デモクラシー速報

なぜか右寄りのまとめブログばかりが目立つので、それに対するバランサーとしてやっていきます。

タグ:安倍政権

1: 民主主義者 2020/12/03(木) 06:43:13.80 ID:AuJi1Je49
【独自】「桜」前夜祭巡り安倍前首相の公設秘書を立件へ…東京地検、政治資金規正法違反容疑で
2020/12/03 05:00
https://www.yomiuri.co.jp/national/20201203-OYT1T50024/

祭は2013年から昨年まで、後援会が「桜を見る会」の前日に東京都内のホテルで開催。安倍氏の地元支援者らが1人5000円の会費を支払い、飲食が提供されるなどした。公設第1秘書は安倍氏の地元・山口県を中心に活動し、後援会では16年12月までは会計責任者も兼務していた。


 関係者によると、公設第1秘書は代表のみになった後も後援会の会計処理を実質的に担当。前夜祭に関して、開催費用の一部が補填されている事実などを知りながら、収支報告書に計上しなかった疑いが持たれている。公設第1秘書は特捜部の事情聴取に「後援会の収支報告書に記載すべきだった」と供述。「書かないことが慣例となっていた」とも説明したといい、特捜部はさらに聴取を続けるなど詰めの捜査をしている。

 安倍氏側は会費徴収分のほかに、開催費の不足分を補填してホテル側に支払った疑いがあるが、特捜部は、安倍氏側が前夜祭の前にホテル側から開催費の見積書の発行を受けていたことなどから、総額が後援会の収支にあたると判断。少なくとも、昨年までの5年間の会費徴収分計約1400万円については、収支報告書の収入と支出にそれぞれ計上した上で、補填分の計800万円超も支出に計上する必要があったとみているという。特捜部は補填分の原資にも、後援会の収入として記載すべき額があったとみて、解明を進めている。

 補填分の領収書は、ホテル側から安倍氏が代表を務める資金管理団体「晋和会」宛てに発行された。ただ、前夜祭は後援会が主催していた実態から、特捜部は会計処理も後援会が担うべきだと判断したとみられる。

残り:191文字/全文:1068文字
no title

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 民主主義者 2020/11/29(日) 06:06:32.84 ID:FxI+DqfT9
安倍晋三前首相の政治団体が「桜を見る会」の前日に主催した夕食会を巡り、政治団体代表を務める安倍氏の公設第1秘書が、東京地検特捜部の任意の事情聴取に対し、費用の一部を補?ほてんしたことを認め、「政治資金収支報告書に支出を記載すべきだった」と説明していることが、関係者への取材で分かった。

https://www.tokyo-np.co.jp/article/71043?rct=politics
安倍前首相の金庫番「報告書に記載すべきと分かっていた」 特捜部の任意聴取に補てん認める
2020年11月28日 10時48分

関連記事)
https://www.tokyo-np.co.jp/article/70682
「安倍前首相の秘書が案里被告陣営の応援に」 河井元法相の秘書が証言 2020年11月26日

https://news.yahoo.co.jp/articles/a09db1694cc529f6b3718a61367deeb2ecd0c984
安倍前首相「桜を見る会」と河井夫妻1億5千万円疑惑に同じ秘書が関与〈週刊朝日〉11/25(水)

https://access-journal.jp/50510
安倍首相が逮捕に怯える、河井夫婦公選法違反事件の闇(1・5億円の一部が還流!?)2020/05/15(有料)2020.5.15

以上

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 民主主義者 2020/11/27(金) 19:06:20.92 ID:2s+q+zPx9
 安倍晋三前首相の後援会が「桜を見る会」前日に主催した夕食会が初めて開催された2013年に、安倍氏側が政治資金収支報告書への夕食会費用の記載について総務省に問い合わせていたことが27日、関係者への取材で分かった。同省は政治団体に支出があれば記載が必要と回答。安倍氏側は昨年までの5年間に900万円以上を補填したとみられるが、この間の記載はなく、東京地検特捜部は違法性を認識していたとみて調べている。

 関係者によると、夕食会は13~19年に東京都内の二つのホテルで開かれ、1人5千円の会費制。支払総額との差額分は安倍氏側が穴埋めしたとされる。

共同通信 2020/11/27 17:48 (JST)11/27 17:49 (JST)updated
https://www.47news.jp/news/5542358.html
no title

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 民主主義者 2020/11/25(水) 20:07:35.97 ID:Won5B/my9
「桜を見る会」の前日夜に開催された懇親会をめぐる問題で、会場のホテル側が、開催前に飲食代や会場代などの総額を記した見積書を安倍前総理大臣側にあらかじめ示していたことが関係者への取材で分かりました。安倍前総理大臣側は、懇親会の開催前から費用の一部を負担することを認識していたとみられ、東京地検特捜部が詳しい経緯を調べているものとみられます。

「桜を見る会」の前日夜に開かれ、支援者らが参加した安倍前総理大臣の後援会主催の懇親会をめぐっては、去年までの5年間にかかった懇親会の費用の総額が2000万円を超え、このうち少なくとも800万円以上を安倍前総理大臣側が負担したとみられることが明らかになっています。

複数の関係者によりますと、会場となった2つのホテルはいずれも懇親会の開催前に、飲食代や会場代、音響費などの総額を記した見積書を安倍前総理大臣側にあらかじめ示していたということです。

そして参加者が支払った会費分を、懇親会の当日などに前払い金として受け取り、差額については安倍前総理大臣の事務所宛てに請求し、その際に発行した明細書には、懇親会の費用の総額、会費分などの前払い金、差額分の請求額がそれぞれ記されていたということです。

安倍前総理大臣側は、懇親会の開催前から費用の一部を負担することを認識していたとみられ、東京地検特捜部はホテル側から領収書や明細書などの提出を受け、詳しい経緯を調べているものとみられます。

安倍前首相 国会などで「見積書の発行なし」説明

安倍前総理大臣はこれまで国会などで「5000円という会費は、大多数がホテルの宿泊者だという事情などを踏まえ、ホテル側が設定した価格だ。価格分以上のサービスが提供されたわけでは決してない。事務所に確認したが、ホテル側から見積書などの発行はなかった」などと説明していました。

しかし、安倍前総理大臣の周辺の関係者は24日、取材に対し、事務所の担当者が「政治資金収支報告書に会の収支を記載していなかったため、事実と異なる内容を安倍氏に答弁してもらうしかないと判断した」と説明していることを明らかにしていました。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201125/k10012730531000.html

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 民主主義者 2020/11/25(水) 06:12:21.37 ID:0cSw+r4D9
 安倍晋三前首相(66)側が主催した「桜を見る会」の前夜祭を巡り、安倍氏側が費用の一部を補填(ほてん)した際、会場のホテル側から受け取った領収書を廃棄していた疑いのあることが関係者の話でわかった。東京地検特捜部は安倍氏側の補填額が昨年までの5年間で計800万円超に上るとみており、政治資金規正法違反(不記載)容疑などでの立件の可否を検討している。

 一方、安倍氏周辺は24日、読売新聞の取材に対し、ホテルへの支払総額が参加者からの会費徴収額を上回り、不足分を事務所側で補填していたことを認めた。

 前夜祭は昨年まで、政治団体「安倍晋三後援会」(山口県下関市)が「桜を見る会」の前日に東京都内のホテルで開催した。

11/25(水) 5:05 読売新聞オンライン
https://news.yahoo.co.jp/articles/81f06b0bb045d6d33b7915a4402158a5fe5637ba


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ