デモクラシー速報

なぜか右寄りのまとめブログばかりが目立つので、それに対するバランサーとしてやっていきます。

タグ:外交

1: 民主主義者 2021/11/26(金) 09:20:11.66 ID:MrgpDqK29
■産経新聞(2021/11/25 13:25)

松野博一官房長官は25日の記者会見で、スリランカが日本やインドと協力して開発予定だったスリランカの港湾を、一転して中国企業が開発することが決まったと明らかにした。松野氏は「スリランカ政府が閣議決定を行った」と認め、詳細を確認する意向を示した。

※以下省略、続きはリンク先でお願いします
https://www.sankei.com/article/20211125-OQUITUQFONJGRJJHB7STYN6Z2Q/
no title

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 民主主義者 2021/08/17(火) 18:32:14.08 ID:a0ObG8pD9
ロシア副首相 北方領土 “5年以内に外国投資誘致し開発加速”
2021年8月17日 7時22分

ロシア極東の大統領全権代表を務める副首相は、北方領土をめぐり「ロシアの土地であることを客観的な事実にするために大規模開発が必要だ」と述べ、
5年以内に外国投資も誘致しながら開発を加速したいとする考えを示しました。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210817/k10013206871000.html
no title

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 民主主義者 2021/07/03(土) 17:51:22.37 ID:uYFFs06u9
日本は米国の走狗なのか? 「日本人はなぜ米国に反抗しないのか」=中国
https://news.nifty.com/article/world/china/12190-20210703_00009/

 中国は現在、米国との対立を深めているが、日本は逆に米国との関係を強化している。これは今に始まったことではないが、中国からすると「日本は米国の走狗」と見えるのだという。

 中国のQ&Aサイト知乎にはこのほど、「日本人はなぜ米国に反抗しないのか」と問いかけ、「日本人は自分たちが米国の走狗だとは思っていないのか」と題するスレッドが立ち、スレ主が意見を求めている。

 寄せられた意見のなかで最も多かった意見は「中国人の主観から見るから分からないのだ」という指摘だった。ある中国人ユーザーは、どこかの国の走狗になるのは「多くの国の宿命」で、大国である中国には理解できないことなのだと主張した。「ずっとボスで、自らの力で発展してきた中国は違うのだ」と主張している。

 また、「大国は米国と中国の2カ国しかない」と主張したユーザーは、「極端なことを言えば、他国はすべて米国か中国のどちらかの走狗だ」と主張。また逆に、日本にはかつて「アメリカは日本の番犬」と発言した政治家がいると指摘した人もいた。

 しかし「走狗」という観点から離れた別の意見もあった。米軍が駐留しているとはいえ、日本も保護という形で恩恵を受けているので、「互いにとって利益になっている」というコメントや、「戦後の教育」と「米国に好意的なメディア」の影響が大きいという指摘もあった。戦後の日本人は、日本が敗戦からここまで成長したのは「米国のおかげだ」と教えられているので、反抗の気持ちはないとした。「反抗したいと思っても、恐くてできないだろうが」とも付け加えている。…

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 民主主義者 2021/06/17(木) 10:22:06.81 ID:9sG2ig1V9
http://twitter.com/Akira_Amari/status/1405014274888531968
甘利 明 @Akira_Amari
総理は外交が苦手?そのイメージを吹き飛ばす鮮烈なデビューがG7でした。公正な国際秩序に向けG7が持つべき覚悟に消極的な1部首脳に対し、相手の目を見据えて一喝する迫力に先方もタジタジ、自由で開かれたインド太平洋の維持や台湾海峡の平和と安定等G7に初めて書かれた歴史は極めて重要です。
スクリーンショット 2021-06-17 10.46.45

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 民主主義者 2021/06/14(月) 13:59:50.65 ID:++15c3uK9
 菅義偉首相は英国で開かれ、13日に閉幕した主要7カ国首脳会議(G7サミット)の会合や各国首脳との個別会談で、東京五輪・パラリンピック開催に向けた支持取り付けに積極的に動いた。

 G7初日の会合から「強力な選手団を派遣してほしい」と開催への協力を要請。首脳宣言にも「支持」が盛り込まれ、菅首相は閉幕後、「全首脳から大変力強い支持をいただいた」と誇った。

 日本外務省の発表によると、英国、フランス、カナダのほか、招待国の豪州との個別会談でも東京五輪・パラに関するやりとりがあった。ジョンソン英首相は「成功を確信している」と表明。2024年のパリ大会を開催するフランスのマクロン大統領は「開会式への出席を楽しみにしている」と言及するなど、それぞれ好意的な反応があった。バイデン米大統領も断続的な協議のなかで、「菅首相を支持する」と語ったという。

続きは↓
https://topics.smt.docomo.ne.jp/article/asahi/politics/ASP6G46JPP6FUTFK00Y
no title

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ