デモクラシー速報

なぜか右寄りのまとめブログばかりが目立つので、それに対するバランサーとしてやっていきます。

タグ:愛知県

1: 民主主義者 2021/08/05(木) 11:54:04.07 ID:lrJZaaMB9
 河村たかし名古屋市長が、東京五輪ソフトボール日本代表・後藤希友選手の金メダルを無断でかじった問題で、同選手が所属するトヨタ自動車は5日までに、「今回の不適切かつあるまじき行為は、アスリートへの敬意や称賛、(新型コロナウイルス)感染予防への配慮が感じられず、大変残念に思う。河村市長には責任あるリーダーとしての行動を切に願う」とのコメントを出した。 

 河村市長は4日、後藤選手の表敬訪問を受けた際、首に掛けてもらった金メダルに突然かみつくパフォーマンスをした。

2021年08月05日10時50分
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021080500416&g=eco
no title

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 民主主義者 2021/06/06(日) 15:12:57.40 ID:v28Ag6z09
 愛知県の大村秀章知事のリコール(解職請求)運動を巡る署名偽造事件で、地方自治法違反(署名偽造)の疑いで逮捕されたリコール活動団体事務局長の田中孝博容疑者(59)が、「スパイが不正署名を紛れ込ませた」などの「陰謀論」を利用し、周囲に不正への協力を求めていたことが関係者への取材で分かった。米国で拡大した陰謀論「Qアノン」の信奉者など、極端な流言を信じた人々が行動を過激化させる例は世界的に報告されている。事件の背景にも陰謀論の影が見え隠れする。

 「リコールを妨害するスパイが不正な署名を紛れ込ませた」「外国の勢力と大村知事が結託し邪魔をした」。アルバイトを動員した大量の署名偽造疑惑が発覚した二月以降、署名集めに関わったボランティアの一部は本紙取材にこう訴えた。

 会員制交流サイト(SNS)でも「事件は仕組まれていた」「反対派の妨害工作だ」などと根拠を示さない一方的な主張が多数、投稿された。同じような意見に繰り返し触れ、信じ込む「エコーチェンバー現象」が起きた可能性がある。

 事務局関係者によると、偽造を主導したとされる田中容疑者は自ら、こうした陰謀論を周囲に吹聴していた。

…続きはソースで(会員記事)。
https://www.chunichi.co.jp/article/267455
2021年6月6日 5時00分
no title

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 民主主義者 2021/05/03(月) 09:59:07.95 ID:cEs3fSAf9
 愛知県の大村秀章知事のリコール(解職請求)運動を巡る不正署名事件で、活動団体事務局長の田中孝博・元愛知県議(59)が、名古屋市の広告関連会社が佐賀市で行ったアルバイトによる大量の署名の書き写し作業を、自ら「依頼した」と明らかにした。違法性の認識は「無かった」とした。田中氏は公の場ではこれまで、一貫して否定か「答えられない」と話してきた。

 田中氏は依頼した理由を「予定通り署名が集まっておらず、焦っていた」と説明。活動団体会長で美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長が、会員制交流サイト(SNS)などで署名集めの順調さを発信していたことなどから「恥をかかせるわけにはいかなかった」とも語った。

2021年5月3日 06時00分
https://www.tokyo-np.co.jp/amp/article/102050
no title

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 民主主義者 2021/04/22(木) 18:48:28.42 ID:MNH7mzwz9
 愛知県の大村秀章知事のリコール(解職請求)運動を巡る不正署名事件で、署名集めを担う「受任者」の男性が22日、毎日新聞の取材に応じ、「県内で集められた署名簿を自治体別に約100枚分代筆し、自分の指印を押した。田中孝博(リコールの会)事務局長の指示だった」と署名偽造に関与したことを証言した。

 署名活動は、選挙管理委員会に届け出が必要な「請求代表者」と、請求代表者から委任される「受任者」が担う。受任者は署名を集める自治体が割り振られており、男性は担当する自治体で署名を呼びかける街宣車の運転手を務めていた。

 男性によると、署名偽造は2020年11月1~3日、名古屋市東区にあった同会事務局事務所で行われた。署名用紙は1枚に10人分記載するスペースがあり、署名する人は受任者が担当する自治体に住む人に限られる。しかし、事務所にはいくつもの自治体が混在した状態で署名された用紙が大量にあり、男性は他の男女5~6人のスタッフらと共に同一自治体の署名になるよう白紙の署名用紙に書き写し、指印を押すよう田中事務局長に指示されたという。

 スタッフの手元には朱肉が置かれ、署名ごとに指を変えながら指印を押し、ウエットティッシュで手を拭きながら夜通しで作業したという。田中事務局長から委任や代筆に関する説明はなく、男性が「(こんなことをして)大丈夫なのか」と聞くと、田中事務局長は「有効か無効かは選管が判断する」と答えたという。

 不正署名を巡っては、同会事務局幹部だった元愛知県常滑市議の山田豪氏(52)=17日付で市議を辞任=も田中事務局長の指示で署名簿に指印を押していたことを一部メディアに証言している。田中事務局長は22日、男性の証言について、毎日新聞の取材に「男性に直接指示する関係ではなく、そうした事実はない」と否定している。【藤顕一郎】

毎日新聞 

https://news.yahoo.co.jp/articles/122665885b476ee2ebbf342b970b740ee755cba7
mqdefault

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 民主主義者 2021/04/15(木) 18:07:27.71 ID:WOYqGfeg9
愛知県の大村秀章知事のリコール(解職請求)運動を巡る不正署名事件で、
リコール活動団体の事務局幹部だった山田豪・常滑市議(52)が十五日、一連の問題の責任を取って、市議会議長に辞職願を提出した。
関係者への取材で分かった。

 山田氏は同じ政党に属していた田中孝博事務局長らとともにリコール運動の中心的な役割を担い、
活動方針の決定に関わったり、街頭演説で署名を呼び掛けたりしていた。地方自治法違反(署名偽造)の疑いで捜査している愛知県警から任意で事情聴取を受けている。

 山田氏はNPO法人代表理事などを務め、二〇一九年四月の常滑市議選で初当選し、現在一期目。
常滑市議会では三月二日、山田氏ら市議二人が請求代表者としてリコール運動に関わったとして、
最大会派の保守系議員から「一刻も早い不正に対する全容解明を強く願う」との決議案が提出され、可決された。

 不正署名問題を巡っては提出された四十三万五千筆のうち83・2%を県選管が無効と判断。同一筆跡の署名や約八千人分の死者の署名が含まれていた。
 本紙の取材では昨年十月、名古屋市内の広告関連会社が佐賀市内で多数のアルバイトを動員して署名を偽造させていた疑いがあり...

https://www.chunichi.co.jp/article/237034

■今年2月4日の会見で「大村の陰謀」論を展開していた男
https://youtu.be/he-IXo1avZg?t=5823

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ