デモクラシー速報

なぜか右寄りのまとめブログばかりが目立つので、それに対するバランサーとしてやっていきます。

タグ:ネトウヨ

1: 民主主義者 2021/03/01(月) 11:56:29.48 ID:Ym1wmFmu9
・ウイグル話法って何?

「ウイグル話法」を知っているだろうか?保守界隈やネット右翼界隈(以下保守派)に少しでも知識・関心のある諸兄なら聞いたことがあるであろう。
ウイグル話法とは、日本内外で人権軽視とされる舌禍を保守系の政治家や私人等が行い、
世論から猛烈な批判を受けると、その対抗言説として必ず「ならばウイグル問題をなぜ批判しないのか」として、保守派が主にネット上で持ち出す言説の事である。

 記憶に新しいところでは、東京オリンピック(五輪)・パラリンピック大会組織委員会前会長の森喜朗氏の女性差別発言に対するバッシングに対し、
「森氏の女性差別を批判するのならば、同じく中国のウイグルでの人権問題を批判しないのはおかしい」という言説が噴出した。

要するにある保守系の人物の人権に関する舌禍への批判への対抗として、
ウイグルの人権状況への無批判を持ち出す。これがウイグル話法である。

このように「~ではなぜ中国のウイグルでの人権問題を批判しないのか」という理屈で展開されるウイグル話法は、
保守派における進歩派・リベラル攻撃の伝統的な一本槍戦法である。

人権問題に厳しいとされる日本国内外の進歩派・リベラルは、執拗に人権擁護を叫ぶが、
その一方で中国のウイグルでの人権弾圧に対して全く無関心であり、無批判である―という世界観がウイグル話法の根幹にある。

 このようにウイグル話法は、現在保守派の中でお家芸になっており、ネット上では恒常的に観察することができるばかりか、
現在では右派系の国会議員までこの論法を採用している場合が散見される。
ウイグル話法は、保守派にとってあらゆる進歩派攻撃に転用できる便利な飛び道具になっている。

(中略)
 実はこの認識自体、事実とは真逆であり全くの誤解なのである。
少なくとも現在日本の国政政党に於いて、最も中国のウイグル問題を批判してきたのは、かつて「革新政党」と呼ばれた日本共産党である。
(中略)
従来日本共産党は中国を「社会主義をめざす新しい探究が開始された国」としていたがこの部分を削除し、
「いくつかの大国で強まっている大国主義・覇権主義は、世界の平和と進歩への逆流となっている」と挿入して中国共産党への批判を強めた。

この中国認識の転換の理由として、日本共産党は東・南シナ海における中国の覇権主義的行動のエスカレート、
香港における人権侵害およびウイグル自治区における人権弾圧をあげた。
(中略)
つまりウイグル話法の話者は、日本の革新勢力や進歩派こそが、もっとも辛辣な中国共産党批判者であるという事実について、無知なのである。

このようにウイグル批判についての実態は、自民党などの保守政党が中国との経済交流等に配慮してむしろ低調であり、
もっとも最右翼であるのは日本共産党を筆頭とする進歩系勢力である。よってウイグル話法の前提である、
”進歩派やリベラルは人権を叫ぶくせに、世界最大級の人権問題のひとつであるウイグル問題については無知・無理解・無批判である”というのは、
実際には事実と真逆なのである。

https://news.yahoo.co.jp/byline/furuyatsunehira/20210228-00225033/

■参考
日本共産党 中国のウイグル弾圧を痛烈批判
https://twitter.com/i/status/1217343071769071616

バイデン氏、習氏と初電話会談 香港とウイグルの人権問題に懸念表明
https://www.afpbb.com/articles/-/3331245

「チベット問題を考える議員連盟」の新代表に 枝野幸男衆議院議員
https://www.tibethouse.jp/news_release/2005/051014_giren.html

ウイグル問題めぐり超党派議連が発足、政府に対応訴え
https://www.asahi.com/articles/ASP2B7FVJP2BUTFK00B.html
 

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 民主主義者 2021/02/15(月) 19:15:57.53 ID:IKdb1oxG9
もうネトウヨは恥晒しでしかない

一水会 @issuikai_jp
昨日の地震で被災された方々には、改めてお見舞い申し上げます。ツイッターでは「福島で朝鮮人が井戸に毒を入れた」等と、悪ふざけのつもりなのか知らんが、在日コリアンの方々からすればたまったものではない、関東大震災を想起させる最低最悪の差別煽動が見られた。日本人の恥晒しだ。断じて許せん。
http://twitter.com/issuikai_jp/status/1360896624801632258

一水会 @issuikai_jp
「朝鮮人が井戸に毒を入れた」と事実無根のデマを平気で書き込む神経とは何か?「虚言癖、自己中、面白がりや、超ストレス保持者、強被害感情者」等の人物なのか。我々は是々非々を基準としている。卑劣で無責任な差別扇動を許さん。良心を問いたい。デマには毅然と対処し国と社会の劣化をくい止める。
http://twitter.com/issuikai_jp/status/1361084115525623813
no title

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 民主主義者 2021/02/14(日) 19:19:56.90 ID:7LxbSv9N9
渡辺輝人 @nabeteru1Q78
思想的にネット右翼でも良いから、「ウイグルがー」を言う人には、さすがに我が国がウイグル難民を受け入れる度量は持っていて欲しい。
http://twitter.com/nabeteru1Q78/status/1360455927233564672



渡辺輝人 @nabeteru1Q78
ネット右翼ウイグル話法まとめ(暫定)
・「左派」がウイグル問題に無関心と思い込み
・中国政府を批判しろ、と「左派」に迫る
・日本政府の対中国での弱腰を批判しない
・「左派」が中国政府の覇権主義や人権弾圧に批判的なことを知らず、中国政府と仲が良い=ウイグルは左派のアキレス腱と勘違い
http://twitter.com/nabeteru1Q78/status/1360790799210872835

渡辺輝人 @nabeteru1Q78
・中国政府批判を国内の「左派」に対する一種の「踏み絵」と考えているのでその先の行動のビジョンがない
・難民受け入れを提案すると、例外はあるが、かなりの割合で、全力で拒絶。その際ウイグルの人々に対する蔑視を隠そうともしない
http://twitter.com/nabeteru1Q78/status/1360791641036972034
no title

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 民主主義者 2021/02/09(火) 16:42:15.45 ID:iI5TL1xE9
【ツイッター】アメリカ大使館の「多様性」の大切さを訴えたツイートに噛み付く日本語ツイート発生!

2021/02/09
返信参照
アメリカ大使館
https://twitter.com/usembassytokyo/status/1358702361754140672?s=21

米国では、人種、性別、宗教、性的指向、社会経済的背景に関係なく、誰でも外交官になることができ、国務省の一員として海外で米国を代表することができます。 どのように国務省が多様性に富む環境を育んでいるかについて、こちらの記事をお読みください。

https://amview.japan.usembassy.gov/diversity-is-an-essential-component-of-the-us-diplomatic-corps/
no title

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 民主主義者 2021/01/31(日) 14:13:50.13 ID:BlQNznV69
 ノーベル文学賞作家の大江健三郎さんがタクシーの中から笑顔で「電気はいらない!」と書かれたプラカードを掲げる――。そんな画像がツイッターを中心に拡散され続けている。しかし、実際に大江さんが掲げていたのは「原発はいらない!」と書かれたカードで、「電気」の部分だけが合成された虚偽の画像だった。著作権侵害の可能性も指摘されている。【古川宗/統合デジタル取材センター】

■4800件のRTと1・8万の「いいね」

 問題の大江さんの画像は、今月12日、ツイッター上で、「大波コナミ_bot(cv:幡宮かのこ)」というアカウントから発信され、28日午後6時までに、約4800件のリツイート(RT)と、1・8万の「いいね」がつき、拡散を続けている。このツイートには「電気が無かったら死ぬだろー」「こういう方々は、電気解約して、ブレーカー撤去して暮して見ればいいのに」といった批判的なリプライ(返信)が寄せられている。

 同じ画像が2012年ごろからSNS上でたびたび拡散されており、今回拡散された画像もそれを転用した可能性が高い。

…続きはソースで(会員限定記事)。
https://mainichi.jp/articles/20210128/k00/00m/040/146000c
2021年1月31日 7時00分
no title

捏造画像
no title

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ