デモクラシー速報

なぜか右寄りのまとめブログばかりが目立つので、それに対するバランサーとしてやっていきます。

タグ:小泉進次郎

1: 民主主義者 2021/03/31(水) 13:41:46.85 ID:D1Hpu7Pn9
平成時代に首相として誕生した小泉純一郎氏。全盛期の勢いは凄まじかった。その後、安倍晋三氏は第2次政権以降、在任日数では憲政史上最長を記録。

彼らが政権在任中に成した改革の内実とはいかなるものだったか。

国民は何を得て、何を失ってきたのか。そしていまは小泉進次郎環境大臣の言葉に象徴される「言葉の軽さ」。

中身のない話をじつに勿体ぶってもっともらしく語るその「文体」に国民はもうすでに気づいている。

初選集『福田和也コレクション1:本を読む、乱世を生きる』(KKベストセラーズ)を上梓した文芸評論家・福田和也氏は平成の時代に、すでに令和で目にするような政治・社会現象をまるで予言するかのように語っていた。

■戦後、わが国は人物を育てようとしてきたか

 
 大きい人がいなくなりました。
 人物というべき人がいない。
 日本中、どこを探しても。
 一体全体なぜ、人材がいなくなってしまったのか。
 その原因はいくつもあるでしょうが、一番の理由は、育てて来なかったから、明確な意識をもって育てようとしてこなかったからにほかなりません。
 人物を、人材を育てようとしてこなかった。
 勉強のできる人、健康な人、平和を愛する人は育ててきたけれども、人格を陶冶(とうや)するとか、心魂を鍛えるといった事を、まったく埒(らち)の外に置いてきた。
 その、戦後教育の結果が、このざまです。
 政界、官界、財界、どこを見回しても人物というほどの代物はいないではないですか。
 言論界も同じようなものです。
 わが国から、人材というほどの存在が、きれいさっぱり払底(ふってい)してしまったわけです。
 国の借金が一千兆円、などという話を聞くと暗澹(あんたん)としはしますけれど、それでも人がいないという事に比べればたいした事がありません。
 いくら金があったって、人がいなければどうしようもないからです。
 バブル期以来、どれだけのお金を日本人が無駄に使ってきたか。
 みんな人を得なかったからではありませんか。
 人材は、何よりも大事なものです。
 お金がなくたって、国は、企業は立ちゆくけれど、人がいなければ、どうしようもありません。
 人がいれば、金がなくたってなんとかなるのです。

全文
https://www.kk-bestsellers.com/articles/-/896162/
no title

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 民主主義者 2021/03/24(水) 15:54:17.28 ID:sHd8Rmbp9
「プラスチックの原料って石油なんですよ。意外に知られていないですけど」――小泉進次郎環境相のそんな発言が物議を醸している。

 小泉氏は18日に放送されたJ-WAVEのラジオニュース番組で、さらに「色もにおいもないから分からないと思うんですけど、石油って化石燃料」とも発言。

「父は小泉純一郎元首相で、兄は俳優の小泉孝太郎、妻はフリーアナの滝川クリステルという“上級国民”だけに、小泉環境相の発言はネット民の標的にされやすいんですが……」(ネットニュースライター)

 それにしても、さすがに今回の発言は〈小学生でも知ってるだろ〉〈誰が当選させたんだ〉などと嘲笑を買っている。

 小泉氏に限らず、世間にも時々、誰でも知っていそうなことを我が物顔で語って、陰で笑われるすっとんきょうな人がいるものだ。それが上司だったりすると、部下は苦労する。

「〈自分だけが知っている〉〈自分だけが分かっている〉と思い込みがちな人には、大きく2タイプあります」と、米心理学博士で医学博士の鈴木丈織氏がこう続ける。

「まずは非常に努力家なんですが、周囲が見えていない人。これは中学生や高校生など10代の若者にありがちです。熱心に勉強するんですが、経験が浅く、視野も狭いので他人も努力しているというところまで考えが及ばない。だから〈知っているのは自分だけ〉と思って得意げに話してしまうわけです」

 周囲が内心、〈そんなことは誰でも知っているよ〉と嘲笑していることにも気づけない。

 もうひとつは、自己愛が強いタイプだ。

「唯我独尊なので、何でも〈知っているのは俺様だけ〉というわけです。いずれにせよ、2タイプに共通しているのは“自分好き”という点で、もちろん本人も努力はするんですが、他人の頑張りは認めることが少ないのが特徴です」(鈴木丈織氏)

 環境省の職員はどうだか知らないが、したり顔で語る上司に「知ってますよ」なんてツッコミを入れようものなら、とんでもないことになる。

「この手のタイプは、たとえば、できる部下が自分の知らないことを言ったら、逆に〈誰でも知ってるよ〉〈調子に乗るんじゃない〉などとキレられるのがオチ。自己愛が強くて常に自分が一番だと思っているので、他人を認められない。なので、〈へえ、そうなんですか〉などと驚いたふりをして、適当に相づちを打ちながら気分良く話をさせておくのが無難です」(鈴木丈織氏)
む?

 さて、小泉氏はどのタイプか?

3/24(水) 9:06  日刊ゲンダイ
https://news.yahoo.co.jp/articles/b560ce97f0b43eb0ac216a35564996fff0a0f34e

写真
no title

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 民主主義者 2021/03/23(火) 21:44:00.98 ID:n2JDCjjw9
 小泉進次郎環境大臣がラジオでの「プラスチックの原料って石油なんですよね。意外にこれ知られてない」という発言が取り上げられ、ネット上で炎上というか笑われています。

■とあるアンケートでは16%が「知らない」回答
 たしかに“プラスチックの原料は石油”と知っている人からすれ
ば「知ってます。当たり前でしょそんなこと。プラスチックの原料が石油だと知らないって、そんな無礼な指摘あるか!」と怒るかもしれませんが、
筆者はこれを見たとき「知らない人、そこそこいそうだな」と思いました。

 というわけで調べます。

 「プラスチックの原料は何か知ってますか?」というアンケート結果なんかあるわけないだろうなと思ったら、あるんですねこれが。

 見つかったのは富山県消費者協会・富山県消費生活研究グループ連絡協議会が、
2019年12月に県内在住者に対して紙面調査法で実施したアンケート結果です(1910人に配布、1687人が回答)。

 このアンケートのなかに「プラスチックに関する次の記述のうち、あなたが知っている項目はどれですか(いくつでも)」という設問があり、
一番多かった回答は「プラスチックは、主に石油や天然ガスから作られる(1421人:84%)」でした。

 84%は「プラスチックは、主に石油や天然ガスから作られる」ことを知っている。これを逆にすると、16%が知らないと取れます。
一部は“いくつでも”の部分を見逃してほかの項目にだけ回答してしまった可能性もありそうですが、とにかく数字のうえでは16%です。

 それなりに多いというか「意外にこれ知られてないケース」になるのではないでしょうか?

 ちなみに「小学生などの子供が知らないだけでは?」と考える人もいると思いますが、年代別の結果も公開されています。

「プラスチックは主に石油や天然ガスから作られる」ことを知っている年代別選択率
20歳未満:226人中167人(74%)
20代:308人中232人(75%)
30代:168人中140人(83%)
40代:282人中244人(87%)
50代:267人中244人(91%)
60代:240人中224人(93%)
70歳以上:191人中168人(88%)

 知らない大人も多いです。

■環境大臣が働きかける対象は“石油だと知らない層”
 ネット上ではゲラゲラと笑われてしまっていますが、小泉環境大臣が誰に対して働きかけているのかを考えると、“プラスチックの原料は石油だと知らない層”なんですよね。

 だからそういう層に対してカーボンニュートラルへのアクションをして貰おうとした場合、
まずは「プラスチックの原料は石油です」というところから告知していくのは正しい行動なのではないでしょうか。

 余談ですが、「バイオマスプラスチックの原料は石油」と回答している人がいる(0.4%)アンケート結果もありました。
https://news.yahoo.co.jp/byline/shinoharashuji/20210319-00228330/
no title

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 民主主義者 2021/03/23(火) 15:26:16.75 ID:6r69h5wm9
 小泉進次郎環境相は23日午前の記者会見で、プラスチックが石油由来であることを紹介した自身の発言がインターネット上で波紋を広げていることについて、「正確に多くの人に知ってもらいたいと説明する一環。改めて『そうだったね』と思ってくれる人がいればプラスでしょう」と語った。

 小泉氏が18日のラジオ番組で、プラ原料をめぐり「石油だが、意外に知られていないケースがある」と発言したところ、インターネット上で「みんな知っている」「環境相は今まで知らなかったのか」など小泉氏を揶揄(やゆ)するようなコメントが多く寄せられていた。

 小泉氏はそうした批判も念頭に「一つ一つ気にしていたら、やっていられないこともある」とも語った。

no title

https://www.sankei.com/life/news/210323/lif2103230008-n1.html

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 民主主義者 2021/03/16(火) 17:06:31.14 ID:kq7ecZBB9
小泉進次郎環境相は16日の閣議後会見で、18日から3回にわたり「Z世代」と呼ばれる若者たちと政策議論の機会を持つと明らかにした。

環境省の法案の説明や取り組みなどについて、意見交換するとしている。

会議には13団体から若者たちが参加。初回は、先日閣議決定された「プラスチック資源循環促進法案」などがテーマとなる。
この法案が成立した後には、現在コンビニで無料配布されているプラスチック製スプーンなどが有料化される見通しだ。
プラスチックごみ削減対策の一環だが、若者世代を含めて賛否両論、話題になっている。

進次郎氏は「スプーンの問題もずいぶん盛り上がっている。(若者は)何に関心があるのか聞きたい」とした上で
「スプーンの問題はあくまで法律成立後の話だ。まずは法律全体の話をして、法律全体を理解してもらいたい。
サーキュラーエコノミー(循環型経済)について知って欲しい」と強調。
「環境省のカスタマーは将来世代(の若者)だ。共有するところは共有し、いっしょに取り組みたい」と述べた。

第3回は福島県の復興に関する意見交換を行う。
若者から寄せられた提言の中から、いいものは環境省の政策に積極的に取り入れることも検討している。
https://news.goo.ne.jp/article/nikkansports/nation/f-so-tp0-210316-202103160000570.html
no title

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ