デモクラシー速報

なぜか右寄りのまとめブログばかりが目立つので、それに対するバランサーとしてやっていきます。

タグ:厚労省

1: 民主主義者 2021/04/08(木) 10:22:07.40 ID:6pF4leel9
3月、東京・銀座で23人が会食をしていた厚生労働省老健局の老人保健課の職員3人が新型コロナウイルスに感染したことがわかった。

厚労省老健局の老人保健課の職員23人は、3月24日、東京・銀座の飲食店で深夜まで宴会していたが、
この宴会に参加していたうちの3人が新型コロナウイルスに感染した事が確認されたという。

老健局ではこの3人のほかに3人が感染していて、老健局では合わせて6人が感染しているが、感染した経緯などは分かっていない。
https://www.fnn.jp/articles/-/166748#:~:text=%E9%A3%B2%E9%A3%9F
no title

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 民主主義者 2021/04/07(水) 18:59:37.82 ID:Dd58QC9t9
窓をハンマーで叩き割り…厚労省8階で官僚が血まみれ自殺未遂
4/7(水) 16:12配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/9b70a640d85f408f6104b97d540330f808dd8d21

 3月24日に、職員23人が深夜まで送別会を開いていた問題が明るみに出た厚労省。その2日前の3月22日、厚労省が入るビルの8階で同省の職員が窓を破壊し、飛び降り自殺を図っていたことが、「週刊文春」の取材でわかった。

 厚労省が入る中央合同庁舎5号館で自殺を図ったのは、40代のノンキャリア職員・A氏。主に年金関連の仕事に従事していた。

「彼は読書家で、いつも様々なジャンルの本を持ち歩いていました。自らのペースで真面目に仕事をしていたのですが……」(厚労省関係者)

 別の部署への異動の内示を受けたA氏は3月22日の未明、同僚らに対し、〈本当にお世話になりました〉などと挨拶のメールを送信した。

 その直後、準備していたハンマーで窓を叩き割り、飛び降り自殺を図ろうとしたのだ。

「ただ、窓ガラスから身を乗り出したものの、すんでのところで思いとどまった。窓ガラスの破片で負傷し、全身血まみれのまま佇んでいたそうです。早朝に出勤してきた職員は騒然となり、幹部も様子を見に来ていました」(厚労省職員)

 その後、救急搬送され、緊急手術を受けたA氏。ただ、新型コロナに伴う病床ひっ迫の影響で、入院はできず、親族の元へ身を寄せたという。

「数日後、同僚たちへのヒアリングが行われ、自殺未遂に至る経緯に関して報告書が作成されました。その内容は樽見英樹事務次官にも上がっています」(厚労省幹部)

 樽見次官に話を聞いた。

「窓ガラスが割れた件ですね、事実関係は知っています。どういう理由でそういう(ガラスを割る)行為に及んだのかを調査していると思います」

 厚労省にも事実確認を求めたところ、

「現在事実関係を確認中であり、回答を差し控えます」

 なぜA氏は厚労省内で自殺を図ったのか。

 A氏が送ったメールには、上司のパワハラを訴える文言も綴られていたという。

 4月7日(水)16時配信の「週刊文春 電子版」及び4月8日(木)発売の「週刊文春」では、A氏の仕事ぶりを厳しく叱責していた上司の存在、A氏が自殺未遂直前に同僚らに送ったメールの詳しい内容、事務次官まで上がった報告書の中身などについて報じている。

「週刊文春」編集部/週刊文春 2021年4月15日号
no title

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 民主主義者 2021/04/01(木) 08:26:55.22 ID:Jc3Sk6iJ9
厚生労働省の職員23人が深夜まで会食をしていた問題で、菅首相が、国会で陳謝した。

立憲民主党・今井雅人衆院議員「わざわざ11時まで開いている店を探したって言うんですよ。こんなことをしている省庁が、本当に信頼される行政やれると思いますか」

菅首相「政府として、大変国民の皆さまに申し訳なく、心からおわびさせていただきます。再び起こることがないよう、しっかりと綱紀粛正に取り組んでいきたい」

野党側はさらに、田村厚労相の責任について菅首相を追及したが、菅首相は、「田村大臣も大いに反省している。膿(うみ)を出して、国民の信頼に応えるように取り組んでほしい」と述べるにとどめた。

2021年3月31日 水曜 午後2:58
https://www.fnn.jp/articles/-/162970
no title

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 民主主義者 2021/03/30(火) 10:17:02.16 ID:EQoDCFyn9
厚生労働省の職員23人が先週、都内の飲食店で深夜まで宴会に参加していたことが報じられていたことについて、田村厚生労働相は30日午前、「国民の信用の裏切る形になった。深くお詫びを申し上げる。対象者を早急に調査した上で厳正な処分をしてまいりたい」と陳謝した。

田村大臣によると、老健局の課の責任者も含む23人は24日、勤務終了後に24時直前まで送別会を行い、飲食をしていた事実が確認されたという。

田村大臣は「厚生労働省は新型コロナウイルス感染症を防ぐ立場にあり、国民の皆さま方に色々な形で生活の制約をお願いさせていただいている。そういう活動をしないよう申し渡していた。二度とこのようなことがないよう、省内で気持ちを引き締め直していきたい」と述べた。(ABEMA NEWS)

スクリーンショット 2021-03-30 11.06.31


2021.03.30 09:45
https://times.abema.tv/news-article/8652168

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 民主主義者 2021/03/29(月) 20:42:50.56 ID:6VNGtAuq9
厚労省官僚「銀座で0時頃まで23人宴会」の唖然
3/29(月) 19:36配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/a21709d53faf6bf30c56d636ae494d71d0d839ab

 二度目の緊急事態宣言が1都3県でようやく解除されてから、わずか3日後の3月24日。東京で最大級の繁華街、銀座では飲食店に対する営業時間の短縮要請が継続していたこともあり、夜になると人影はまばらだった。

 しかし、ある居酒屋は違った。1グループ23人もの参加者が集い、深夜まで盛大な宴会が催されていたからだ。

 この大宴会の参加者が、よりにもよって新型コロナウイルス対策を担う厚生労働省に属する官僚たちだったと聞けば、一般の人たちはどんな感想を抱くだろうか。

■「大人数での飲食自粛」は政府や自治体のメッセージ

 政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長は参院内閣委員会や記者会見など公の場で、再三再四にわたって「会食はなるべく5人以下にしてほしい」と訴えてきた。新型コロナウイルスの感染再拡大が懸念される中、大人数での飲食自粛は政府や自治体のメッセージだ。緊急事態宣言下で「夜の銀座」へクラブ通いをして自民党や公明党の議員が離党や辞職に追い込まれたのは記憶に新しい。

 むろん3月24日時点では緊急事態宣言は解除されていた。宴会の一部始終を再現してみよう。

 19時10分、人影もまばらな店内に、厚労省老健局の職員6人が訪れた。席に通されるやいなや、マスクを外して談笑が始まる。「今からまだまだ来るから」と言い、参加者が集まるのを待っていた。

 この日は国会開催中だったため残業もあったのだろう。集合は三々五々、ぽつりぽつりと職員が店を訪れる。19時50分を回り、10人が集まったところで幹事の職員が「では乾杯しましょう」と発声。グラスを重ね、拍手が起きた。

 参加者たちは出された食事をつまみながら、話に花を咲かせている。感染防止などどこ吹く風で、誰一人マスクをせずに大きな声で盛り上がってきた。濃厚接触間違いなしで、1人でも新型コロナになっていればクラスターの発生さえ危惧される。その間に1人、また1人と店を訪れ、20時10分の段階で17人に。幹事の「改めて乾杯しましょう」との掛け声に、「かんぱーい!」と大きな声が会場に響き渡った。

 厚労省によれば、この宴会は人事異動に伴う送別会だったという。そのため異動対象者がみんなの前で挨拶、その都度、「お疲れ様でしたぁ」との歓声と拍手が起きていた。

以下はソース元で
no title

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ