デモクラシー速報

なぜか右寄りのまとめブログばかりが目立つので、それに対するバランサーとしてやっていきます。

カテゴリ: ネット右翼

1: 民主主義者 2022/03/29(火) 18:55:27.48 ID:WsgWICXr9
■ネット右翼を嘲笑する「おバカな日本」というアカウント

 「日本?事」(おバカな日本)という微博(中国のSNS)アカウントをご存じだろうか。
これは日本語ができる「愛国的」な中国人が運営しているアカウントで、フォロワー数は22万1000人。
内容は中国にとって好ましくない日本国内の言説(台湾との連帯の主張など)や、日本のB級ニュースなどを批判的な姿勢で紹介するものだ。

 この「日本?事」や、類似の「日本tui一生」(フォロワー1万7000人)などのアカウントが興味深いのは、
日本語のツイッター、ヤフーニュースやYouTubeのコメント欄などで見られるネット右翼系の「おバカ」な投稿を積極的に翻訳し、嘲笑のネタにしていることだろう。

 ツイッターや「ヤフコメ」は、ヒマ人が匿名でめちゃくちゃなことを投稿して憂さ晴らしができる便所の落書き……
であるかに思えて、実はそうした低劣な書き込みが22万1000人の中国人から「おバカ」として笑いものにされている場合がある。これが2022年のインターネット空間なのだ。

(中略)
■中国国内の過激言説を拡散させる「大翻訳運動」

 今回、この翻訳を仕掛けたのは「浪人」と呼ばれる反体制的なオタク系中国人たちのグループだ。彼らに明確なリーダーはおらず、
組織化もされていないため、イメージとしては「5ちゃんねらー」や「アノニマス」などと近いが、指す範囲はもう少し狭い。
日本でいえば「なんJ民」や「嫌儲民」(いずれも5ちゃんねらー内部のグループ)くらいの肌感覚の人たちだ。

 「浪人」の一部は、上記の「ウクライナ美女」の事件を契機に、中国国内のネット上にあふれている過剰な愛国主義的・排外主義的な言説や、
ロシアの軍事行動を支持する言説を積極的に英語や日本語に翻訳して暴露するようになった。
現在はツイッターで「#大翻???」や「#TheGreatTranslationMovement」「#偉大な翻訳運動」などのハッシュタグを使用し、世界に向けて晒しあげ行為を続けている。

(中略)
■いつの間にか本物の国際問題に昇華しそうな気配

 過剰にも思える反応の理由は、おそらく大翻訳運動の内容が、習近平政権のキャンペーン「講好中国故事」(しっかりと中国の話をしよう)に抵触するためだ。
これは中国の体制や文化の優秀性、経済発展の素晴らしさなどを海外に向けて積極的に発信せよという方針で、最近では2021年5月にも習近平自身の講話で強調された。

 政権の肝煎りで中国の素晴らしさを世界に宣伝しているときに、「戦争でウクライナ美女が中国に来る」だの「プーチンの覇気を称賛する」
「日本に原爆を落としてやれ」だのといった正真正銘の「中国の声」が、各国語に翻訳されて全世界に流れたのではたまらない。当局の怒りの理由はこのあたりにあるのだろう。

(中略)
 もっとも、大翻訳運動の一件からは、閉鎖的な言論空間で横行する「頭の悪い言説」が、国益を毀損(きそん)する潜在的なリスク要因になるという教訓も読み取れる。
たとえば、ロシアや中国が日本のヤフコメやツイッターの差別言説を戦略的に抽出・翻訳し、「日本ではネオナチ勢力が台頭している」といったディスインフォメーションに活用する危険性も、やはりあり得るのではないか。

https://news.yahoo.co.jp/articles/55a65055fe6caeafd69ddfaa7addbba006c6440e?page=1
no title

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 民主主義者 2021/12/05(日) 19:07:48.57 ID:eKHswyX79
東京で開催が予定されていた「表現の不自由」をテーマにした展示会の主催者に、危害を加えるという内容のメールを送ったとして、兵庫県に住む47歳の会社員が脅迫の疑いで逮捕されました。

逮捕されたのは、兵庫県尼崎市の会社員 宇根元崇泰容疑者(47)です。

警視庁によりますと、ことし6月から7月に東京都内で開催予定だった「表現の不自由」をテーマにした展示会の主催者に、5回にわたって危害を加えるという内容のメールを送ったとして脅迫の疑いが持たれています。

メールには「お前らのなかで死人が出ても不思議ではない」「髪を引きずりまわされる表情が見てみたい」などと書かれていたということで、被害届を受けた警視庁が捜査を進めていました。

展示会については中止を求める電話やメールがあったほか、街頭での抗議活動も行われ、会場の確保が難しくなったことなどから開催が延期されています。

警視庁によりますと宇根元容疑者は、調べに対して「メールを送信したことは間違いありません」などとと供述しているということで詳しいいきさつを調べています。

実行委員会「逮捕が抑止力になればと願う」

展示会の実行委員会は、「今回の逮捕が『ここまでしてはいけない』という抑止力につながればと心から願います。東京での展示会については、開催できるよう引き続き調整していきたいと思います」などとコメントしています。

NHK NEWS WEB
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20211205/k10013375831000.html
no title

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 民主主義者 2021/11/12(金) 12:45:11.79 ID:2bG8+sep9
https://shingakunet.com/smp/nyushi/nanido/SC000468/
桃山学院大学
社会学部 偏差値: 42.5~47.5


https://news.yahoo.co.jp/articles/4b2b580127a422a5105e31bfa781f591fcccaa15
「少し急になりますが、本日をもって黒瀬深はTwitterを引退したいと思います」

 第49回衆議院議員選挙の開票翌日となる11月1日、突如こんな“引退宣言”をしたのは、インターネット上で政治に関する言論活動をおこなってきた匿名の有名アカウント「黒瀬深(@Fuka_Kurose)」だ。

 本誌は「黒瀬深」アカウントの“正体”について以前から取材しており、じつはこの引退宣言の直前、アカウントを運営する男性本人との接触に成功していた。だが、取材申し込みに対して「できるだけの協力はさせていただきたい」と話していた男性は11月5日に態度を一変。代理人弁護士を通じて、東京地裁に本誌への「記事掲載禁止の仮処分」を申し立てたのだった――。

●Twitterで14万人以上に「デマ」を拡散してきた

「黒瀬深」は、Twitterで14万人以上のフォロワーを集める“インフルエンサー”だ。アカウント名で検索すると「ネトウヨの皇帝」なる別称も出てくる。

 投稿には野党議員やリベラル派を攻撃するものが多く、内容についてはたびたび「デマ」の疑いを指摘されてきた。
 代表的な例を挙げると、2020年8月5日の投稿だ。野党が要求した臨時国会召集に応じなかった安倍晋三首相(当時)を批判する「#憲法53条違反だぞ安倍晋三」というタグに反応した「黒瀬深」は、以下のようにツイートした。

《#憲法53条違反だぞ安倍晋三 というタグ、憲法53条は「議員の4分の1が要求すれば国会は開かれる」という内容で、つまり今開かれてないのは「野党が口頭で国会開催を要求してるだけで正当なプロセスを何も踏んでないから」だぞ。要するに野党は口だけで何もやる気がないという事です。》

 このツイートは、投稿当日だけで5000回以上もリツイート(再投稿)され、拡散されていった。
 しかし、内容は事実に反している。立憲民主党を始めとした野党は7月31日に「臨時国会召集要求書」を、衆議院の総議員の4分の1以上である131議員の連名で衆議院議長に提出していたからだ。「立憲民主党」の公式アカウントからも《かなり拡散されていますが、デマは削除願います。》と指摘された。

 さらに、「黒瀬深」は自身のプロフィールについてもたびたび“虚言”を指摘されている。
 彼は旧アカウント名を名乗っていた当時、次のように投稿していた。

《私は家に焼夷弾が落ちて弟が二人死んだ》
《瀕死の私を見つけて救急に通報したのが安倍晋太郎先生です》

 一方で、現在のアカウント名である「黒瀬深」を名乗り始めた後は、自身が20代であることをほのめかし、自身の経歴についての投稿の多くが相互矛盾する状態になっている。

 だが、自分のプロフィールは隠した上でデマ情報を流し続け、大衆を扇動する「匿名アカウント」の存在は、いま社会問題となっている。

 10月24日には「しんぶん赤旗日曜版」が、同じくTwitterで多くのフォロワーを集めていた匿名アカウント「Dappi」について、「自民党と関連ある企業が運営していた」と報道し、大きな反響を呼んだ。

「Dappi」もこれまで野党議員への誹謗中傷を繰り返しており、デマの疑いもたびたび指摘されてきた。立憲民主党の小西洋之参院議員と杉尾秀哉参院議員は、損害賠償を求める訴訟を提起している。

「黒瀬深」についても、背後関係や運営者の正体について解明する必要を指摘する声が挙がっていた。嘘か真実かもわからない自分語りをおこない、政治的立場の異なる相手や国会議員を攻撃し続ける匿名アカウントの正体とはいったい――。
no title

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 民主主義者 2021/11/07(日) 11:31:16.78 ID:dfouPDNS9
竹田恒泰チャンネル公式切り抜きアカウント @takedachcut
サザエさんで考える!
選択的夫婦別姓になったら磯野家はどうなるのか!?
https://youtu.be/SQwk5-jk5W4


もし、選択的夫婦別姓になった場合
サザエさんの磯野家はどうなるか?
例に出して説明いたします。

#竹田恒泰チャンネル
#竹田恒泰切り抜き動画
#サザエさん #磯野家 #選択的夫婦別姓
no title



続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 民主主義者 2021/11/03(水) 14:46:32.86 ID:zvGPJivU9
 野党や左派を攻撃することで知られ、多くのフォロワーを持ち影響力の大きいツイッターの匿名アカウントが1日、アカウントを非公開にした。同アカウントを巡っては、複数のツイートが名誉毀損(きそん)に当たるとして、小説家の室井佑月さんが550万円の損害賠償を求めて東京地裁に提訴している。

 このアカウントは「黒瀬 深」(@Fuka_kurose)。1日現在で14万超のフォロワーを持つ。保守的な投稿が多く「サヨク」などの言葉を使って主に立憲民主党や共産党などの野党や野党議員を攻撃する、いわゆる「ネット右翼」アカウントの一つだ。

 同アカウントは「少し急になりますが、本日をもって黒瀬深はTwitterを引退したいと思います。理由は本業に集中する為です。」などと1日に投稿し、アカウントに鍵をかけて非公開にした。アカウントは裁判が終了した後に削除するという。運営するユーチューブも更新を停止するとしている。

 ただ、同アカウントは2020年6月にも「身元を特定しようとする動きも出て来たため、周囲の人間の安全も考えて閉鎖する事になりました」などと投稿し、アカウントを閉鎖すると宣言したが、その2日後に撤回している。

 同アカウントを巡っては、不正確な情報を拡散しているなどとして、批判が相次いでいる。米大統領選の開票結果を巡る20年11月の投稿...

以下有料記事
毎日新聞
https://mainichi.jp/articles/20211102/k00/00m/040/316000c
no title

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ