デモクラシー速報

なぜか右寄りのまとめブログばかりが目立つので、それに対するバランサーとしてやっていきます。

タグ:杉田水脈

1: 民主主義者 2020/11/08(日) 20:06:37.72 ID:WFnpxoAs9
 杉田水脈議員問題の発言があったのは9月25日、党本部での会議にて。共同通信によると、性暴力被害者の相談事業を民間に任せることを批判し、そのなかで「女性はいくらでも嘘をつける」と発言。会議後、杉田議員は発言を否定したが、会議に出席していた複数人からそのような発言があったとの証言がされた。

 翌26日にも、杉田議員は自身のブログで<報道にありましたような女性を蔑視する趣旨の発言(「女性はいくらでも嘘をつく」)はしていないということを強く申し上げておきたい>と否定している。

 世間の注目を集めるなか、29日には、橋本聖子内閣府男女共同参画担当大臣が、記者会見で、杉田議員の発言に関し「声なき声を聞いて、政策にしっかりと結びつけていくよう努力をされている方を踏みにじるような発言で非常に残念」「自民党として適切な措置をされていくべきではないか」と発言。

 30日には下村博文政調会長が杉田議員に対し、<発言の真意が正確に伝わるよう、より丁寧な説明が必要だ>と口頭注意したことが報じられ、それを受けてか杉田議員は記者団に<真意が伝わる説明をするよう注意を受けたので、今後ブログでしっかりと書いていきたい>と話したとのことだ。

 そして、翌10月1日に<ご指摘の発言があったことを確認しましたので、先のブログの記載を訂正します。事実と違っていたことをお詫びいたします><嘘をつくのは性別に限らないことなのに、ご指摘の発言で女性のみが嘘をつくかのような印象を与えご不快な思いをさせてしまった方にはお詫び申し上げます>と、自身のブログに掲載する結果となった。

 自民党としてはブログでの謝罪だけで、この騒動を終わらせるつもりなのだろう。杉田議員の謝罪以降、自民党のトーンダウンが感じられる。

https://wezz-y.com/archives/82829
杉田水脈議員「女性はいくらでも嘘をつける」発言の論点は“女同士の戦い”ではない
2020.11.08 16:00


参考記事)
https://www.tokyo-np.co.jp/article/63297
【動画あり】「セカンドレイプとなる発言」伊藤詩織さんが法廷で陳述 杉田水脈議員は棄却求める 2020年10月21日

https://soumu.hateblo.jp/entry/2018/08/01/230538
杉田水脈議員とLGBTと自民党と日本会議と 2018/08/01/

https://wezz-y.com/archives/51856
自民党・杉田水脈議員の歪んだ歴史認識と女性観「女の子は本来…」2018.01.27

https://www.asahi.com/articles/ASJ6J6K13J6GUPQJ00F.html
日本会議、改憲の先に目指す社会 「親学」にじむ憲法観 2016年6月17日

以上
no title

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 民主主義者 2020/10/14(水) 13:25:45.91 ID:68ZM21UP9
 鳥取大を卒業後、住宅メーカーや兵庫県西宮市役所勤務を経て2010年、みんなの党の兵庫六区支部長に就任。当時の関係者は「女性候補を探していた渡辺喜美代表が、白羽の矢を立てた。まだ右翼っぽい言動はなく、『渡辺代表に了解もらってますから~』と突然やってきた」と語る。日本維新の会に鞍替えし、12年衆院選で初当選(比例復活)を果たすも、14年は落選。「落選中に右派界隈と付き合いを深め、雑誌への寄稿などで注目を集めるように」(政治部記者)。

転機は17年。安倍晋三前首相に近いジャーナリストの櫻井よしこ氏が当時ネット番組で、「安倍さんが『杉田氏は素晴らしい』と言って」一本釣りしたと明かしている。事実、自民党の比例中国ブロックの名簿順位で優遇され当選。これまで杉田氏が問題を起こしても批判が少なかったのは“安倍一強”だったからだ。


https://bunshun.jp/articles/-/40750
安倍晋三がかばう“炎上の女王”  杉田水脈はそもそもどこからやって来たのか?
週刊文春 2020年10月15日号


関連記事)
https://news.yahoo.co.jp/articles/8dff0f1efed4b703a9f06facfaadeaf9bf6c75c4
杉田水脈氏の議員辞職求める署名に9万筆近く 「激しく性差別的」と自民党にも対処求め 9/29(火)

https://buzzap.jp/news/20200925-sugitamio-lier/
杉田水脈議員、性被害者蔑視発言の指摘に「『女性はいくらでもうそをつけます』なんて言ってない」→うそでした 2020年9月25日

https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_5dfc6103e4b05b08bab2ecde
伊藤詩織さんに対する発言に、杉田水脈議員「私の表現の拙さ」 2019年12月20日
伊藤詩織さんが、元TBS記者の山口敬之さんから性行為を強要されたとして訴えた裁判で、東京地裁は山口さんに330万円の支払いを命じた。「セカンドレイプでは」と問題視されている杉田水脈議員の過去の発言について聞いた。

https://hbol.jp/199090?cx_clicks_art_mdl=1_title
杉田水脈議員が勝共連合ダミー団体の集会で講演も、「存じ上げません」 2019.08.12
<政界宗教汚染?安倍政権と問題教団の歪な共存関係・第14回>

https://soumu.hateblo.jp/entry/2018/08/01/230538
杉田水脈議員とLGBTと自民党と日本会議と 2018/08/01/

https://wezz-y.com/archives/51856
自民党・杉田水脈議員の歪んだ歴史認識と女性観「女の子は本来…」2018.01.27


以上
no title

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 民主主義者 2020/10/01(木) 08:51:12.54 ID:w02uowu39
性暴力をめぐる自民党議員の発言に批判の声があがっています。渦中の人物は、またしても杉田水脈衆院議員です。杉田氏は自民党の会合で、性暴力などをめぐり、「女性はいくらでもうそをつける」と発言したとされています。

その“真意”はどこにあるのでしょうか?インターネット上ではすでに、杉田氏の議員辞職を求め、10万を超える署名が集まっています。

詳細は動画で…

※動画書き起こし

性暴力に対する相談事業めぐり「女性はいくらでも嘘をつけますから」
民間への委託ではなく、』警察が積極的に関与するよう主張

ある出席者は「この発言はだめだと感じた」
杉田氏の発言を受け会合では笑い声もあがる

杉田氏はLGBT=性的少数者について「子どもを作らないから生産性がない」と発言し批判を受けた他、選択的夫婦別姓をめぐる発言などでも物議

自民党幹部「彼女はいつも問題を起こすよね。ネトウヨを意識した発言だろうけど

30日 17時29分 TBS
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4090721.html
no title


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 民主主義者 2020/10/01(木) 13:52:25.25 ID:sXjXRHtC9
https://this.kiji.is/684260400423535713?c=39550187727945729

自民党の杉田水脈衆院議員は1日午後、自身のブログを更新し、自民党会合で
「女性はいくらでもうそをつけますから」と発言したことについて「発言があったことを確認した」
と一転して認め、謝罪した。

杉田氏は「うそをつくのは性別に限らないことなのに、発言で女性のみがうそをつくかのような
印象を与えご不快な思いをさせてしまった方にはおわび申し上げます」と陳謝。
また「女性を蔑視する意図はまったくございません」と釈明した。

杉田 水脈(すぎた みお)オフィシャルブログ
https://ameblo.jp/miosugita-blog/

9月26日に投稿いたしましたブログ記事「一部報道における私の発言について」につきまして、一部訂正を致します。

件の内閣第一部会・内閣第二部会合同会議において私は大変長い発言をしており、ご指摘のような発言は行っていないという認識でおり、
「報道にありましたような女性を蔑視する趣旨の発言(「女性はいくらでも嘘をつく」)はしていない」旨を投稿いたしました。

しかし、今回改めて関係者から当時の私の発言を精査致しましたところ、最近報じられている慰安婦関係の民間団体の
女性代表者の資金流用問題の例をあげて、なにごとも聖域視することなく議論すべきだと述べる中で、
ご指摘の発言があったことを確認しましたので、先のブログの記載を訂正します。事実と違っていたことをお詫びいたします。

私の発言の趣旨は、民間委託の拡充だけではなく、警察組織の女性の活用なども含めて暴力対策を行なっていく議論が
必要だということであり、女性を蔑視する意図はまったくございません。

ただ、民間団体の女性代表者の例を念頭に置いた話の中で、嘘をつくのは性別に限らないことなのに、
ご指摘の発言で女性のみが嘘をつくかのような印象を与えご不快な思いをさせてしまった方にはお詫び申し上げます。

あわせて自由闊達な議論を旨とする自民党政調会の同僚議員の皆さまにもご心配をおかけし申し訳ございませんでした。

もとより、女性であろうと男性であろうと、暴力や性犯罪は、人間の尊厳を踏みにじる許されない犯罪であり、
私自身もひとりの人間として、啓発、相談や警察・司法の関与など、様々な方法で撲滅していくべきだと考えております。

自由民主党の部会はさまざまな政策課題を扱っており、外交上あるいは国民感情的にセンシティブな問題や、
特定の団体が不利益を被るような問題、国民負担を増やすような問題もあり、それらについても忌憚のない意見、
ひるまずに正面からなされる議論を担保するために「非公開」とされていると伺っております。

今後も政調会長からのご注意を肝に銘じながら、表現や言い回しに気をつけて自由闊達な部会の場で有権者の皆様の声などを
しっかりとお伝えし、より良い政策の立案に励みます。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 民主主義者 2020/09/30(水) 20:50:34.69 ID:FRobE69e9
自民・杉田議員「真意はブログで。以上」 記者団の質問には答えず

 自民党の杉田水脈(みお)衆院議員が性暴力被害者の相談事業を巡って「女性はいくらでもウソをつけますから」と発言した問題で、立憲民主党の安住淳国対委員長は30日、自民党の森山裕国対委員長に対し、党として処分するよう要求した。

 安住氏は森山氏との会談で「性犯罪被害者から見たら看過できない話だ。自民党として対応してほしい」と述べ、森山氏は「しかるべきところと相談したい」と答えた。森山氏は会談後、記者団に「報道のような発言があったとすれば極めて遺憾だ」と語った。

 この後、自民党の下村博文政調会長が杉田氏と党本部で会い、発言について口頭で注意した。杉田氏は「女性への暴力に対する取り組みが必要と考えて持論を述べた。女性蔑視を意図した発言はしていない」と釈明。下村氏は「改めて自分の真意をブログなり、何らかの形で説明すべきだ」と求めた。

 杉田氏は面会後、記者団に「今後、(真意を)ブログでしっかり書いていきたい。以上だ」と述べたが、質問を受けずに立ち去った。【宮原健太、野間口陽】

※スレタイは毎日jpトップページの見出し
毎日新聞 2020年9月30日 18時38分(最終更新 9月30日 18時38分)
https://mainichi.jp/articles/20200930/k00/00m/010/205000c

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ