デモクラシー速報

なぜか右寄りのまとめブログばかりが目立つので、それに対するバランサーとしてやっていきます。

カテゴリ: 社会

1: 民主主義者 2021/08/05(木) 16:45:30.70 ID:60bNYu6d9


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 民主主義者 2021/08/03(火) 15:43:20.94 ID:xVqwQPK49
3日は日本海側を中心に各地で気温が上昇し、午後2時までに90地点で35度以上の猛暑日を観測した。

気象庁によると、午後2時40分までに新潟県三条市で今年最高の39・1度、長岡市寺泊で38・8度、新潟市秋葉区で38・1度まで上昇。柏崎市では観測史上最高タイの37・6度を記録した。都内でも、練馬区で34・1度、都心で32・9度と厳しい暑さとなっている。

読売新聞オンライン
https://www.yomiuri.co.jp/national/20210803-OYT1T50278

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 民主主義者 2021/08/02(月) 20:54:03.34 ID:fmNL/dFY9
 東京都内での新型コロナウイルスの感染状況を示す指標が軒並み、異常とも言える数字に跳ね上がっている。1週間平均の新規感染者数は3千人を超え、市中での感染の広がりを示す陽性率は19・5%に達した。いずれも「疫学的に異常」と言われた年明けの数字をはるかに上回る。都は、至るところにウイルスが広がっている状態とみて注意を呼びかける。


https://news.yahoo.co.jp/articles/98376c4357f6cabcd168e002ee19e5d54e86f520
陽性率19%、「異常」上回る東京 収束「予想つかず」
8/2(月) 17:04配信

参考)
https://www.tokyo-np.co.jp/article/120556
【首相会見】辞職の覚悟あるのかと迫る記者に、菅首相「感染対策、私はできる」 2021年7月30日

https://mainichi.jp/articles/20210730/k00/00m/040/372000c
菅首相「東京五輪はコロナ感染拡大の原因になっていない」2021/7/30

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210716/k10013142041000.html
五輪まで1週間 菅首相 「安心安全な大会実現へ 高い緊張感を」2021年7月16日

以上
no title

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 民主主義者 2021/08/02(月) 19:11:28.68 ID:W3TTfcQg9
21世紀に入って日本の賃金はほとんど上昇しなかった。その結果、平均賃金の水準では、G7でイタリアと最下位を争い、2015年には韓国に抜かれ、差が開く一方だ。なぜ賃金が上がらない、安い賃金の国になってしまったのか。

「長年働いているのに、給料が上がらない」「給料が少なくて、生活が苦しい」。こんな悩みを抱えている人は多いはずだ。
この悩みが生まれるのは、働く人の能力や努力が足りないからとは必ずしも言い切れない。むしろ日本と世界を俯瞰したデータで見れば、日本が丸ごと「給料の安い国」になりつつあるのが現実だ。

OECD(経済協力開発機構)の調査によると、日本の平均賃金(年間)は2000年時点、3万8364ドル(約422万円)で加盟35カ国中17位だった。
20年には3万8514ドル(約423万円)と金額はわずかに上がったものの、22位にまで順位を下げた。
過去20年間の上昇率は0.4%にすぎず、ほとんど「昇給ゼロ」状態。これでは「給料が上がらない」と悩む日本人が多いのも当然だろう。

他国と比べると、日本の賃金の低さは歴然としている。トップの米国は6万9391ドル(約763万円)で、率にして44%の大差が開いている。
OECD加盟35カ国の平均額の4万9165ドル(約540万円)に対しても22%低い。

米国以下には、アイスランド、ルクセンブルク、スイスといった欧州の国々が並ぶ。日本の賃金はこういった欧米の国々に負けているだけでなく、お隣の韓国よりも低くなっている。


OECDの平均賃金は、「購買力平価」をベースとするもの。例えば同じ品質、同じ量の製品が米国で1ドル、日本で150円だった場合、実勢の為替レートではなく1ドル150円のレートで換算するという計算方法だ。
購買力平価には国家間の物価水準の違いが加味されており、生活実感により近い。

いったい、いつ韓国に賃金で逆転されたのか。前述の通り、日本の賃金は過去20年間で0.4%しか増えていない。これに対して韓国の賃金は43.5%伸びている。この結果、15年の時点で韓国に逆転され、その後も差は開く一方だ。
韓国だけでなく、米国やカナダ、ドイツなども賃金は顕著な右肩上がりで伸びている。「昇給ゼロ」状態なのは日本とイタリア(マイナス0.4%)だけである。


一つ目はバブル崩壊やリーマンショックなど大きく景気が落ち込んだときに、日本企業は労使が協調して雇用維持を優先し、賃金を抑制してきたことだ。
人件費を抑え、増加した利益を内部留保としたことで、リーマンショック後の資金ショートも免れた。この経営側の成功体験も賃金を抑制し続けるインセンティブになっているだろう。

二つ目は雇用を維持しながら、賃金を下げられないこと。いったん賃上げをすると業績悪化時に引き下げて、コスト削減をすることができないと多くの経営者が考えた。

三つ目は労働組合の弱体化だ。労働組合や従業員は雇用維持を優先して経営側に賃上げを強く要求してこなかった。

四つ目は、大企業が雇用維持を優先し続けたことで、中小企業に大企業から人材があまり移動しなかったことだ。そのため、再編も進まず、生産性が上昇しなかった。

五つ目は、賃金と個人消費の停滞の悪循環だ。賃金が上昇しなかったことで、個人消費が拡大せず国内市場も拡大しなかった。だから、国内の売上高が伸びないために、企業が国内での賃金を抑制するという悪循環も続いてしまった。

no title

https://dol.ismcdn.jp/mwimgs/e/3/1080m/img_e3bb2312d344c75dc99a44aae4fa8e06116784.jpg


2021.8.2 5:20
https://diamond.jp/articles/-/278127

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 民主主義者 2021/08/02(月) 16:23:10.88 ID:2r1Ts0RU9
https://www.j-cast.com/2021/08/02417380.html

米紙ワシントン・ポストの記者が2021年7月31日にツイッターへ投稿した、
東京都内の「居酒屋」で撮ったとみられる写真が物議を醸している。

写真には、多くの人が店内でマスクをつけず飲食を楽しむ姿が映っている。
投稿によれば、時短営業の対象となる20時以降も店内の混雑ぶりは変わらず、
ほとんどの人は店内のテレビで東京オリンピックの試合を観戦していたという。

https://twitter.com/myhlee/status/1421426956420014086

Leaving the restaurant at 8pm per guidelines under Tokyo state of emergency,
and yet … still a full house. Some people got seated minutes ago. Most people
here are watching the Japan-NZ men’s Olympic soccer quarterfinals.

no title

no title


■「数分前に席に着いた人もいる」

写真を投稿したのは、ワシントン・ポストのミシェル・イェ・ヒー・リー記者。
東京五輪期間中は自身のツイッターで、取材の様子をポストしている。
開会式が行われた7月23日には国立競技場の前に群がる人々の姿を捉え、
28日には福島県で行われた野球の取材に訪れたことを伝えている。

7月31日夜、リー記者は2枚の写真を投稿。いずれも、東京都内の居酒屋で撮られたとみられるものだ。
多くの人がマスクをつけず、飲食を楽しむ姿が映っている。リー記者は、写真の状況を次のように説明した。

「東京都の緊急事態宣言のガイドラインに沿って20時に店を出たが、それでも...満席だった。
数分前に席に着いた人もいる。ここにいるほとんどの人は、オリンピックサッカー男子の準々決勝、
日本対ニュージーランド戦を見ている」(編集部訳、以下同)

投稿は8月2日までに1万2000のリツイートを集めるなど、ツイッター上で広く拡散された。
海外在住とみられるユーザーからは、こんな反応が寄せられている。

「クレイジーだ! 日本では今週、COVID19の記録的な感染者が報告されたばかりだというのに、
レストランの客がマスクをつけずに近くに座っていてもいいというのか?」
「今、社会の歯車が外れつつあるのかもしれません。もう誰も気にしていないようです」
「これは問題だ。誰も耳を傾けない。誰もがルールに従わなくていいと思っている。あなたはそうではありません...」

31日の東京都の感染者数は過去最多となる4058人だった。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ