デモクラシー速報

なぜか右寄りのまとめブログばかりが目立つので、それに対するバランサーとしてやっていきます。

タグ:河野太郎

1: 民主主義者 2021/01/26(火) 13:18:56.29 ID:/qiDxGE+9
 菅首相の肝いりで「ワクチン担当大臣」に任命された河野太郎行政改革担当大臣。コロナ禍の収束に向けて政治手腕に期待がかかる一方、SNSの使い方について批判が巻き起こっている。この数日、Twitter上でジャーナリストや文化人の間から“いつの間にかブロックされていた”という報告が相次いでいるのだ。いったい河野氏のTwitterで何が起きているのか。
 ***

アダ名は“ブロック太郎”

 河野氏といえば、1月16日の毎日新聞の世論調査で「次の首相にふさわしいと思う人」で1位になるなど、次期総理の呼び声も高い。行革大臣に就任するや「はんこ廃止論」を訴えて世論を揺さぶった行動力に加え、彼の強みとされているのがTwitterを駆使した発信力だ。

「フォロワー数は約223万人(1月25日現在)。政治家の中では安倍前首相の227万人に次いで多いとされています。2010年にアカウントを開設し、総ツイート数は約2万3000。1日6回くらいつぶやいている計算です。外務大臣時代には『河野大臣に恋愛相談にのってほしい』といった些細なつぶやきを拾いあげ、気軽にリプライを送っていたことが話題となり、フォロワー数を急増させました」(政治部記者)

 とはいえ、河野氏には“厳しい”一面もある。彼のアダ名は“ブロック太郎”。ブロックとは、特定の相手に自分のツイートを見られないようにする機能なのだが、河野氏は少しでもお気に召さない相手を片っ端からブロックしてしまうことで有名なのである。

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/7/8/78d41_1523_af29607a_cd40802e.jpg

“エゴサーチ”までして、ブロック相手を探し出す執念

 河野氏が“ブロック魔”として名を馳せたのは、昨年2月のことだ。辺野古問題についての河野氏の発言や行動をTwitterで批判していた沖縄タイムス記者を、こっそりブロックしていたことが発覚したのだった。

「沖縄タイムス記者は、外務大臣として河野氏の資質を疑問視する内容のツイートをたった2回つぶやいていただけで、弾かれていた。河野氏がわざわざ『エゴサーチ』して、記者のツイートを見つけ出している疑惑も持ち上がった」(同)
「エゴサーチ」とは、ネット上で自分の名前を検索すること。前述した「恋愛相談」のツイートなども、どうやら自ら探し出しているようなのだ。ブロック事例はこの一件にとどまらず、

「その記者が、沖縄タイムスのコラムで“ブロック体験”を書いて話題になると、Twitter上では、“私も”“僕も”と次々“ブロック被害者”が名乗り出てくる事態となりました。その様子から河野氏が発信力のあるジャーナリストだけでなく、片っ端から自分が気に入らない人をブロックしていることも明らかになった。その数は、少なくともゆうに1000人を越えるとも言われています」

 防衛省の定例会見で、なぜ沖縄タイムスの記者をブロックしたのかと問われた河野氏は、「誰をブロックしているのか、いちいちそこまで見ておりません。誹謗中傷についてはブロックしています」、「個人が暇つぶしてやっているものについて、とやかく言われることはないと思います」と言って退けたのだった。

河野太郎氏が1月20日、NHKにむかってつぶやいて炎上したツイート

今も変わらぬ“ブロック癖”

 当然、一国の宰相を目指す政治家としては狭量すぎないか、との声が上がったわけだが、あれから1年経っても、河野氏が変わらず“ブロック活動”に勤しんでいたことが、最近露呈した。

(略)

2021年1月26日 掲載
https://news.livedoor.com/lite/article_detail/19591515/

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 民主主義者 2021/01/18(月) 18:48:03.68 ID:NzWkOgvc9
菅義偉首相が、新型コロナウイルスのワクチン接種担当相を新たに設け、河野太郎行政改革担当相を兼務させる方針を固めた。政府関係者が18日、明らかにした。

https://this.kiji.is/723836173899186176
no title

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 民主主義者 2020/10/17(土) 21:22:27.65 ID:rfDMk/kM9
 河野太郎行政改革担当相は17日、読売テレビの番組に出演し、中曽根康弘元首相の内閣と自民党の合同葬の費用を税金から支出することについて「政府として不断の見直しが重要」との認識を示した。

 司会者から、政府が国の予算から9600万円を支出することや、文部科学省が国立大学や都道府県の教育委員会などに弔意を表明するよう要望する通知を出したことへの見解を問われた。河野氏は「功績がある方をどうたたえるのか。あるいは多くの方の気持ちにどのように寄り添った儀式をやるのか。政府としてはそういうことを考えながら、見直しをしていくということは、大事なことだ」と話した。また国民栄誉賞や勲章、政府主催の追悼式典なども念頭に「いろんな儀式については、いろんな意見がある。時代に合わせて見ていくことは大事だと思う」と述べた。

 一方、中曽根氏が核軍縮に尽力したとして「もし私が今、外相であったなら、葬儀に合わせてINF(中距離核戦力)、中国を含めた枠組みをどう考えるかシンポジウムをやって日本から新しい発信をするチャンスがあった」とも述べた。

 合同葬は17日午後に東京都内で行われ、河野氏も参列した。【田辺佑介】

毎日新聞2020年10月17日 16時42分(最終更新 10月17日 18時47分)
https://mainichi.jp/articles/20201017/k00/00m/010/136000c

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 民主主義者 2020/10/12(月) 12:58:23.76 ID:bAv7J7gE9
[ 2020年10月12日 05:30 ]

 河野太郎行政改革担当相は11日、行政サービスのワンストップ化などの改革実現に向けて失敗を恐れずに取り組みの速さを重視する考えを強調した。

 東京都内で開かれたパネルディスカッションで「今必要なのはスピードだ。ミスが生じたら謝罪して、方向を変えればいい」と述べた。
行政手続きでのはんこ使用廃止を巡る自民党内の異論に関し「はんこ自体は大好きだ。愛読書に押印しているくらいだ」と語り、全ての押印を不要と考えているわけではないと釈明した。

https://www.sponichi.co.jp/society/news/2020/10/12/kiji/20201012s00042000031000c.html

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 民主主義者 2020/10/02(金) 12:28:26.81 ID:O9KQpppT9
https://news.yahoo.co.jp/articles/fa362ac5559b7dd3da3064508e2d90d58bad9baf

河野太郎行政改革担当相は2日の閣議後記者会見で、自身が主導する行政手続きの押印廃止に関し、
天皇陛下の公印である「御璽」は対象としない考えを示した。

御璽は詔書や法令公布文、認証官の辞令などに押されるもので、河野氏は「天皇陛下の国事行為だ」と理由を説明した。
ダウンロード

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ