デモクラシー速報

なぜか右寄りのまとめブログばかりが目立つので、それに対するバランサーとしてやっていきます。

タグ:加藤勝信

1: 民主主義者 2020/12/17(木) 18:36:48.88 ID:9QA5g0Or9
 菅義偉首相が5人以上で会食したことを国民に陳謝した際、「国民の誤解を招く」とした言葉の意味するところは――。加藤勝信官房長官は17日の記者会見で繰り返し問われ、「そこに留意するよりも……」と反論し、説明を避けた。

 首相は16日、会食問題をめぐり「国民の誤解を招くという意味では、真摯(しんし)に反省している」と記者団に述べた。SNS上では「『誤解』ではない。『事実』だ」「どこが『誤解』だったのか教えてくれ」などの書き込みが相次いでいる。

 加藤氏は会見で認識を問われると、「大人数や長時間におよぶ飲食を避けることをお願いしている中、会食が適切だったのかという指摘だと考え、首相からも大いに反省しているというふうに述べている」と語り出した。「引き続き政府として国民のみなさんの声を真摯(しんし)に受け止めて対応していきたい」と訴え、「誤解」には言及しなかった。

 重ねて記者が「大人数で食事していた事実はあるが、『国民が誤解』とはどういう意味か」とただすと、加藤氏は「そこに留意するよりも、むしろ、そうしたさまざまなご指摘を受けて、首相が大いに反省しているとおっしゃっている。まさに、その気持ちが全てではないかと思う」。結局、「誤解」が意味するところを説明することはなかった。

 首相は14日夜、都内のステーキ店で自民党の二階俊博幹事長ら5人以上で会食した。政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会は「5人以上の飲食では、飛沫(ひまつ)が飛びやすくなる」と注意を呼びかけている。折しもその日、首相は観光支援策「Go To トラベル」の年末年始の一斉停止を表明し、「これ以上の感染拡大を食い止める」と国民に訴えいてた。

https://www.asahi.com/sp/articles/ASNDK5V2GNDKUTFK018.html

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 民主主義者 2020/11/18(水) 21:24:54.58 ID:R33bOoBZ9
日本医師会の中川俊男会長が「秋の我慢の3連休」として11月21日からの3連休の外出自粛を呼びかけたことに対し、加藤勝信官房長官は18日の記者会見で、「現時点の感染状況を踏まえ、県をまたいだ移動について一律に自粛を要請する必要があるとは考えていない」と述べた。

加藤氏はマスクの着用、3密の回避など適切な感染対策を講じることで、「移動による感染リスクを低下させることは可能と考えている」と強調。また、政府の旅行支援策「Go To トラベル」についても、「感染防止策によって旅行による感染リスクは低減できる」として、引き続きトラベル事業を推進していく考えを示した。

2020年11月18日 18時06分
https://www.asahi.com/articles/ASNCL5VPQNCLUTFK01N.html
no title

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 民主主義者 2020/11/16(月) 12:59:55.35 ID:US3rzIe59
 加藤勝信官房長官は16日の記者会見で、菅内閣発足から2カ月を迎えた感想を問われ「国民目線で、当たり前のことを当たり前にできるようスピード感を持って取り組んだ」と振り返った。

 新型コロナウイルス感染症対策と経済再生の両立に注力し、デジタル庁の設立や携帯電話料金引き下げなどの政策課題も前進させていると説明。「国民のために働く内閣として引き続き努力し、期待に応えたい」と強調した。

2020/11/16 12:52 (JST)
https://this.kiji.is/700916656624551009
no title

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 民主主義者 2020/10/12(月) 13:21:48.82 ID:q6GVazwu9
加藤勝信官房長官は12日の記者会見で、日本学術会議の会員候補6人を任命しなかった問題をめぐり菅義偉首相が会議側の提出した105人の推薦リストを「見ていない」と発言したことについて、「決裁文書に(105人の)名簿を参考資料として添付していた」と説明した上で、「詳しくは見ていなかったことを指しているのだろう」と述べ、実態として首相は把握していたとの認識を示した。

 
 加藤氏はまた、「決裁までの間には首相に今回の任命の考え方の説明も行われている」と明らかにした。ただ、105人から99人に絞り込んだ経緯については「人事の話なので詳細は控える」と述べるにとどめた。 

https://news.yahoo.co.jp/articles/136d36d326f6dc4a693b5e682ca43135292a317a
no title

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 民主主義者 2020/10/05(月) 22:29:13.68 ID:aznBwoYr9
 日本学術会議の会員任命をめぐる問題で、加藤勝信官房長官があいまいな説明を繰り返している。同会議に推薦された105人のうち6人が任命から外された理由は明確に語らず、推薦と任命のずれを「たまたま」と表現する場面も。野党側は加藤氏の国会での説明を求めている。

 「総合的、俯瞰(ふかん)的観点に立って判断した。引き続きそうした説明をしっかり行っていきたい」

 加藤氏は6人除外について、先週と同じ説明を繰り返した。5日の会見で判断の根拠として初めて「憲法15条」を持ち出した。公務員の選定罷免(ひめん)権は「国民固有の権利」とする15条をもとに、行政権を持つ内閣に任命の裁量があると判断した、との主張だ。

 ただ、任命の根拠法となる日本学術会議法をどう解釈したのかについては、説明できていない。1983年の国会では、「政府が行うのは形式的任命」「学会の方から推薦をしていただいた者は拒否はしない」といった政府答弁があり、実質的に任命を左右した今回の対応との整合性を問われた。

 加藤氏は解釈変更したかどうかは明言せず、「推薦の範囲の中で任命をしてきているが、これまでぴったり一致してきた。基本的考え方は一緒であって、たまたま対応の結果にずれがあるということ」と答えた。

 複数の政府関係者によると、内…(以下有料版で、残り570文字)

朝日新聞 2020/10/5 22:18
https://www.asahi.com/sp/articles/ASNB571J7NB5ULFA023.html?iref=sp_new_news_list_n

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ