デモクラシー速報

なぜか右寄りのまとめブログばかりが目立つので、それに対するバランサーとしてやっていきます。

カテゴリ: 自由民主党

1: 民主主義者 2021/03/04(木) 17:09:14.26 ID:CwEwPcIp9
東日本大震災から10年を迎えるのを前に、自民党の安倍晋三前首相は3日までに、時事通信のインタビューに応じた。復興に向けた安倍政権の取り組みでは「一定の役割を果たせた」と強調。首相在任中に「復興五輪」を掲げ招致した東京五輪・パラリンピックに関しては、新型コロナウイルスを克服した上で開催が実現できれば「五輪の歴史に残る大会となる」と期待感を示した。

―発生当時は野党議員だった。

当時、自民党の谷垣禎一総裁は政府に全面的に協力した。ただ、民主党は政権運営に十分慣れておらず、菅直人首相は原子力緊急事態宣言を直ちに出すべきだったのに遅れた。現場の要望を聞くネットワークもなく、行政を動かす能力に欠けていたと言わざるを得ない。(自民党にとって)それが政権奪還の原点だ。

―首相再登板後、復興にどう取り組んだか。

「閣僚全員が復興相と思え」と指示して縦割りを排し、現場主義を徹底した。大変だったのは東京電力福島第1原発の廃炉への取り組み、避難者の帰還に向けた道筋、高台移転のための土地買い取りなど。復興の足かせとなった風評被害の払拭(ふっしょく)も課題だった。

―安倍政権下で復興はどこまで進んだか。

高台移転や災害公営住宅など住まいの整備、帰還困難区域を除く地域の避難指示解除、道路や鉄道などの交通インフラ復旧は進んだ。製造品の出荷額や観光客数も震災前より増え、一定の役割を果たせたと思う。

―残された課題は。

心のケアが必要な方々がまだたくさんおられ、しっかり対応しなければならない。原子力災害地域の住民帰還に向けた環境整備や、新たな産業にも力を入れていくことが大切だ。

―福島第1原発から出る放射性物質トリチウムを含む処理水の対処は。

先送りできない課題だと当時首相として認識していた。風評被害もあるので、政府が適切な時期に責任を持って判断し、安全性など含めて国際的にも発信と説明をしてもらいたい。

―首都直下型地震への備えは十分か。

耐震化は相当進んできた。東日本大震災の経験を生かし、安倍政権時に首都直下地震緊急対策推進基本計画を策定した。想定される死者数半減などの目標に向け、防災・減災を進めてほしい。

―追悼式を今年でやめると決断した背景は。

忘れ得ぬ出来事であることは間違いないし、これを教訓に同じ悲劇を繰り返してはならない。だが、追悼式をどこかの段階では終了しなければならない中で、安倍政権で判断した。

―「復興五輪」への思いは。

ブエノスアイレスの国際オリンピック委員会(IOC)総会で行った東京招致へのスピーチで、「復興した姿を皆さんに見ていただく五輪にしたい」と話し、その趣旨に沿う形で復興は進んできた。復興五輪であると同時に、人類が新型コロナウイルスに打ち勝った証しとして開催できれば、五輪の歴史に残る大会となる。

no title

インタビューに答える安倍晋三前首相=2月26日、東京・永田町

https://www.jiji.com/sp/article?k=2021030300767

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 民主主義者 2021/03/02(火) 11:59:59.73 ID:xdvchKmn9

(略)

■「丸川氏はアジアンビューティー」自民議員の発言にざわめきも

 丸川氏はアジアンビューティー――。質疑の冒頭では、自民の鬼木誠氏が質問の中で、丸川珠代五輪相の容姿に触れながら称賛し、委員室がざわめく場面があった。

 鬼木氏は、地球温暖化対策の国際ルール「パリ協定」の2015年の採択をめぐり、当時環境相だった丸川氏とフランス・パリを訪問した際の話を披露。鬼木氏は当時、環境大臣政務官で、丸川氏は「上司」だった。

 鬼木氏は、パリ協定の採択に向けて、「当時の丸川珠代大臣。国際的な交渉を重ねた当時の思い出、ご苦労、また脱炭素に向けての考え、今の気持ちをお聞かせください」と質問した。

 丸川氏は「当時の鬼木政務官には実務者のトップと交渉してもらって重要な役割を担ってもらった。この場を借りて心から感謝を申し上げたい」と答弁。

 これに対し、鬼木氏は「丸川大臣はパリにおいて各国の大臣クラスの方々とマルチやバイ会談を進め、共通の利益のために世界が一つになる下地を作った」と称賛。さらに「各国首脳からもアジアンビューティーと呼ばれ、大変人気があったという話も現地で聞こえておりました」と述べた。

3/2(火) 11:42配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/cb4b92239edad9551e87138c5617ed019f94bd41
https://amd-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20210302-00000030-asahi-000-1-view.jpg
no title

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 民主主義者 2021/03/01(月) 15:44:27.95 ID:e9Lnt/ub9
https://twitter.com/tv_asahi_news/status/1366277504965615618?s=19
【速報】武藤貴也元衆議院議員がひき逃げ容疑で書類送検 警視庁
https://t.co/thR32iDcU8

7: 民主主義者 2021/03/01(月) 15:45:39.89 ID:e9Lnt/ub9
>>1
【独自】武藤貴也元衆院議員、現職当時にひき逃げ容疑…警視庁が書類送検へ
2021/03/01 15:09
https://www.yomiuri.co.jp/national/20210301-OYT1T50143/

 車で人身事故を起こして逃げたとして、警視庁野方署は1日にも、元衆院議員の武藤貴也容疑者(41)(東京都世田谷区代田)を道路交通法違反(ひき逃げ)と自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致傷)容疑で書類送検する方針を固めた。起訴を求める意見を付けるとみられる。

捜査関係者によると、武藤容疑者は2016年7月16日午前0時頃、東京都中野区丸山の都道でワゴン車を運転中、前方の路肩に駐車中の車から降りた60歳代男性に車を接触させ、右腕に全治約3週間のけがを負わせ、そのまま逃走した疑い。任意の調べに「黙秘します」と述べたという。

 警視庁は付近の防犯カメラの映像などからワゴン車を特定した。武藤容疑者は当時、現職の衆院議員で、同年5月にも都内で乗用車に追突する人身事故を起こしていた。

 武藤容疑者は12年の衆院選・滋賀4区に自民党から立候補して初当選。2期目だった15年に週刊誌で未公開株を巡る金銭トラブルなどを報道されて離党し、17年の衆院選は立候補しなかった。19年4月の滋賀県議選で落選し、選挙期間中に法定外の文書を配ったとして公職選挙法違反で在宅起訴され、大津地裁で公判が行われている。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 民主主義者 2021/03/01(月) 12:18:48.33 ID:fcxHpJYJ9
 「側近の松本純議員の『銀座クラブ問題』による離党に加え、1月31日に行われた北九州市議選では麻生氏の息がかかった自民党保守系のメンバーが4人も落選しました。本人は相当焦りを感じているはずです」(福岡県議会関係者)

 麻生太郎財務相が追い込まれて、憂鬱な日々を送っている。

 理由は、地元・福岡での影響力が急速に低下していることだ。

 安倍政権の時代から「麻生離れ」が進んでいたが、ここにきて昨年9月の菅内閣発足時に総務相に抜擢された、武田良太氏の勢力伸張が加速している。

 「武田氏は昨年12月5日には、多忙の中、竹下派の三原朝彦氏の政経セミナーと、岸田派の山本幸三氏の政治資金パーティーで挨拶をするためだけに福岡入り。着々と他派議員の取り込みを図って、麻生崩しに精を出しています。

 4月に行われる豊前市長選は、現職で麻生氏が支持する後藤元秀氏と、前市議会議長の磯永優二氏との対決になる見込みですが、磯永氏を陰で推しているのは武田氏。つまり麻生―武田の代理戦争となる。

 これで後藤氏が落選するようなことがあれば、福岡の政界における勢力図は一変し、以後は武田氏が麻生派を駆逐して、覇権を握ることになるでしょう」(前出・関係者)

 現在80歳の麻生氏は、祖父・吉田茂と同じ85歳までは政治家を続けると言い張っているという。敗残して老醜を晒すようなことは避けたほうが良いかもしれない。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20210225-00080378-gendaibiz-soci
no title

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 民主主義者 2021/02/25(木) 11:31:05.16 ID:vKg5NMd39
フィギュアスケート選手・髙橋大輔への「キス強要」が問題視されながら、五輪組織委新会長への就任が決まった橋本聖子氏。その橋本氏の新たなセクハラが明らかになった。“被害者”は浅田真央。橋本氏は浅田に、当時首相であった安倍晋三氏へのハグを強要していた。

この“事件”が起きたのは髙橋への「キス強要」から2ヶ月後、ソチ五輪後の懇親会でのことだった。歓談中に橋本氏は、安倍氏に「(浅田が)総理にハグをして欲しいって」と声をかける。突然のことに浅田は「いやいやいや」と手を振って拒絶。安倍氏もやんわり断ったのだが、その後も橋本氏はハグをするのが当然かのような空気を作り、最終的には嫌がる浅田がハグをする羽目になった。

また、取材を進めると、橋本氏は、知人が経営する北海道の牧場でも二十代の男性従業員に「キス強要」をしていたことも明らかに。そんな橋本氏の下、本当に国民に祝福される東京五輪を迎えられるのか――。

2021年2月25日 08:15
https://news.line.me/list/oa-shukanbunshun/e9jx4xhsrxes/15oie5obk43g



http://shukan.bunshun.jp/articles/-/14525
<嫌がる彼女に…>

橋本聖子
浅田真央に
安倍<晋三>とのハグ強要<動画>

●髙橋大輔「キス強要」直後に橋本は「口外禁止」発言
●「深く反省」のはずが…3年後も20代男性に長~いキス
●5億円踏み倒しで信組破綻父「聖子の選挙費用」借金で敗訴
●院政森喜朗が「君しかいない」再入閣“約束手形”
●英紙記者「橋本のセクハラには皆で目をつむった」

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ