デモクラシー速報

なぜか右寄りのまとめブログばかりが目立つので、それに対するバランサーとしてやっていきます。

タグ:小泉進次郎

1: 民主主義者 2020/09/05(土) 13:34:35.22 ID:Onsm1Thn9
https://news.yahoo.co.jp/articles/6c548b14fa85c4a9b093deb01406bc5e005530ae

小泉進次郎環境相は4日、磐梯朝日国立公園の指定70周年記念式典出席のため来県した。
同公園内にある北塩原村のホテルで、休暇先で働く「ワーケーション」を体験、オンライン上で
企業関係者らと意見交換した。式典は5日に行われる。

小泉氏は同村の休暇村裏磐梯を訪れ、日本航空などワーケーションに取り組む企業の担当者や、
渡辺仁県生活環境部長とウェブ会議で意見を交わした。
「社員が本当に働いているか心配するより信頼することが大事だ」と、推進への考えを聞き、うなずいていた。

その後、小泉氏は報道陣の取材に「日本人の新しい観光の場として、(ワーケーションで)働くことができる場としても、
全国34カ所の国立公園の魅力を知ってもらえる機会をつくっていきたい」と話した。

小泉氏は裏磐梯ビジターセンターや、福島市・土湯温泉の源泉バイナリー発電所なども視察した。

磐梯朝日国立公園、5日に70周年式典

磐梯朝日国立公園は5日、1950(昭和25)年に国内17番目の国立公園として指定されてから70周年を迎える。
環境省と県、北塩原村による式典は、同村の裏磐梯レイクリゾートで行われる。

休暇村裏磐梯のテラスでワーケーションについて意見交換する小泉氏=4日、北塩原村
no title

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 民主主義者 2020/09/04(金) 09:38:08.47 ID:4Ge1+/xhH● BE:998671801-2BP(1000)
進次郎氏「水道水飲む」プラスチックごみ削減に持論


小泉進次郎環境相は18日、神奈川県横須賀市で行われた「神奈川政経懇話会」で講演し、「日本は水道水をおいしく飲める、世界でも数少ない国」とした上で、日本の水道水を再評価すべきとの認識を示した。

プラスチックごみ削減の一環で、ペットボトルの削減の必要性も叫ばれる中、水道水をマイボトルに入れて飲む習慣がつけば「自然と、ミネラルウオーターのペットボトルは減るのではないか」との持論を示した。

進今年9月の国連気候行動サミット出席の際に開いた会見で、気候変動問題への取り組みを「セクシーに」と発言して波紋を広げたが、「みんなが(環境運動家の)グレタ(トゥーンベリ)さんのように、徹底することはできない。どうすれば長続きして取り組むことができるか」との考えがあったと主張。
「単純にペットボトルをやめようと言っても、不満や、がまんばかりでは長続きしない」として、水道水のコストの安さに触れ「家計にやさしい気候変動なら、印象が変わるでしょ」と呼びかけた。

将来、銀座や渋谷、原宿などに観光地になる水飲み場をつくるプランも披露。「日本人がマイボトルに水道水を入れて持ち歩くと、(海外にも)日本は水の国だな、日本の水はおいしいなと思ってもらえる。水道水にいくのが本質的だと思う」と訴え

https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/201911180001063.html

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 民主主義者 2020/09/02(水) 14:46:40.80 ID:flwdaIS2a● BE:901654321-2BP(1000)
2日放送のフジテレビ系「バイキング」(前11時55分)で自民党の総裁選を特集した。

番組では、自民党が1日の総務会で安倍晋三首相の後継を決める総裁選を両院議員総会で
選出する方式を決めた。国会議員票394票と、47都道府県連に各3票ずつ割り当てられた
141票の合計535票で争われるが、党員・党友投票を省略する方式には異論の声が上がった。
会合に出席した小泉進次郎環境相は

「残念ながら党員投票はやらないという結論になった。自民党には多様な声があることが改めて証明された」
と述べた。

スタジオでMCの坂上忍は小泉氏の発言に「最近、僕この人関連でズッコけることが多いんだけど
これは茶番劇ですか」と指摘した。さらに、今回の発言で小泉氏のマネをして「こんな小芝居ないよ」
とあきれていた。

https://hochi.news/articles/20200902-OHT1T50083.html

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 民主主義者 2020/08/20(木) 00:21:04.79 ID:N9520U4Y0 BE:723267547-2BP(1000)
 小泉進次郎環境相は19日のBS日テレ番組で体調不良説がささやかれる安倍晋三首相について「7年半首相を務めて疲れないわけがない。
タフに見えても批判され続けてこたえない人はいない」と述べ首相の体調を気遣った。

 背景には5年5カ月の長期政権を築いた父親の小泉純一郎元首相の存在があるようだ。進次郎氏は「父が退任した時に感じたのは『生きて家に帰ってきた』だった」と首相の職務の過酷さに触れた。

 「ポスト安倍」候補と目される中、首相に就任したい年齢を問われると「年齢は結果論だ」とかわした上で「だからといって70歳以上の方が良いかというと全くそうは思わない」と語った。

https://this.kiji.is/668832995404285025

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 民主主義者 2020/08/15(土) 17:03:52.35 ID:UvsRE++Xd● BE:271912485-2BP(2000)
重大な危機、専門家と職員派遣へ=モーリシャス沖座礁事故で小泉環境相

[東京 15日 ロイター] - 小泉進次郎環境相は15日、インド洋モーリシャス沖で起きた貨物船「わかしお」の座礁事故で燃料油が流出した問題に関し、
「生物多様性の損失につながる重大な危機と受け止めている」とし、近く専門家と環境省の職員を現地に派遣する意向を示した。

環境省内で記者団に述べた。

小泉環境相は「モーリシャスはサンゴ礁などの生物多様性の宝庫。その恵みで漁業、そして観光を営んで経済をなりたたせている国であり、コロナ禍に加えての打撃となって、死活的影響を受けることになる」との認識を示した。
そのうえで、事故の民事上の対応については当事者間の問題だが、環境破壊が現場の最大の問題となり、現場のニーズも高まっている今、「当事者である日本企業はもとより、環境省としても他人事でなく、傍観してはならないと考えている」と述べた。

https://jp.reuters.com/article/mauritious-oil-damage-koizumi-idJPKCN25B0AI

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ