デモクラシー速報

なぜか右寄りのまとめブログばかりが目立つので、それに対するバランサーとしてやっていきます。

タグ:松井一郎

1: 民主主義者 2021/04/19(月) 22:05:46.34 ID:WTcXWRy79
大阪への緊急事態宣言の発出要請について、大阪市の松井市長は記者団に対し、期間は2週間程度が望ましいという考えを示したうえで、宣言が発出されれば、市立の小中学校の授業を、原則、自宅でのオンライン授業に切り替える考えを示しました。

この中で松井市長は、大阪府の吉村知事が緊急事態宣言の発出を国に要請する考えを示したことについて「感染拡大は収束しておらず、行政による厳しい措置をかけ、人が集まるところへの休業を呼びかけることになると思う。府内全域での措置が必要だ」と述べました。

そのうえで「これまでの感染のスパイラルをみると、2週間でめどをつけるべきで、できるだけ速やかにスタートすべきだ」と述べ、宣言の期間は2週間程度が望ましいという考えを示しました。

さらに松井市長は、宣言が発出されれば市立の小中学校の授業について、自宅で保護者が見守ることができないなどの事情がある場合を除いて、原則、自宅でのオンライン授業に切り替える考えを示しました。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210419/k10012984571000.html
no title

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 民主主義者 2021/02/11(木) 12:39:27.01 ID:cf8d2+Um9
【松井一郎 維新伝心】府民の方々の協力の成果「新規感染者数が1週間連続300人以下」 森会長“女性蔑視”発言に複雑な思い…一部メディアの「魔女狩り」に疑問

 大阪府では8日、新型コロナウイルスの新規感染者が119人となった。これで、「1日平均の新規感染者数が1週間連続で300人以下」という、国に緊急事態宣言の解除を要請するための独自基準を達成した。すべて、府民の方々が協力してくれた成果だ。心から感謝したい。

 ただ、重症者病床や中等症病床の使用率は、まだ高止まりしている。これは新規感染者数に比べて、遅れて結果が出てくるためで、9日の府対策本部会議でも、すぐに解除要請という結論にはならなかった。

 この連載でも何度も訴えてきたが、「人々の命を守り、経済を止めない」ためには、社会経済活動について一定の制限をかけながら、状況に応じてアクセルとブレーキを使い分けていくしかない。このバランスが何より重要だ。

 私のもとにも、「不要不急はいつまでですか?」と聞いてこられる人がいる。その気持ちはよく分かる。仕事や生活の心配もあるだろう。「自粛疲れ」も理解できる。国や自治体では、さまざまな救済策を用意している。「未知のウイルス」に負けないために、どうか、もう少し、我慢していただきたい。

 こうした緊急事態宣言下で、自民党と公明党の国会議員が深夜に、東京・銀座の高級クラブを訪れていたことが分かった。離党や議員辞職したが、当然の処置だと思う。

 与党議員らは、大人数で食事した後、深夜に「密」になる高級クラブに出かけていた。政府・与党が「一番我慢してほしい」と呼びかけている行動であり、発覚後の説明もひどかった。「この程度はバレない」と考えていたとすれば、与党の「おごり」「緩み」というしかない。国民が激怒するのは当たり前だ。

 一方で、東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長による、いわゆる「女性蔑視」発言には、複雑な思いだ。

 森氏の発言自体は、極めて不適切だ。真意が分かりづらく、誤解を生みやすい。森氏は発言翌日、発言を撤回して謝罪した。猛省してほしい。

 ただ、森氏が東京五輪の招致段階から関わり、組織委員会会長として「アスリートのため」「五輪のため」「日本のため」に努力してきたことは、関係者の間では常識である。安倍晋三前首相が以前、「(国内外にわたる問題を調整して解決できるのは)森さんしかない」と語っていたことを思い出す。国民には知られていないが、その貢献度は大きい。

 森氏は国会議員時代から、保守的な政治姿勢や目立つ発言から、一部メディアの激しいバッシングを受け続けてきた。

 森氏は今回、撤回して謝罪している。国際オリンピック委員会(IOC)も当初、「この問題は終了と考えている」と発信している。IOCのトーマス・バッハ会長の信頼も厚い。

 一部メディアの「魔女狩り」のような姿勢はどうなのか。森氏のすべてを否定する報道には、気の毒でならない。私は、東京五輪成功のために頑張ってほしいと思う。日本維新の会代表、大阪市長・松井一郎)

夕刊フジ 2021.2.11
http://www.zakzak.co.jp/soc/news/210211/pol2102110001-n1.html

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 民主主義者 2020/10/08(木) 20:47:38.77 ID:XcLwg3KN9
大阪維新の会による「大阪都構想」に賛成を呼びかける旗を大阪・ミナミの商店街に掲げたとして、大阪市が商店主らでつくる「アメリカ村の会」に撤去を求めた。維新の松井一郎代表(大阪市長)は7日、アメリカ村の会の提案で維新から設置費用を払ったと説明。「政治的でよくなかった」と認めた。

 市建設局によると、同会は1日から「都構想にYESを。変えるぜ、大阪。」などと書いた旗を街路灯に設置。道路法で必要な申請をせず、政治的な広告は許可対象でもないことから、市が2度にわたり撤去するよう指導した。

全文はソース元で
https://news.yahoo.co.jp/articles/b7e84d883b81267bf6dea1ae12d831590255293e

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 民主主義者 2020/09/24(木) 19:25:47.06 ID:GgSB8gXf9
大阪市の松井一郎市長(大阪維新の会代表)は24日、大阪都構想の住民投票で賛成多数となった場合、特別区設置後の大阪府の初代知事には、吉村洋文・大阪府知事(維新代表代行)がふさわしいとの考えを示した。市役所で記者団の取材に答えた。

 松井氏は大阪府から「大阪都」への名称変更を目指しており、「初代『大阪都知事』には若くて、スマートなタイプの吉村さんがいいと思う」と強調。行政運営を建設工事になぞらえ、「都構想の実現で大阪の成長に向けた基礎工事が終わる。上屋づくりは『吉村世代』にやってもらいたい」と期待を込めた。

 大阪府から大阪都への名称変更には法整備が必要となっている。

https://www.sankei.com/west/news/200924/wst2009240032-n1.html
no title

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 民主主義者 2020/09/23(水) 19:53:45.41 ID:J5TbJfsv9
松井一郎大阪市長は23日、日本記者クラブで会見し、「大阪都構想」が11月1日の市民対象の住民投票で否決された場合、2023年4月までの任期を終えた上で政治家を引退すると明言した。「任期はしっかり務める。勝つためにやっているが、負けたら政治家として終了だ」と述べた。

 一方、同席した吉村洋文大阪府知事は「否決されたから辞めるとは考えていない。進退を絡めるとある意味、信任投票になる。冷静に大阪の未来を考えて投票していただくのが適切ではないかと思う」と述べた。

 都構想の住民投票は15年に続いて2度目。

https://this.kiji.is/681452145749509217?c=39550187727945729

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ