デモクラシー速報

なぜか右寄りのまとめブログばかりが目立つので、それに対するバランサーとしてやっていきます。

タグ:枝野幸男

1: 民主主義者 2021/09/21(火) 11:56:14.63 ID:znVaPLNL9
 立憲民主党の枝野幸男代表は20日、千葉県我孫子市で街頭演説し、次期衆院選で争点化を狙う経済政策への支持を訴えた。「格差是正で、貧困(世帯)を分厚い中間層へ復活させていく。自民党総裁選では誰もこの世界の潮流について言っていない」と述べた。無党派層を意識し、千葉県内の駅前やショッピングセンター周辺で活動を展開した。

野党3党と市民連合の共通政策案のポイント 6日時点

 立民は第2次安倍政権以降の経済政策「アベノミクス」で格差が拡大したと主張。枝野氏は、大規模な金融緩和などを柱としたアベノミクスの功罪を検証している党委員会から21日に報告を受け取り、批判を強める見通しだ。

9/20(月) 16:38 共同通信 
https://news.yahoo.co.jp/articles/f97887c38d11219578443ae3cb7460dba27a8d7a
Mnj1g6xE

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 民主主義者 2021/09/14(火) 22:40:12.52 ID:7e7QFvJu9
 立憲民主党の枝野幸男代表は12日、党のインターネット番組で、
安倍晋三前首相が掲げた経済政策「アベノミクス」の功罪を検証するため、近く党組織を設置すると明らかにした。
分配や公助を重視する「支え合う社会」をつくると従来提唱しており、
大規模な金融緩和などを柱としたアベノミクスの問題点を提示し、次期衆院選で争点化したい考えだ。

 枝野氏は「株価だけ上がったが、多くの国民の暮らしは良くなったのか検証する」と説明。
その後、東京都内で記者団に「検証はわれわれが打ち出す政策の前提となる」と語った。
格差是正による「分厚い中間層の復活」を看板政策として打ち出していく考えだ
https://news.yahoo.co.jp/articles/472663327fbef16855eacc47298223c7d5701ac6
Mnj1g6xE

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 民主主義者 2021/08/31(火) 14:24:53.37 ID:Ox37te9U9
 菅政権が、野党が憲法53条に基づいて求めていた臨時国会の召集に応じない方向で調整に入ったことについて、立憲民主党の枝野幸男代表は31日午前、国会内で開かれた党の執行役員会で「召集しないというのは、明白な憲法違反を公言をしている」と批判した。

https://www.asahi.com/articles/ASP804H1YP80UTFK00D.html?ref=tw_asahi
Mnj1g6xE

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 民主主義者 2021/07/21(水) 19:47:49.01 ID:piuAH7oW9
https://www.asahi.com/sp/articles/ASP7P5W6JP7PUTFK01B.html?iref=sp_new_news_list_n
東京五輪「もはや平和の祭典でない」 立憲・枝野代表

アスリートを一生懸命応援したいが、残念ながらそれをちゅうちょするような状況で、今日を迎えた。目の前にある五輪は、もはや平和の祭典ではない。極めてゆがんだ祭典で、多くの人が「開催だけが自己目的化された五輪」と受け止めている。

安倍、菅政権は五輪の開催と新型コロナ(対策)を両立させるといって準備してきた。彼らが「最善のシナリオ」と進めてきたものは、「最悪のシナリオ」にかわろうとしている。

 当たり前の日常を一日も早く取り戻すには政治を変えなければならない。受け身で待ち構えるのではなく、相手が防戦一方である今こそ、積極的に準備を進めるときだ。(リモートで開催された党の全国幹事長・選挙責任者会議で)

2021/7/21 17:59
朝日新聞
no title

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 民主主義者 2021/06/25(金) 21:03:13.50 ID:dA3O9sxx9
立憲民主党の枝野代表は、新型コロナウイルス対策として実現を目指すとしている消費税率の時限的な5%への引き下げについて、次の衆議院選挙で掲げる選挙公約に盛り込むよう、党内に指示したことを明らかにしました。

新型コロナ対策としての消費税の扱いをめぐり、立憲民主党の枝野代表は、先の国会で内閣不信任決議案を提出した際に行った趣旨弁明で、国民生活は極めて厳しくなっているとして、税率の時限的な5%への引き下げの実現を目指す意向を示しました。

枝野氏は、記者団に対し「先日、内閣不信任決議案の趣旨弁明の演説で訴えたことについては、当然、『選挙に向けた政策』に入れてもらえると思っているし、指示をしている」と述べ、消費税率の時限的な5%への引き下げについて、次の衆議院選挙で掲げる選挙公約に盛り込むよう、党内に指示したことを明らかにしました。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210625/k10013103351000.html
no title

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ