デモクラシー速報

なぜか右寄りのまとめブログばかりが目立つので、それに対するバランサーとしてやっていきます。

カテゴリ:地方政治 > 東京都

1: 民主主義者 2021/05/01(土) 10:45:40.21 ID:swXza4ne9
緊急事態宣言の期限直前の5月10日に、
菅義偉首相出席の下、衆参両院で予算委員会の集中審議が実施される。
野党側は立憲の枝野幸男代表らが質問に立つ予定で、
五輪についても厳しく追及する構えだ。

一方、与野党には、「都民ファーストの会」を率いる
東京都の小池百合子知事が今夏の開催断念を、
7月4日投開票の都議選公約として打ち出すとの臆測も流れており、動きを注視している
no title

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 民主主義者 2021/04/29(木) 10:58:03.36 ID:RWLLNXtr9
 各地で増えている公園や路上での飲酒への対策として、小池百合子東京都知事が28日の記者会見で、コンビニに酒類販売を自粛するよう協力を求める考えを示唆する一幕があった。

 都は飲食店に酒類提供の自粛を要請しているが、コンビニは対象外。発言を受け、都総合防災部は取材に「販売自粛の依頼も検討もしていない」と否定した。

 小池氏は会見で、路上などでの飲酒を厳しく禁じる海外の事例を挙げた上で、路上飲み対策として「いろいろ分析しているが、今なせることは、コンビニの皆さんに酒類の提供について控えるようなご協力をお願いするとか(路上飲み自粛を求める)ポスターを貼り出していただくなど」の方策があると説明。「中長期的にはいろんな方法、考え方をまとめて判断していきたい」と述べた。

 これに関して、総合防災部の担当者は、路上飲み自粛を求めるポスターをコンビニに配るほか「店内放送や店員による呼びかけの協力は検討している」と話したが、「酒類販売を止める法的根拠はない」とした。 
https://news.yahoo.co.jp/articles/ae917a30553687c3b70f5950dfb3d0ef99927487
download-1

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 民主主義者 2021/04/24(土) 16:33:19.76 ID:j7eHkfK59
<小池知事 会見ファイル>今、抑えること重要 五輪前 緊急事態宣言
2021年4月24日 07時18分

 ?東京五輪大会まで三カ月。新型コロナの緊急事態宣言の影響をどう考えるか。

 他の国と比べ日本の感染者数などはまだまだ低い。
ただ安心・安全な大会を開催するには、特に変異株がこれから増えてくるだろう首都圏において、今しっかりと抑え込んでいくということが重要だ。
引き続きIOC(国際オリンピック委員会)、IPC(国際パラリンピック委員会)、国、組織委員会などと連携して、
都民の健康、命を守るだけでなく、経済活動も含めて安心できるような状況にすることが一番重要と考えている。

 ?まん延防止等重点措置はどの点が不十分だったか。

 感染の広がりが抑えられず、人流も十分抑え切れなかった。
さらに関西の例を見ても、感染者の拡大が大変なスピードで進んでいることなどを考えると、
もう次の段階に行ったほうが、感染拡大を防止するという大義を達成するにふさわしいのではないか。
https://www.tokyo-np.co.jp/article/100172
no title

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 民主主義者 2021/04/23(金) 13:20:58.29 ID:gbL1NKYK9
https://news.yahoo.co.jp/articles/b4f98337ba4c5e91484a606a5481dbf3219dda9f

23日に政府が緊急事態宣言の発出を正式に決めるのを前に、東京都の小池知事は
感染拡大を抑えるための協力を23日からお願いしたいと強調しました。

小池都知事:「皆さんと協力して感染拡大を抑えることは極めて重要。
何日から(宣言が)始まるとかではなくて、きょうからお願いしたい」

小池知事は東京商工会議所の三村会頭とオンラインで意見交換し、
テレワークや在宅勤務を徹底するよう求めました。

また、「人の流れが大きく変化するゴールデンウィークを活用して実効性のある
人流抑制を進めていきたい」と述べました。

都は人出を抑えるために都立公園の駐車場を閉鎖することや都立施設の臨時の休館も検討しています。

no title

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 民主主義者 2021/04/21(水) 18:53:04.06 ID:NEfF5SAF9
担当の大臣ではなく、なぜ幹事長なのか?

 東京都の新型コロナ新規感染者数が843人になった21日に、小池百合子東京都知事にまつわる〝謎〟に、関心が集まっている。大阪同様に東京も緊急事態宣言の発出を政府に要請するニュースが駆け巡った20日夜に、小池知事は自民党の二階俊博幹事長に会いに行った。

 会談の中身は、緊急事態宣言要請とワクチン接種について。どうやら東京など感染者が多い大都市部にワクチンを優先的に打つ手もあるという話を幹事長に「頂いた」ようだ。だが、厚労大臣でも、ワクチン担当でもない幹事長に相談したのは、どういうことなのか?

〝謎〟に大きく反応したのは、21日の日本テレビ系ワイドショー「ミヤネ屋」のMC宮根誠司。この話題になった瞬間、口をとがらせ「これ、ちょっとビックリした! 菅総理ならわかるんですけど…」と、コメンテーターの読売新聞特別編集委員・橋本五郎氏に尋ねた。すると橋本氏は「象徴的なんですよ。だって(ワクチンの話なら)河野大臣に言えばいい話でしょう。どういうことですか?って話。ということは、今の政府と都なり府なりの関係を象徴していると私は見ましたね。感染拡大防止を最優先に話し合わなきゃならないのに、それがうまくいってないから、幹事長のところに行ったりしてるんですよ」と舞台裏を名解説。

 確かに永田町のウワサによると「小池知事の話を聞いてくれるのは二階さんぐらいしかいない」のだとか。コロナ関連の各担当大臣との関係がますますこじれそうだ

https://news.yahoo.co.jp/articles/9837238152fa39ddbb00f6f7e8a13af864146ec7
4/21(水) 16:53配信
no title

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ