デモクラシー速報

なぜか右寄りのまとめブログばかりが目立つので、それに対するバランサーとしてやっていきます。

カテゴリ: 維新の会

1: 民主主義者 2021/02/25(木) 16:04:07.62 ID:vgAJXW4H9
 愛知県の大村秀章知事へのリコール運動をめぐり、多くの署名が偽造された疑いのある問題で、リコールの会の事務局長を務めていた日本維新の会の田中孝博元愛知県議が、2月25日に維新の支部長の辞任届を提出しました。

 日本維新の会の関係者によりますと、「愛知100万人リコールの会」の事務局長を務めていた維新の衆議院愛知5区の支部長・田中孝博元愛知県議は、2月25日に「政治活動を続ける状態ではない」として、支部長の辞任届を提出して受理されたということです。

 この問題では、愛知県などが主催した美術展の展示内容をめぐり、医師の高須克弥氏や名古屋市の河村たかし市長らが愛知県の大村秀章知事のリコール運動を展開しましたが、集まった43万5000人の署名の8割に当たる36万人余りが無効とわかり、地方自治法違反の疑いで愛知県警に告発されていました。

 田中氏は会見で「契約していません」などと明確に関与を否定していました。維新の幹部は「状況を見極めた上で今後の対応を考えたい」としています。

MBS
https://news.yahoo.co.jp/articles/2c31df693e3a34dde13c9f57973d1705ef3a4833
no title

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 民主主義者 2021/02/11(木) 12:39:27.01 ID:cf8d2+Um9
【松井一郎 維新伝心】府民の方々の協力の成果「新規感染者数が1週間連続300人以下」 森会長“女性蔑視”発言に複雑な思い…一部メディアの「魔女狩り」に疑問

 大阪府では8日、新型コロナウイルスの新規感染者が119人となった。これで、「1日平均の新規感染者数が1週間連続で300人以下」という、国に緊急事態宣言の解除を要請するための独自基準を達成した。すべて、府民の方々が協力してくれた成果だ。心から感謝したい。

 ただ、重症者病床や中等症病床の使用率は、まだ高止まりしている。これは新規感染者数に比べて、遅れて結果が出てくるためで、9日の府対策本部会議でも、すぐに解除要請という結論にはならなかった。

 この連載でも何度も訴えてきたが、「人々の命を守り、経済を止めない」ためには、社会経済活動について一定の制限をかけながら、状況に応じてアクセルとブレーキを使い分けていくしかない。このバランスが何より重要だ。

 私のもとにも、「不要不急はいつまでですか?」と聞いてこられる人がいる。その気持ちはよく分かる。仕事や生活の心配もあるだろう。「自粛疲れ」も理解できる。国や自治体では、さまざまな救済策を用意している。「未知のウイルス」に負けないために、どうか、もう少し、我慢していただきたい。

 こうした緊急事態宣言下で、自民党と公明党の国会議員が深夜に、東京・銀座の高級クラブを訪れていたことが分かった。離党や議員辞職したが、当然の処置だと思う。

 与党議員らは、大人数で食事した後、深夜に「密」になる高級クラブに出かけていた。政府・与党が「一番我慢してほしい」と呼びかけている行動であり、発覚後の説明もひどかった。「この程度はバレない」と考えていたとすれば、与党の「おごり」「緩み」というしかない。国民が激怒するのは当たり前だ。

 一方で、東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長による、いわゆる「女性蔑視」発言には、複雑な思いだ。

 森氏の発言自体は、極めて不適切だ。真意が分かりづらく、誤解を生みやすい。森氏は発言翌日、発言を撤回して謝罪した。猛省してほしい。

 ただ、森氏が東京五輪の招致段階から関わり、組織委員会会長として「アスリートのため」「五輪のため」「日本のため」に努力してきたことは、関係者の間では常識である。安倍晋三前首相が以前、「(国内外にわたる問題を調整して解決できるのは)森さんしかない」と語っていたことを思い出す。国民には知られていないが、その貢献度は大きい。

 森氏は国会議員時代から、保守的な政治姿勢や目立つ発言から、一部メディアの激しいバッシングを受け続けてきた。

 森氏は今回、撤回して謝罪している。国際オリンピック委員会(IOC)も当初、「この問題は終了と考えている」と発信している。IOCのトーマス・バッハ会長の信頼も厚い。

 一部メディアの「魔女狩り」のような姿勢はどうなのか。森氏のすべてを否定する報道には、気の毒でならない。私は、東京五輪成功のために頑張ってほしいと思う。日本維新の会代表、大阪市長・松井一郎)

夕刊フジ 2021.2.11
http://www.zakzak.co.jp/soc/news/210211/pol2102110001-n1.html

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 民主主義者 2021/01/22(金) 18:32:31.75 ID:8rbR3cJJ9
東京五輪「延期が現実的」と大阪府知事
1/22(金) 18:03配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/4299c486298d554064eb698b4692c768fe38b219

 大阪府の吉村洋文知事は22日に出演した民放番組で、東京五輪・パラリンピックについて「中止は避けてほしい。延期が現実的だと思う」と述べ、2024年に再延期すべきだとの認識を示した。
200px-Hirofumi_Yoshimura_(cropped)

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 民主主義者 2020/12/19(土) 17:46:32.10 ID:hXBLchsD9
 カジノを含む統合型リゾート(IR)の基本方針を政府が閣議決定したことを受け、12月18日、大阪府の吉村洋文知事は「来年の夏から秋にかけて事業者を正式決定したい」と話しました。

 大阪府と大阪市が誘致を目指すIRをめぐっては、新型コロナウイルスの感染拡大による渡航制限などの影響で、公募に参加しているアメリカのMGMリゾーツ・インターナショナルとオリックスによる共同グループ側との協議が進んでいません。

 12月18日に政府がIRの基本方針を決定したこと受け、大阪府の吉村知事は、来年1月には実施方針を決定する考えを示しました。そして、次のように話しました。

 (大阪府 吉村洋文知事 )
 「今、コロナ禍ではありますが、その先を見据えて、IRは大阪の経済成長に重要だと思っています。来年の夏から秋にかけて事業者の正式決定をしていきたい。」

 政府の基本方針では、自治体が申請する整備計画の受付が当初の予定より9か月遅れ、来年10月からとされています。

https://news.yahoo.co.jp/articles/fb257b929d3fd092f7351435e12359d4fe649f43
no title

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 民主主義者 2020/10/21(水) 12:07:29.30 ID:1pBQrTeo9
【大阪都構想】吉村大阪府知事に新トラブル!ラジオ2回出演で反対派が「放送法違反だ!」
10/21(水) 11:30配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/d36fc36d0ea0927d7e008abb090c990dfba74c2a

 法律に抵触? 大阪市を2025年に廃止し、4特別区を新設する「大阪都構想」の住民投票(11月1日投開票)を巡り、賛成派の大阪維新の会の吉村洋文代表代行(45=大阪府知事)の行動が波紋を呼びそうだ。地元ラジオ局「FM大阪」の番組に2度出演したのだが、これに反対派が猛反発。吉村氏だけを取り上げた放送内容が「公職選挙法、放送法に違反するのでは」と問題視しているのだ。

 吉村氏は告示後の12日と19日、FM大阪の「LOVE FLAP」に出演。「二重行政を解消する」「住民サービスを充実させる」などと都構想の目的について語り、「なんとか実現させたい」と訴えた。これに異を唱えたのが反対派だ。

 自民党大阪府連は放送後、同局に「この放送はどうなのか? 放送法第4条に抵触するのではないか」と申し入れたというのだ。

 放送法第4条は「放送事業者は、国内放送及び内外放送の放送番組の編集に当たって①公安及び善良な風俗を害しないこと。②政治的に公平であること。③報道は事実をまげないですること。④意見が対立している問題については、できるだけ多くの角度から論点を明らかにすること」とある。

 自民関係者は「今年の早い段階から、報道機関には公平・公正に放送してほしいと要請していたが、今回の出演が起きた。放送法では④意見が対立している問題は多くの角度から論点を明らかにすること――とあり、世論調査を見ても住民投票はまさに意見が対立している。FM大阪さんも当然理解しているはずで、12日の放送後に申し入れをしたところ『放送を聞いてもらったら分かるとは思いますが、放送法に抵触するようなことはないと思っている』との返答だった」と明かした。

 申し入れの際、同局からは「では、自民党さんも出られますか?」との話もあり、自民側は「企画書を出してくれれば、きちんと対応します」と応じたが、出演オファーはなかったという。

 その後、吉村氏が2度目の出演をし、番組の最後には「来週も来ていただくことになると思います」との告知もあり、自民は怒り爆発。抗議文の提出も検討している。立憲民主党などにも出演の話はなかったという。

 さらに、反対派からは「公職選挙法に触れるのでは?」との指摘もあるが、弁護士法人創知法律事務所の岡筋泰之弁護士は「大都市地域における特別区の設置に関する法律施行令の規定で、公職選挙法は住民投票では準用しない。放送法に違反しないかどうかが問題になるのではないか」とみる。

 在阪のテレビ関係者はFM大阪の放送についてこう語る。

「我々の感覚では完全にアウト。BPO(放送倫理・番組向上機構)に『あなたたちの意思として、恣意的に維新側の主張を垂れ流したんですね』とみられかねないですから。出演してもらう場合は賛成派、反対派の双方を呼んでバランスをとるし、発言の尺の長さを秒単位まで気にして調整するくらい、相当気を使う問題。それが吉村さんだけ発言させるとは、信じられないですね」

 本紙はFM大阪に見解についての取材を申し込んだが、回答はなかった。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ