デモクラシー速報

なぜか右寄りのまとめブログばかりが目立つので、それに対するバランサーとしてやっていきます。

タグ:台湾

1: 民主主義者 2021/11/06(土) 10:01:14.86 ID:NRUOLvJl9
 台湾人の約6割が、「台湾有事の際に日本が自衛隊を派遣するだろう」と考えていることが、台湾の民間シンクタンク「台湾民意基金会」が2日に公表した世論調査で明らかになった。10月初旬にあった中国軍機による高頻度の軍事挑発の後、初の本格的な世論調査で、10月18~20日に約1千人から得た電話調査の結果としている。

 中国は10月1~4日、自国軍機を延べ149回の高頻度で、台湾の防空識別圏(ADIZ)に派遣。対中警戒の高まりを受け、蔡英文(ツァイインウェン)総統は同月の演説で「中国と台湾は互いに隷属しない」と主張したほか、米メディアに初めて米軍の駐留を認めた。

 同基金会によると、有効回答が得られた1075人のうち、58%が台湾有事で日本は自衛隊を派遣して台湾防衛に協力するだろうと答えた。日本が派遣しないだろうと答えたのは35・2%にとどまった。一方、米軍については、65・0%が参戦するだろうと回答。参戦しないだろうと考える人は28・5%だった。

2021/11/4 16:43
https://www.asahi.com/sp/articles/ASPC45G6QPC4UHBI01C.html
no title

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 民主主義者 2021/04/18(日) 16:53:10.34 ID:wrv8P8Xk9
日本へ輸出のバナナに残留農薬 農業委「管理を強化」/台湾

(台北中央社)日本に輸出された台湾産バナナから残留農薬が検出されたことが分かった。行政院(内閣)農業委員会の陳駿季・副主任委員(副大臣に相当)は15日、生産や流通の管理を強化する方針を示した。

日本向けのバナナからは、今年3月にも基準値を上回る残留農薬が検出されていた。陳氏によれば、今回日本で検出されたのは農薬デルタメトリンで、検出濃度は0.02ppm。陳氏は、検出濃度が日本の基準値である0.01ppmに近い数値であることを日本側も承知しているとし、現段階で検査が厳格化されることはないと説明した。

陳氏は、原因究明に努め、再発を防ぐ姿勢を示した。基準に満たない農産物が発見された場合には、農家への検査や輸出業者との意思疎通を強化するとし、生産者が基準を満たせるよう指導する責任を果たすと述べた。

https://mjapan.cna.com.tw/news/asoc/202104150009.aspx
no title

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 民主主義者 2021/03/29(月) 21:11:20.08 ID:qh2cgKcJ9
韓国紙が無料で転載
「米国が台湾防衛に乗り出せば、中国軍が米軍の日本基地を攻撃」

香港メディア「中国軍に莫大な損失加える最も強力な兵力」
韓国経済新聞 2021.03.28 11:41
https://www.hankyung.com/international/article/202103280001Y

中国が台湾に侵攻した時、米国が防衛に出れば中国軍が日本にある米軍の空軍基地を攻撃する可能性があると香港サウスチャイナ・モーニングポスト(SCMP)が専門家を引用して28日報道した。

台湾をめぐる米中紛争に日本が巻き込まれる可能性があるという観測だ。

SCMPは、米国は、中国が台湾を攻撃した場合、軍事介入するかどうかについての立場を明確にしていないが、過去16日の米日国防長官会談の際、米国と日本は、台湾海峡有事の際に緊密に協力することにしたと発表した。

また、米国のジョン・アキリーノインド太平洋司令官指名者は23日(現地時間)、米国上院軍事委に提出した聴聞会の書面による回答で「中国が予想よりも早く台湾を侵攻する能力を備えるかもしれない」と話したと伝えた。

米国のシンクタンク、ランド研究所のティモシー・ヒース上級研究員は、SCMPに「中国が台湾を攻撃することに決めた場合、人民解放軍将官たちは沖縄と日本にある米軍基地をミサイル攻撃しようという強い刺激を受ける」とし「人民解放軍に莫大な損失を与えることができる最も強力な兵力だから」と説明した。

SCMPは、米軍が沖縄嘉手納空軍基地を含め、日本の23個の軍事基地を置いていると明らかにした。

続いて、監視・偵察飛行を実行するほとんどの米軍軍用機は嘉手納基地から離陸すると付け加えた。

豪州のシンクタンクである戦略政策研究所のマルコム・デイビス上級研究員は、「たとえ米軍が日本に配置されていないとしても、日本の介入を効果的に遮断するために、中国が(台湾を攻撃した場合)最初に日本の基地を攻撃する可能性が非常に高い」と展望した。

それと共に、日本が中国・台湾の戦争に引き込まれれば、豪州のような他の国の参戦も誘発し、またたく間に戦争拡大に駆け上がる可能性があると警告した。

彼は「米国、日本、豪州などすべての当事者が、台湾支援に乗り出さない選択も確かにある」とし「しかし、その場合、米国が主導するアジア安保秩序が崩壊し、中国がいち早くその力の空白を埋めるだろう」と説明した。

軍事評論家の宋忠平は、台湾をめぐる緊張の高まりの主な要因は、中国ではなく米国と指摘した。

彼は「中国は軍事的手段を動員しなければならない場合、被害を最小限にしようとする」とし「しかし、米国が中国の台湾との再統一の努力に干渉すれば状況は急速に悪化し、多くの国が関与する最悪のシナリオにつながることになる」とと述べた。

香港の有料の元記事
How Japan could find itself dragged into a conflict between US and China over Taiwan
South China Morning Post Kristin Huang Published: 6:00am, 28 Mar, 2021
https://www.scmp.com/news/china/diplomacy/article/3127189/how-japan-could-find-itself-dragged-conflict-between-us-and

no title

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 民主主義者 2020/08/05(水) 19:16:18.34 ID:h705hSFYM BE:196986887-2BP(1000)
台湾の中央流行疫情指揮センターは8月5日、日本を短期ビジネス関係者の入境制限緩和対象国から除外すると発表した。

日本での感染状況が急速に悪化し、1日あたりの新規感染症例が1,000件を超えたことや、台湾と密接な往来がある都市に集中していることから、
「短期滞在ビジネス関係者入境に関する在宅検疫短縮申請」の中低感染リスク国から除外することを決めたとしている。

現在、低感染リスク国・地域にはニュージーランド、マカオ、パラオ、フィジー、ブルネイ、ベトナム、タイ、モンゴル、ブータン、ラオス、カンボジア、ミャンマー。
中低感染リスク国・地域には韓国、マレーシア、シンガポール、スリランカが指定されている。
https://www.traicy.com/posts/20200805177785/?utm_source=dlvr.it&utm_medium=twitter&&__twitter_impression=true

引用元: ・【悲報】台湾「日本あかんわ。入国制限緩和してたけどやめるわ」 [196986887]

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ