デモクラシー速報

なぜか右寄りのまとめブログばかりが目立つので、それに対するバランサーとしてやっていきます。

カテゴリ:安倍政権 > 外交

1: 民主主義者 2020/09/07(月) 14:38:48.90 ID:Nd/DJ8Kj9
 旧ソ連による北方領土の占領完了から5日で75年。領土問題に「終止符を打つ」と繰り返してきた安倍晋三首相が手にした「成果」は、「今のロシアは2島さえ引き渡す意思はない」(外交筋)ことが明らかになったという厳しい現実だった。約7年8カ月の交渉を振り返ると、在任中の解決という目標実現に焦り、「プーチン大統領は2島は返す」という楽観論を信じて突き進んだ、「1強」政権の危うさが浮かび上がる。

四島から転換語らず

 「志半ばで職を去ることは断腸の思いだ」。8月28日の辞任表明会見。四島返還から2島返還を軸とした交渉にかじを切った首相が、北方領土問題で語ったのは自身の無念さだけだった。

 約2年前の2018年11月14日、シンガポールでの日ロ首脳会談を終えた首相は高揚していた。「戦後残されてきた懸案、平和条約締結交渉を仕上げていく」。北方領土交渉で、日本がこれ以上は譲歩できない勝負カードを切った瞬間だった。

 首相はプーチン氏との会談で、平和条約締結後に歯舞群島と色丹島を日本に引き渡すとした1956年の日ソ共同宣言を基礎に交渉を加速化させることで合意。歯舞、色丹両島の引き渡しと、残る国後、択捉両島では経済活動や自由な往来を可能にする「2島返還プラス共同経済活動」を目指す方針へ大きく転換した。

 方針転換は、今井尚哉首相秘書官、北村滋内閣情報官(現国家安全保障局長)ら側近数人とひそかに決定。「四島返還を求めるだけでは、交渉は動かない」。首相は12年の就任当初から原則論を重視する外務省幹部らを遠ざけ、官邸主導での交渉進展を狙っていた。

 首相の脳裏には、官房副長官として同席した01年3月の日ロ首脳会談の記憶があった。ロシア東部イルクーツクで当時の森喜朗首相と会談したプーチン氏は、日ソ共同宣言の法的有効性を公式文書で初めて認めた。森氏は歯舞、色丹の2島返還と国後、択捉2島の帰属問題を別々に解決する「並行協議」を提案。「2島先行返還論」だと国内で批判を浴び、続く小泉純一郎政権は四島一括の帰属確認を求める方針に戻ったが、安倍首相は「対ロ交渉の考え方自体は間違えていなかった」と評価していた。

在任中解決焦り

 首相は第2次政権発足後の13年4月、日本の首相として10年ぶりにモスクワを公式訪問。プーチン氏と会談を重ね、14年2月にはロシア南部ソチで開催された冬季五輪開会式に先進7カ国(G7)首脳で唯一出席した。帰国後の国会では「私が首相の時代に何とかこの問題を解決しないといけない」と述べ、在任中の問題解決に踏み込んだ。

 ウクライナ危機でロシアが国際的孤立を深める中、16年5月には米国の反発を押し切って再びソチを訪問。「新たなアプローチ」で領土問題解決を目指す方針を打ち出す。同年12月に11年ぶりにプーチン氏の来日を実現し、四島共同経済活動の検討に踏み切った。

 首相の戦略の根底には、プーチン氏は「親日家で人情家」で、「ロシアはプーチン氏の決断で全てが決まる」という森元首相も信じた「ロシア観」があった。

 ただ、ロシアは変容していた。プーチン氏が大統領に復帰した12年以降は経済低迷や欧米との関係悪化を受け、反政権デモも発生。国内の反発を押し切ってプーチン氏が領土問題で妥協することはない―。日ロの専門家の見方は共通していたが、首相は自らの政権下での問題解決という目標実現に焦り、「プーチン頼み」の姿勢を一層強めた。

 日ロの認識のずれは18年9月、顕在化する。プーチン氏は極東ウラジオストクでの経済フォーラムで「年末までに前提条件なしで平和条約を結ぼう」と唐突に提案。首相は領土問題解決への「意欲の表れ」と前向きに評価し、「2島返還」へと大きくかじを切った。

 当時、ロシア外務省筋は「大統領は幅広い分野の日ロ関係発展につながる条約の締結が先決だと述べただけだ」と強調。日本が2島返還まで譲歩しても、領土交渉の早期決着に応じる用意はないと断言していた。

 しかし官邸内ではプーチン氏が来日する19年6月の20カ国・地域首脳会議(G20大阪サミット)には「平和条約締結で大筋合意できる」との楽観論が拡大。外務省内には前のめりすぎると危ぶむ声もあったが、「1強政権」に歯止めをかける動きは広がらなかった。

 結果的に、領土交渉はプーチン氏が来日した19年6月も進展せず、両首脳の直接会談は同年9月の極東ウラジオストクで行われた通算27回目が最後となった。

続きはソース元で
9/6(日) 6:05
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200906-00010000-doshin-pol

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 民主主義者 2020/09/03(木) 17:43:24.02 ID:730B9VQo9
3日、ロシアでは、「第二次世界大戦で日本に勝利した日」と
されています。北方領土返還へ進展がみられない中、島では、
着々と「ロシア化」が進められています。

    ◇

日本固有の領土である北方領土の国後島。ロシアで「第二次世界大戦終結の日」とされる3日、島では、「日本に勝利したことを記念するセレモニー」が開かれました。そこで聞こえてきたのは

参加した住民「日本との間には領土問題は一切ありません」

国後島がロシア領であると主張する声。また、会場では、北海道東部も射程に入る新型の地対艦ミサイルを初めて公開。ロシアは北方領土を「軍事の上で重要な場所」と位置づけて軍備の強化を進めています。

さらに国後島では今、ロシアによるインフラの整備が着々と進んでいます。先月5日に開所したのは救難救助センター。国後島の気象を観測するシステムなどが、ロシア当局によって整備されました。入口のプレートには…

「ロシア国旗を一度でも掲げた場所ではそれを降ろしてはならない」

北方領土がロシア領であると強調されていました。

ロシアは、ことし7月に憲法を改正。

プーチン大統領「この憲法改正はいかなる誇張もなく国民の意思で施行される」

新たに「領土の一部をほかの国に譲り渡すことを禁止する」という条項が盛り込まれました。改正された憲法には、「近隣国と国境線を確定する交渉は例外とする」との規定が付けられましたが、ロシア外務省はこの規定は「日本との平和条約の交渉には適用されない」と明言。平和条約の交渉に北方領土の問題は含まれていないとする主張を繰り返しました。

国後島ではロシアの通信会社によってネット環境の整備が進み、通信速度が以前の2倍になったといいます。

島民「いいインターネット環境です。電波は良くつながっています」

着々と進むロシア化。その一方で、薄まっているのは、日本の存在感です。

4年前、日本政府が北方領土問題の進展のために打ち出したのが、共同経済活動でした。

安倍首相(日露首脳会談後 2016年)「日露両国の特別な制度のもとでの共同経済活動、そして平和条約の問題について率直かつ非常に突っ込んだ議論を行うことができた」

また、2018年11月には両国は歯舞群島と色丹島の2島引き渡しを明記した「日ソ共同宣言」を基礎に、平和条約交渉を加速させることでも合意。領土問題解決の糸口が見つかるのではないかとの期待が高まりました。進展はあったのでしょうか。

■開発が遅れてきた色丹島は

北方領土の中でも、開発が遅れてきた色丹島。かつては「日本の支援がなければ開発は進まないだろう」と言われていました。しかし、去年9月に完成したのは、プーチン大統領がビデオ中継で開所式に臨んだ、ロシア最大級という水産加工工場。

日本円で60億円余りをかけて作られたこの工場は月に2万2000トンの魚を処理し、450人の新たな雇用を生みだしたということです。

従業員「ここを気に入っています。条件もよく、給料もいいので」

工場の機械設備はドイツなどヨーロッパ諸国から最新のものを導入。企業幹部は「もはや日本からの投資は必要ない」と話しています。

全文はソース元で
https://news.yahoo.co.jp/articles/f5fb0fec7b4305457e1ce764fd5218c00da39654

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 民主主義者 2020/09/02(水) 21:02:32.19 ID:5mfD9xD8a BE:963243619-PLT(15001)
【モスクワ時事】ロシアのメドベージェフ安全保障会議副議長(前首相)は2日、ロシアの改正憲法に「領土割譲禁止」が明記されたことから、北方領土の日本への引き渡しはあり得ないとの見解を強調した。
オンライン形式のフォーラムで明らかにした。

安倍晋三首相の辞任表明に関連し、日ロ関係の今後について問われ回答した。
メドベージェフ氏は「以前も不可能だったが、今や憲法の条文に領土割譲を目的とした行為は容認されないと記されている」と主張した。 【時事通信社】

https://news.nifty.com/article/world/worldall/12145-780407/

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 民主主義者 2020/08/31(月) 19:19:29.39 ID:TkDxtOHD9
安倍晋三首相は31日夕、ロシアのプーチン大統領と電話で会談し、辞任する意向を伝えた。首相は北方領土を念頭に未解決の領土問題を解決する重要性を強調。両首脳は今後も平和条約交渉を継続することで一致した。

 両首脳はまた、医療やエネルギーなど8項目の対露経済協力など日露関係の強化の重要性を確認した。首相は北方領土の元島民による航空機を使った墓参の継続も重ねて求めた。

 プーチン氏は「これからも友情を大切にしたい。またお会いするのを楽しみにしている」と述べ、日本語で「シンゾー、アリガトウ」と述べた。首相もプーチン氏をファーストネームで呼び、ロシア語で「ウラジーミル、スパシーバ(ありがとう)」と応じた。

https://www.sankei.com/politics/news/200831/plt2008310031-n1.html
https://www.sankei.com/images/news/200831/plt2008310031-p1.jpg

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 民主主義者 2020/08/31(月) 13:34:33.53 ID:C6cTMneu9
https://www.asahi.com/sp/articles/ASN803TR9N80UTFK00F.html?iref=sp_new_news_list_n
安倍首相とトランプ大統領が30分電話 日米関係に謝意

安倍晋三首相は31日午前、トランプ米大統領と約30分間、電話で協議した。電話は米側からの申し入れを受けたもので、首相が辞任を決めた経緯について説明した。

西村明宏官房副長官によると、首相はトランプ大統領との深い信頼関係のもと、日米関係がこれまでになく強固になったとして謝意を述べた。そのうえで、「ミサイル阻止に関する安全保障政策の新たな方針」の具体化をすすめていく方針を伝えたという。

 米ホワイトハウスによると、トランプ氏は首相に「日本の歴史上最も偉大な首相だ」と伝えた。またトランプ氏は、首相がすばらしい仕事をし、日米関係はかつてないほど良好になったと評価したという。

 首相とトランプ氏は「ドナルド」「シンゾー」と呼び合うなど緊密な関係を築いてきた。トランプ氏は28日、首相の辞任表明を受け、「最大限の敬意を払う。辞任はつらかったに違いなく、とても気の毒だ」と記者団に語っていた。

 首相は31日午後には、ロシアのプーチン大統領とも電話協議を行う予定だ。外務省幹部によると、「各国首脳から電話協議の要請が相次いでいる」という。

2020/8/31 13:03 朝日

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ