デモクラシー速報

なぜか右寄りのまとめブログばかりが目立つので、それに対するバランサーとしてやっていきます。

タグ:岸田文雄

1: 民主主義者 2021/12/22(水) 13:48:35.46 ID:Si+mj0sH9
キーマンは麻生太郎

飼い犬に手を噛まれるとは、このことだ―。'21年を振り返り、安倍晋三元総理は怒りを噛み締めているに違いない。

「岸田さんは言うことを聞くと思っていたのに、『高市早苗幹事長・萩生田光一官房長官』の提案は蹴られ、親の代から犬猿の仲の福田達夫を総務会長にされ、さらに地元のライバル・林芳正を外相に登用された。安倍さんにとっては腸が煮え繰り返る人事の連続だった」(自民党安倍派議員)

さらに岸田文雄総理は、安倍氏が盤石と信じていた「A・A」の盟友関係にまで手を突っ込んだ。岸田派の議員が語る。

「世間では岸田ブレーンは木原誠二(官房副長官)と村井英樹(総理補佐官)と言われていますが、本丸は麻生(太郎副総裁)さんなんです。麻生さんは安倍シンパだったはずなのに、最近『大宏池会も悪くねぇな』と態度を豹変させている。そこへ岸田さんが急接近した」

大宏池会、すなわち岸田・麻生同盟が成った暁には、安倍派に肩を並べる一大勢力となる。一転して安倍氏のほうが孤立してしまいかねない。

'22年こそ、岸田を完膚なきまでに叩き潰す。落ち目が明らかな安倍氏は、「最後っ屁」のごとく攻勢に出ている。まずは政権運営の妨害だ。

以下ソース

最終更新:12/22(水) 8:02
https://news.yahoo.co.jp/articles/9d7d1b3565ec09273953cabce8ab57fdee923f83
no title

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 民主主義者 2021/12/06(月) 17:03:50.17 ID:u9fTeTTJ9
新型コロナについて、細心かつ慎重に対応するとの立場を堅持します。
感染状況が落ち着いていますが、コロナ予備費を含めて十三兆円規模の財政資金を投入し、感染拡大に備えることとしました。

「屋根を修理するなら、日が照っているうちに限る。」

米国第三十五代大統領、ジョン・F・ケネディの言葉です。

同時に、一日も早く、日本経済を回復軌道に持っていかなければなりません。
新型コロナにより、厳しい状況にある人々、事業者に対して、十七兆円規模となる手厚い支援を行います。

一方、デジタルや気候変動問題への対応という切り口で、世界は大きく変化しています。
二十兆円規模の財政資金を投入し、我が国が新たな時代を切り拓いていくための、大きな一歩を踏み出します。

こうした明確な考えに基づき、今回の総額五十五・七兆円の大規模な対策を、「コロナ克服・新時代開拓のための経済対策」と命名しました。

危機に対する必要な財政支出は躊躇(ちゅうちょ)なく行い、万全を期します。経済あっての財政であり、順番を間違えてはなりません。

経済をしっかり立て直します。そして、財政健全化に向けて取り組みます。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20211206/k10013376361000.html
no title

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 民主主義者 2021/11/25(木) 17:33:58.67 ID:utFdj3tS9
首相「世界に遅れをとらない経済を」 新しい資本主義党会合で
11/25(木) 12:06
https://news.yahoo.co.jp/articles/3c6a51230b1f52942c581322b058fbff1241cc3d

岸田文雄首相(自民党総裁)は25日、党本部で開かれた「新しい資本主義実行本部」の初会合で
「成長と分配の好循環を実現し、世界の大きな流れに後れをとらない経済を考えなければならない」と述べた。

首相は、19日に閣議決定した追加経済対策で
「新しい資本主義を起動するために19・8兆円規模の対策を盛り込んだ」と強調。
実行本部の顧問に甘利明前幹事長が就いたことも明らかにした。
no title

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 民主主義者 2021/11/22(月) 19:14:40.99 ID:oGBitSpc9
「聞く力」をどう発揮すればいいのか、岸田首相にとって悩ましい問題が浮上している。21日昼ごろ、ツイッターで〈#岸田総理の辞任を求めます〉というハッシュタグ付きの投稿がトレンド入りし、話題を呼んでいるのだ。

 ◇  ◇  ◇

〈#岸田総理の辞任を求めます〉の投稿は、反自民系のユーザーによるものかと思いきや、今回は違った。投稿しているのは、安倍元首相や高市政調会長の“シンパ”が大半のようなのだ。

 投稿者の批判の声は、岸田政権が検討を始めた「外国人労働者の受け入れ拡大」などに向かっている。ただ、怒りの原因はそれだけではなく、最近、岸田首相が「安倍包囲網」や「高市包囲網」を敷いていることに“シンパ”が怒っている可能性がある。

「岸田さんは11日、安倍さんと距離がある菅前首相と官邸で面会。政権運営への協力を要請しました。その直後の16日、自民党の最高意思決定機関である総務会人事で、森山前国対委員長や小泉前環境相ら“菅印”の議員を幹部に登用している。“菅印”が重用されたことを、安倍さんは快く思っていないはずです。高市さんはじめ、安倍シンパの議員が名を連ねる政調会とは対照的な人事です。政調会がいくら政策や法案を作っても、総務会の了承がなければ通らないわけですから、総務会の人事は岸田首相による『安倍・高市』包囲網では、と囁かれています」(永田町関係者)

「反安倍」人事に怒り心頭
岸田首相による「反安倍」人事は、総務会幹部だけではない。安倍元首相の“天敵”である林芳正元農相を外相に抜擢している。安倍元首相が求めていた“萩生田官房長官”“高市幹事長”の人事も突っぱねていた。

 安倍元首相の“お気に入り”である高市氏も、岸田首相に冷遇されている。「18歳以下への10万円給付」について、高市氏は政調会長なのに、公明党との政策協議の場から外されてしまった。

「自分の意見がことごとく無視されている安倍さんは、『オレが“岸田総理”誕生の立役者なのに』とカンカンになって怒っているそうです。17日に議員会館の事務所で岸田さんと30分ほど面会した時は、不満をぶちまけたのでは、とみられています」(官邸事情通)

 安倍傀儡と指摘されることを極度に嫌う岸田首相は、今後も「安倍離れ」を強めるとみられている。となれば、安倍・高市“シンパ”からの“口撃”も激化するはずだ。この先、岸田vs安倍の対立がエスカレートすることもあり得るのではないか。
https://news.yahoo.co.jp/articles/886fe8af46e5758ca8768d65749f497ff2d1ea7e
no title

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 民主主義者 2021/10/24(日) 21:47:05.68 ID:lhpOBmqm9
 2019年の参院選広島選挙区を巡る大規模買収事件で、自民党本部が河井案里元参院議員(有罪確定、当選無効)の陣営に提供した1億5千万円について、
党総裁の岸田文雄首相は「買収原資として使われなかったことは、十分説明された」との認識を示した。
31日投開票の衆院選で、中国新聞社が広島県内7小選挙区の候補者を対象に実施したアンケートで答えた。

 党本部が案里氏と夫の克行元法相(実刑確定)側に1億5千万円を提供した問題で、
党本部の説明は十分だと思うかという問いに、岸田氏は3択から「十分だ」を選択。
記述部分で「党本部の資金が買収原資として使われなかったことは、
河井夫妻側が作成し、第三者の確認を経て総務省に届け出がなされ、公表もされている資料で十分説明された」と回答した。

 岸田氏は11日の衆院代表質問で、党総裁就任前の9月に当時の党執行部が1億5千万円を「買収資金になっていない」とした説明を「了とした」と表明。
15日にも、報道各社の取材で同様の見解を述べていた。

 岸田氏は衆院選広島1区に党前職として立候補している。
ほかに立候補している諸派の上出圭一氏、共産党の大西理氏、社民党の有田優子氏の新人3人は、いずれも自民党本部の説明について「不十分だ」を選択している。

https://news.yahoo.co.jp/articles/c16681cff4e688154c6e3cb6411cc5a646a4936c
no title

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ