デモクラシー速報

なぜか右寄りのまとめブログばかりが目立つので、それに対するバランサーとしてやっていきます。

タグ:世耕弘成

1: 民主主義者 2021/02/05(金) 20:28:20.77 ID:yWN2vQzR9
五輪組織委森会長 自民・世耕氏「余人をもって代えがたい」

TBS系(JNN)2/5(金) 17:24
 東京オリンピック・パラリンピック大会組織委員会の森会長の発言をめぐり、森氏の辞任を求める声が上がっていることについて、自民党の世耕参院幹事長は「余人をもって代えがたい」と述べ、森氏は職務を全うすべきとの考えを示しました。  「余人をもって代えがたいところがあると思いますよ。IOC(=国際オリンピック委員会)との人脈、これまでのオリンピックに関する知見、その他を考えたらこの直前のタイミングで、森さん以外に誰かこのオリンピック開催を推進できる方がいらっしゃるでしょうか」(自民党 世耕弘成参院幹事長)  世耕氏は「森会長は発言を謝罪、撤回し、反省の弁を述べている」と話した上で、「オリンピックに長年先頭に立って取り組んできていて日本のどのリーダーよりもIOC等との人脈や信頼関係を強く持っている」として、森氏は会長職を続け、オリンピック開催の責任を全うすべきとの考えを示しました。  森氏をめぐっては「女性がたくさん入っている会議は時間がかかる」などと発言したことが国内外から“女性蔑視”との批判を受け、辞任を求める声が上がっています。(05日15:39)

https://news.yahoo.co.jp/articles/f4ed2c0a5095558398e3e43c5ec5ffc26534c029

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 民主主義者 2020/09/12(土) 14:54:33.28 ID:MXDmGwKDM● BE:701470346-2BP(2000)
生活保護費増加の問題の根源は、給付水準が高すぎるため、本来自立できる人が保護に頼るというモラルハザードが生じていることだ。
その結果、国民の間にも不公平感が広がっている。

勤労者所得は直近の10年間で約15%減少しているが、生活保護費は0.7%しか見直されていない。
自民党はこうした所得の減少や国民年金とのバランスを考慮し、給付の10%削減を提案している。

現金給付から現物給付への転換も必要だ。生活用品や住宅を現物で支給すれば、貧困ビジネスを抑制できるほか、受給者の自立へのインセンティブにもつながるだろう。

生活保護法改正案で前面に出したいのは、自立支援策だ。具体的には、
保護期間に自立後の基金を作る「凍結貯蓄」の仕組みなどを導入することで、働いたほうが得だという明確な方向を打ち出したい。

権利の制限は仕方ない

現物給付や親族の扶養義務の強化で、本来必要な人に届きにくくなるという声もある。しかし本当に生活に困窮していれば、受けにくくなることはないのではないか。

見直しに反対する人の根底にある考え方は、フルスペックの人権をすべて認めてほしいというものだ。
つまり生活保護を受給していても、パチンコをやったり、お酒を頻繁に飲みに行くことは個人の自由だという。
しかしわれわれは、税金で全額生活を見てもらっている以上、憲法上の権利は保障したうえで、一定の権利の制限があって仕方がないと考える。
この根底にある考え方の違いが大きい。

せこう・ひろしげ
1962年生まれ。早稲田大学卒業後、NTTを経て、伯父の地盤を引き継ぎ1998年より参議院議員(自民党)。

https://toyokeizai.net/articles/amp/9611?display=b&_event=read-body

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 民主主義者 2020/08/16(日) 18:02:08.75 ID:+DGdHHg6d● BE:663933624-2BP(2000)
https://video.twimg.com/ext_tw_video/1294895782382800897/pu/vid/640x480/5JbFgRY6epjS_xKp.mp4
「国会議員がこの国難の時期に7月8月夏休み取ってていいんですか?いい訳がありません!」
自民党が野党だった時代の世耕弘成議員の大演説です。まさに正論ですね。ではなぜ自民党は新型コロナという最大級の国難の中で国会を閉じ、野党の国会招集要求をも拒否して夏休み取ってるんでしょうか??

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 民主主義者 2020/07/07(火) 17:33:26.73 ID:i8wuj8iq00707 BE:723267547-2BP(1000)
 自民党の世耕弘成参院幹事長は7日の記者会見で、立憲民主党の枝野幸男代表が東京都知事選の投開票日に「#宇都宮」などとツイッターに投稿し、批判を浴びたことについて「党の代表たる者、疑いをもたれるような行為はとるべきではない」と指摘した。

 都知事選で立民は共産党などとともに元日弁連会長の宇都宮健児氏を支援した。公職選挙法では投票日当日の選挙活動を禁じている。宇都宮市出身の枝野氏は6日、宇都宮餃子について言及しただけだなどの認識を示した。
世耕氏は「投票日に運動してはいけないのが公選法の大鉄則。慎重な行動が求められる」と強調した。

https://www.sankei.com/politics/news/200707/plt2007070030-n1.html

引用元: ・【正論】世耕「党の代表たる者、疑いをもたれるような行為はとるべきではない」 [723267547]

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ