デモクラシー速報

なぜか右寄りのまとめブログばかりが目立つので、それに対するバランサーとしてやっていきます。

タグ:世論調査

1: 民主主義者 2020/08/09(日) 22:32:41.08 ID:UfiyLnvB9
読売新聞社が7~9日に実施した全国世論調査で、安倍内閣の支持率は37%で前回調査(7月3~5日)の39%からほぼ横ばいだった。不支持率は54%(前回52%)となり、2012年12月の第2次安倍内閣発足以降で最高となった。不支持が支持を上回るのは今年4月調査から5回連続だ。

政党支持率は、自民党33%(前回32%)、立憲民主党5%(同5%)などで、無党派層は46%(同46%)だった。

2020/08/09 22:00 読売新聞
https://www.yomiuri.co.jp/election/yoron-chosa/20200809-OYT1T50194/

引用元: ・【読売世論調査】安倍内閣支持37%、不支持は過去最高54% [ばーど★]

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 民主主義者 2020/08/05(水) 11:29:39.08 ID:BaaR1P/s9
8月3日 調査時期:2020年7月17日~21日 株式会社ブランド総合研究所

■GoToキャンペーン(旅行)の意識&ニーズ調査「旅行希望者は18%、半数は「行きたいと思わない」」
https://news.tiiki.jp/articles/4557
no title

------

ブランド総合研究所は、約1万人を対象とした「Go To トラベルキャンペーン」に関する意識&ニーズ調査を実施。その結果、キャンペーンを活用して旅行を予約している人は3.0%にとどまるなど、その利用については十分に進んでいないことが明らかになった。

調査結果によると、「Go To キャンペーンを利用して旅行に行きたいと思っているか」という設問に対し、「すでに予約している」(3.0%)と「具体的に検討している」(4.8%)、「できれば行きたい」(9.9%)の合計は17.7%だった。一方で、「旅行には行くが、GoToキャンペーンは利用しない」が2.9%、「今は旅行に行く気になれないが、感染が収まれば検討したい」は28.7%。半数を超える50.7%が「旅行に行きたいと思わない」と回答するなど、消費者としてはGoToトラベルへの参加の前に、新型コロナウイルス感染症の収束を優先する考えが強いようだ。

旅行の予定がある人の割合は、20代が最も多く9.9%、次いで30代の8.2%、逆に最も少ないのは50代の6.3%だった。「感染が収まれば検討したい」が最も多かったのは60代以上の35.2%で、20代の約1.5倍。「旅行に行きたいとは思わない」との回答は40代が最も多く53.1%だった。

男女別では、旅行の予定がある人の割合は男性が多く、「旅行に行きたいとは思わない」との回答も女性より高くなっている。半面、女性は「感染が収まれば検討する」との意見が多いという結果に。男性は賛否両論に分かる傾向がある一方で、女性は現時点での判断を見送る人が多いという結果になっている。

目的地については、旅行の予定がある人では中部および近畿の人気が高い。一方で、「感染が収まれば検討したい」と答えた人にて最も人気が高かったのは北海道。Go To キャンペーンの対象外となった東京は大幅に低くなっている。なお、回答者の居住地域別に行先の希望を分析してみたところ、北海道在住者が旅行先として希望する場所は北海道が26.6%と最も多く、また関東(東京除く)在住者は18.9%が関東など、いわゆる「域内観光」が多いという結果になった。

具体的な目的地としては「東京ディズニーリゾート」が7.9%でトップ、ユニバーサルスタジオジャパンは3.7%で3位だった。このほか、沖縄の美ら海水族館は5位、伊勢神宮は8位と各地を代表する施設も上位にランクイン。また、都市としては札幌が最も多く2位にランクイン、次いで函館、箱根、富良野、金沢と続いた。都道府県別では1位が北海道、2位は沖縄県、3位は京都府。4位以降は大阪府、静岡県、長野県、神奈川県、石川県、福岡県、そして10位は東京都だった。

また、「宿泊先や観光施設にどのような対策を望むか」という質問では、最も多かったのは「マスクの徹底」で59.8%。次いで「徹底した消毒」が59.0%、「窓や扉の開放、室内換気」が36.2%となった。その一方、透明カーテンや検温などはいずれも2割程度、食事のスタイルや来場者数制限については2割以下だった。マスクと消毒については年代が高いほど要望が多く、60代以上ではいずれも約7割。また、男性がいずれも5割程度に対し、女性は7割弱と高いのが特徴だった。

2020年8月4日(火)19時30分
https://response.jp/article/2020/08/04/337218.html

引用元: ・【調査】GoToトラベルキャンペーン、予約済みはわずか3%…過半数は「旅行に行きたいと思わない」 1万人調査 [ばーど★]

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 民主主義者 2020/08/03(月) 12:34:57.40 ID:55Q57NII9
 最新のJNNの世論調査で、安倍内閣の支持率は35.4%と最低を記録しました。また、「GoToトラベル」キャンペーンについて聞いたところ、「使いたいと思わない」と答えた人が77%にのぼりました。

 安倍内閣を支持できるという人は、先月の調査結果より2.8ポイント減って35.4%でした。一方、支持できないという人は2.4ポイント増加し、62.2%でした。

 JNNでは2018年10月に調査方法を変更したため単純に比較はできませんが、先月に続いて第二次安倍政権発足後、最低の支持率を記録、不支持率が6割を超えたのも初めてです。

 新型コロナウイルスの感染防止に向けた政府のこれまでの取り組みについて、「評価する」は26%と、今年2月以降で最低の数字となりました。

以下ソース先で

3日2時58分 TBS
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4043732.html
no title


引用元: ・【JNN世論調査】安倍内閣支持率 35.4%で最低を記録 不支持は初の6割超 62.2% ★3 [ばーど★]

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 民主主義者 2020/07/23(木) 13:32:07.23 ID:FH2ixWSd0 BE:519023567-2BP(1000)
社会調査研究センターは7月21日、全国世論調査の結果を発表した。調査は7月中旬にショートメールと電話で実施し、18歳以上の男女1053人から回答を得た。

安倍内閣の支持率は32%だった。6月の前回調査から4ポイント減り、主に政府の観光支援策「Go Toキャンペーン」をめぐる対応が影響したと思われる。
政党支持率の最多は「指示なし」(36%)。次いで「自民党」(29%)、「日本維新の会」(10%)、「立憲民主党」(9%)などと続いた。

https://news.careerconnection.jp/?p=97911

4: 民主主義者 2020/07/23(木) 13:33:00.93 ID:FH2ixWSd0 BE:519023567-2BP(1000)
「旧民主党勢力は合流すべき」とした30代は16%のみ

内閣支持率を年齢別にみると、最多の「30代」(44%)が突出して高く、2位以降は「18~29歳」(36%)、「40代」「50代」(各31%)、「60代」「70歳以上」(各28%)と高齢になるほど支持率が低下する傾向があった。

一方で6月の調査では「18~29歳」(47%)、「30代」(42%)、「40代」(41%)、「50代」(36%)、「60代」(25%)、「70歳以上」(31%)と複数の世代で40%を超えていた。今回は多くの年代で支持率を落としたことになる。

また、立憲民主党と国民民主党の旧民主党勢力が合流すべきかを聞いたところ、3割が「合流すべき」(30%)と回答。
「合流すべきでない」(15%)という意見は1割強にとどまり、多くは「関心がない」(54%)と答えた。

8: 民主主義者 2020/07/23(木) 13:33:44.60 ID:FH2ixWSd0 BE:519023567-2BP(1000)
「合流すべき」とした回答を年齢別にみると、高齢層の「70歳以上」(46%)、「60代」(42%)で比較的高く、「18~29歳」「40代」(各24%)、「50代」(23%)で2割強だった。
一方で「30代」(16%)は際立って低く、内閣支持率とは対照的な結果になった。

調査会社は、旧民主党が政権を獲得した2009年から11年が経過し、現在の30代が当時初めて選挙で投票した20代だったことを指摘。
さらに、彼らにとって「民主党政権時代がライフステージにおける最も重要な政治的社会化過程に相当する」とした上で、
その実体験が政治的経験として内面化されたことで「政治世代=『野党(旧民主党)拒否世代』が形成されたのかもしれません」と考察している。

引用元: ・【悲報】安倍内閣支持率、なぜか30代のみ突出して高い(44%が支持) どうすんだよこの世代… [519023567]

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 民主主義者 2020/07/20(月) 06:49:55.06 ID:Ifz6wYIJ0● BE:844481327-PLT(13345)
朝日新聞社は18、19日に全国世論調査(電話)を実施した。政府の観光支援策「Go To トラベル」を22日から始めることに、74%が「反対」と答えた。
「賛成」は19%だった。開始時期や対象地域を決めるまでの安倍政権の一連の対応も「評価しない」が74%を占めた。

事業開始への賛否を男女別にみると、男性が賛成24%、反対70%に対し、女性は賛成14%、反対77%と反対が多かった。東京都民と東京への旅行が対象外となったが、東京都民は賛成21%、反対72%だった。

 安倍内閣の支持率は33%(前回6月調査は31%)で、不支持率は50%(同52%)だった。

 「Go To」に限らず、新型コロナウイルスを巡るこれまでの政府対応の評価も聞いた。「評価する」は32%で、6月調査の38%から下がった。「評価しない」は57%だった。

 感染拡大の防止に向けて、安倍晋三首相が指導力を「発揮している」と答えた人は24%で、「発揮していない」が66%だった。自民支持層でも「発揮していない」が47%で、「発揮している」は44%にとどまった。

https://www.asahi.com/articles/ASN7M6F97N7MUZPS001.html
no title

引用元: ・GoTo開始、74%が「反対」 朝日新聞が電話調査

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ