デモクラシー速報

なぜか右寄りのまとめブログばかりが目立つので、それに対するバランサーとしてやっていきます。

カテゴリ:岸田政権 > 外交

1: 民主主義者 2022/01/07(金) 12:24:19.49 ID:tLtpmSHw9
米軍駐留経費の日本側負担 年間約100億円増額の特別協定に署名
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220107/k10013419031000.html

2022年1月7日 12時09分

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220107/K10013419031_2201071139_2201071205_01_02.jpg

日米両政府は、在日アメリカ軍の駐留経費の日本側負担について、共同訓練の負担額を新たに項目として設けるなどして、新年度からの5年間の総額でおよそ1兆550億円、1年当たりの平均で今年度より100億円程度増額する内容の特別協定に署名しました。

在日アメリカ軍の駐留経費の日本側負担の根拠となっている特別協定は、基地で働く従業員の労務費や光熱費、それにアメリカ軍の訓練移転費などを定めたもので、ことし3月末に期限を迎えることから、林外務大臣とアメリカのグリーン駐日臨時代理大使は7日、外務省で新たな特別協定に署名しました。

新たな協定では、新年度、令和4年度からの5年間の総額で、日本側負担はおよそ1兆550億円で、1年当たりの平均では今年度より100億円程度多い、およそ2110億円となります。

光熱費の負担額を段階的に引き下げる一方、自衛隊とアメリカ軍による共同訓練の負担額を新たに項目として設けたことなどから、増額されています。

日本政府としては、これまで「思いやり予算」と呼ばれてきた日本側負担を「同盟強靱化予算」と位置づけ、日米同盟の強化につなげていきたい考えです。
no title

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 民主主義者 2022/01/06(木) 22:31:27.00 ID:RKD6YHLB9
 沖縄県のキャンプ・ハンセンなど国内の米軍基地で新型コロナウイルスの感染が拡大している状況を踏まえ、岸田文雄首相は6日夜、首相官邸で記者団に7日の日米安全保障協議委員会(2プラス2)で在日米軍のコロナ対策について、一層厳格な措置を求めるよう林芳正外相に指示したと明らかにした。

 一方で首相は、日米地位協定の改定は考えていないとの考えも示した。現行協定は日本の水際対策が米軍に適用できないが、「米側の感染ルートや原因を確認するのが大事だ。日米で意思疎通を図って、現実的に最善の対応を考えていく」とした。【藤渕志保】

毎日新聞 2022/1/6 21:50
https://mainichi.jp/articles/20220106/k00/00m/010/283000c
no title

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 民主主義者 2021/12/05(日) 13:13:43.80 ID:iU97x/kI9
ロシアとの北方領土交渉を巡り、安倍晋三元首相が岸田文雄首相に路線継承を求め、圧力を強めている。安倍氏は1956年の日ソ共同宣言を交渉の基礎に位置付け、事実上の「2島返還」路線に転換したが、首相が同宣言への言及を避け続けているからだ。安倍氏は首相との会談や講演で自らの路線の正しさを強調。党内に影響力を持つ安倍氏だけに、首相の対ロ外交姿勢への影響が注目される。

 「(記録を)お読みになっていると思いますが、改めて読んでください」。安倍氏は11月30日に官邸で首相と会談し、同宣言を交渉の基礎とすることに合意した2018年11月のプーチン大統領とのシンガポール会談の内容を説明。非公開のやりとりも含め、合意の重要性を訴えた。

続きはソース元にて
https://www.hokkaido-np.co.jp/sp/article/619229
no title

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 民主主義者 2021/11/26(金) 09:20:11.66 ID:MrgpDqK29
■産経新聞(2021/11/25 13:25)

松野博一官房長官は25日の記者会見で、スリランカが日本やインドと協力して開発予定だったスリランカの港湾を、一転して中国企業が開発することが決まったと明らかにした。松野氏は「スリランカ政府が閣議決定を行った」と認め、詳細を確認する意向を示した。

※以下省略、続きはリンク先でお願いします
https://www.sankei.com/article/20211125-OQUITUQFONJGRJJHB7STYN6Z2Q/
no title

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 民主主義者 2021/11/25(木) 13:34:36.91 ID:NGEfESUw9
在日米軍の「思いやり予算」大幅に増額方針

 在日アメリカ軍の駐留経費、いわゆる「思いやり予算」について、日本政府は、来年度からの負担を大幅に増額する方針を固めました。

 「思いやり予算」を巡っては、来年度からの5年間分の「特別協定」の交渉が大詰めを迎えています。

 海洋進出を強める中国を含め、安全保障環境が厳しさを増している中でトランプ政権に続き、バイデン政権でもアメリカ側は日本側の負担額を増やすよう要求を続けています。
 今年度は暫定的に2017億円を負担していますが、来年度は数百億円あまり増額する方針で日米の共同訓練にかかる費用などを新たに盛り込む見込みです。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

テレ朝news 2021年11月24日 23時30分
https://news.livedoor.com/article/detail/21249202/
no title

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ