デモクラシー速報

なぜか右寄りのまとめブログばかりが目立つので、それに対するバランサーとしてやっていきます。

タグ:日本銀行

1: 民主主義者 2021/03/12(金) 12:26:13.52 ID:VU3ziqNW9
日本銀行は18、19日の金融政策決定会合で、上場投資信託(ETF)の購入について「年6兆円ペース」としている購入原則を削除する方向だと、12日付の毎日新聞朝刊が情報源を示さず報じた。
2021年3月12日 8:54 JST
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2021-03-11/QPTUJUDWX2Q701

日銀のETF政策点検、「6兆円」削除や日経平均型除外の市場観測

日本銀行が3月の金融政策決定会合で行う上場投資信託(ETF)の政策点検について、株式市場関係者からは買い入れ金額に幅を持たせることや、日経平均株価型の除外や買い入れ対象拡大の検討などを予測する声が出ている。

2021年3月12日 9:33 JST
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2021-03-12/QPN04YDWRGG001
no title

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 民主主義者 2021/02/15(月) 10:48:14.94 ID:gYt7dB7m9
 日銀が、日本株の最大の株主であることと、ここ10年間の経緯については前回書いた。

 つまり、今回のコロナ禍の異常な株高で一番儲けているのは日銀といえる。
その保有額はすでに時価で45兆円に達し、含み益は12兆~13兆円とみられる。黒田総裁はたぶん、毎日笑いが止まらないことだろう。

 こうした裏側が分かっている機関投資家などは、今回のコロナ禍の大暴落と急反発の局面で、日銀の動きや、日銀が保有する株式銘柄を注視してきた。
昨年3月、1万6000円台まで暴落した日経平均は、今週ついに2万9000円突破まで急回復している。この間、日銀の買い入れ額は7兆円の大台に達した。
昨年3月の大暴落で含み損が出ることに肝を冷やした日銀が、過去最大の買い支えを始めたことで、機関投資家もこぞって買いに群がり、あっという間に暴落分を帳消しにしてしまったのだ。
その意味で、日銀の株購入は市場のエンジンともいえる。いま車体はどんどんスピードを上げ、それが2万9000円突破になったといえる。

 では今後、日銀はどうするつもりか。悲願の日経平均3万円突破までエンジンを吹かすのか。

 そうは考えられない。日銀のETF買いについては以前から「市場を歪ませている」と批判が多いのも事実。
なにしろ金額ベースで日本株全体の7%近くを保有している計算だから、異常といえば異常。
そうした声を気にしてきた日銀は、今回の株高を好機とみて、しばらくエンジンを吹かすのをやめるとみている。

 今年になってからの市場環境は好転している。世界中の投資家がワクチン普及を確信し、コロナ後の急速な景気自律回復を視野に入れ始めている。
つまり政府の資金で株価を無理して押し上げなくても、景気好転を先取りした資金が株式市場に流れ込むとみられている。

 官製相場からいったん離れる好機――日銀はそう考えているのではないだろうか。 (丸)
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/money/285202
no title

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 民主主義者 2021/02/06(土) 21:13:28.24 ID:2goiUF1l9
日銀が2020年12月時点で初めて最大の国内株保有者になったことがわかった。日銀は金融政策として上場投資信託(ETF)買い入れを実施しており、昨年12月末時点で保有するETFが年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)を上回った。収入面でETFへの依存度が高まるなか株安時の備えが必要になっている。

GPIFが5日、発表した20年12月時点の国内株保有額は約45兆2700億円だった。野村証券の試算では日...(以下有料版で、残り735文字)

日本経済新聞 2021年2月5日 21:24
https://www.nikkei.com/article/DGXZQODF057000V00C21A2000000/]
no title

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 民主主義者 2021/01/22(金) 19:54:31.70 ID:U4qkofYy9
日本銀行は21日、金融政策決定会合を開き、3カ月ごとに公表する「経済・物価情勢の展望」(展望リポート)で、
新型コロナウイルスの「第3波」を踏まえ2020年度の実質国内総生産(GDP)成長率の予測について、
昨年10月に示した前年度比マイナス5・5%からマイナス5・6%に下方修正した。
長短期の金利を低く抑えることで経済を下支えする大規模な金融緩和策については維持したが、
コロナ禍で金融緩和がさらに長期化する公算が大きくなっている。

黒田東彦総裁は同日の会見で景気認識について「基調としては持ち直している」との判断を示した。
昨年12月時点の表現から「基調としては」との文言を加えて、やや表現を弱めた。

緊急事態宣言の再発令を受け、個人消費は「(飲食・宿泊などの)対面型サービス消費に下押し圧力が強まっている」と指摘。
一方で、輸出や生産は増加を続けているとし、展望リポートでは21年度の成長率をプラス3・9%と、昨年10月に示したプラス3・6%から上方修正した。

黒田総裁は、バイデン米大統領の就任に関しては「米国の政策運営は世界経済、国際金融市場に大きな影響を及ぼすので、注視していく」と述べるにとどめた。
しかし、バイデン政権は新型コロナ対策として積極的な財政出動と大規模な金融緩和を継続するとみられる。
輸出企業に不利になる円高を防ぐ意味でも、日銀は金融緩和を弱めることが困難な状況だ。日銀は長期化する金融緩和策を点検し、次回3月の決定会合で結果を公表する。

大規模な金融緩和は、短期金利をマイナス0・1%とし、長期金利を0%程度に誘導する金利操作を継続。
上限を年間12兆円とする上場投資信託(ETF)の購入枠も維持する。
新型コロナ対応の企業の資金繰り支援策では、企業に融資する金融機関に有利な条件で資金を供給するなどの支援策を継続する。

一方、雨宮正佳副総裁は近親者が新型コロナウイルスに感染しているかを調べるPCR検査を受けたため21日の決定会合を欠席した。
雨宮氏は自宅に待機した上で、書面にて会合での意見を提出した。

https://www.sankei.com/politics/news/210121/plt2101210041-n1.html
no title

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 民主主義者 2020/10/08(木) 11:37:48.31 ID:zSDbRI9g9
 日銀の黒田東彦総裁は8日、日銀支店長会議に出席し、景気の現状について「新型コロナウイルスの影響で引き続き厳しい状態にあるが、経済活動が徐々に再開するもとで、持ち直しつつある」との認識を表明した。

 政府の経済対策や日銀の金融緩和策によって景気は改善基調をたどるとの見方を示す一方、回復ペースは緩やかになると指摘した。企業の資金繰りに厳しさがみられる状況に懸念を表明。必要があれば、ちゅうちょなく追加金融緩和に踏み切ると強調した。

 日銀は各地域の消費や設備投資などの現状を分析し、今月28、29日に開く金融政策決定会合での議論に生かす。

2020/10/8 10:57 (JST)10/8 11:12 (JST)updated
https://this.kiji.is/686754337303331937?c=39550187727945729

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ