように、「1人の突出した天才にすべてを委ねる」ことが世界で勝つための正しい発想だ。
※本稿は、木谷哲夫『イノベーション全史』(BOW&PARTNERS)の一部を抜粋・編集したものです。

● 台湾の還暦近い半導体の天才に 日本の「寄り合い所帯」は勝てない

産業を振興するために、日本では、政府が音頭を取って、有力企業何社かに出資させコンソーシアムを作り、先端的な技術開発を狙う、といったプロジェクトがよくあります。オールジャパン、とか、日の丸プロジェクト、と呼ばれるもので、日本のお家芸であると言えます。

日本人としてはぜひうまくいってほしいのですが、

 1. 大企業が少額ずつ出す寄り合い所帯で
 2. 具体的用途や顧客が不明な投資をする

ということでは限界があります。


半導体業界を例に、具体的に説明しましょう。

1. なぜ「寄り合い所帯」では勝てないのか?

インテルやAMDのように、現在世界をリードする半導体企業は一握りの突出した個人が作り上げたものです。

インテルでは、ロバート・ノイスとゴードン・ムーアが製品を開発し、アンディ・グローブが優れた経営力で育てました。AMDでは天才設計者ジム・ケラーがチップを開発し、経営者のリサ・スーがそのポテンシャルを開花させています。

また、M1チップの開発などアップルの開発全体を率いてきたのは、ジョニー・スロウジ(Johny Srouji)という人物です。ジョニー・スロウジはイスラエルのハイファに生まれ、テクニオン工科大学を首席で卒業した天才で、2019年にはインテルが次のCEO候補として検討したことが報じられたりもしています。
スティーブ・ジョブズは、アップルで自前の半導体を開発するために、ジョニー・スロウジを自分の給料の4倍を払ってヘッドハントしたのです。

そして、世界最大の半導体製造企業であるTSMCは、モリス・チャンという個人の頭脳から生まれました。モリス・チャンは創業時点で56歳になっていました。還暦に近い年齢で創業した会社が世界一になる、そのような奇跡がなぜ起こったのか?

台湾政府は、モリス・チャンに、「世界に通じる半導体産業を台湾につくり出してほしい」と要請しました。つまり、知りうる限り最も優れた1人の人物に、台湾の半導体産業の未来を託したのです。
半導体回路の設計も、新しいビジネスモデルを発想するのも、大人数の協業で可能となるものだけではなく、天才のひらめきが必要です。台湾政府が賢かったのは、成功するには1人の天才にすべてを任せるしかない、というビジネスにおける成功のカギを知っていたことです。

有名大企業をいくら集めてきても、サラリーマンが数多く関わり調整が必要となることで、突出したアイデアは回避され革新的な価値は生まれなくなります。
寄り合い所帯で、企業や大学の研究者が束になったら勝てるのではないか、という発想自体が実情とかけ離れているのです。

no title

続きは
https://news.yahoo.co.jp/articles/424f0769855d2caa1cf209d7b7c34d5b6d79171e

[DIAMOND Online]
2024/6/7(金) 7:02

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 民主主義者 2024/06/03(月) 12:36:52.52 ID:t+eyyijL9
6/3(月) 7:23配信

 「国民を舐めてるとしか思えん!」

 自民党幹部がこう激昂する相手は、参議院議員の今井絵理子氏である。なぜ党内でこれほど怒りを買っているのか。

 実は今井氏は3月28日の参院本会議から国会を欠席し、やっと公務に復帰したのは約1ヵ月後の5月7日のこと。今井氏は休んだ理由を「体調不良」だったとしている。

 ところが、ここにきてある疑惑が浮上した。

 「ハシケンと喧嘩して、同棲している家から追い出したそうです。そのストレスで休んだと」(自民党関係者)

 ”ハシケン”とは元神戸市議の橋本健氏のことだ。'17年7月に週刊新潮で今井氏との「手つなぎ不倫」が報じられたのち、橋本氏は妻と離婚、市議も辞職した。その後、橋本氏は今井氏の国会事務所に「政策顧問」として出入りしており、以前、本誌の取材に対しても「(橋本氏には)公私ともに助けていただいているところです」(今井絵理子事務所)と関係を認めていた。

 「ハシケンは事務所にも姿を見せておらず、ついに破局したのでは、と噂されています」(前出・自民党関係者)

 今井氏の事務所に事実関係を問い合わせると、橋本氏が、今井氏の自宅や事務所へ出入りする頻度が以前と比べて少なくなったことについては認めたうえで、国会欠席の理由については、「橋本氏との『諍いが原因である』との指摘は事実に反します」と回答があった。
no title
 ”STEADY”を失った今井氏の今後やいかに。

https://news.yahoo.co.jp/articles/a581ec9dad978e62a60e747d7507c199274b139e

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ