デモクラシー速報

なぜか右寄りのまとめブログばかりが目立つので、それに対するバランサーとしてやっていきます。

タグ:皇室

1: 民主主義者 2021/04/30(金) 10:19:33.20 ID:ZXLRM6Z79
 手元に、日本銀行を筆頭に26社が並ぶ手書きのリストがある。昭和11年に皇室が所有していた株式のリストで、所有株数や払込額も書かれている。これが収められているのは『昭和十一年度 宮内省豫算案』という極秘文書だ。ペンで「内大臣」とあるから、当時の牧野伸顕内大臣に説明するために書かれたものだろう。

 このリストによれば、皇室が株式に払いこんだ金額は総額約6230万円。現在の貨幣価値で約1800億円(大卒初任給などと比較して2800倍に。以下同)で、ここから得られる配当収入は約150億円になる。所有株26社のほとんどが「特殊銀行」か「国策会社」だ。特殊銀行とは、特別な法律を基に設立した政府系金融機関のことで、日本銀行を含めて8行あるが、このすべてを所有している。国策会社は、南満州鉄道のように、国策を推進する目的で設立された半官半民の会社である。いずれも戦前の日本の屋台骨だ。

■総額4400億円の資産

 図は、宮内省がこれら有価証券の購入時期を表したもので、戦前の皇室財産について長年研究してきた大澤覚氏の『戦前期皇室財政統計―内蔵頭名義の公社債・株券』をもとに作成したものだ。

…続きはソースで。
https://bunshun.jp/articles/-/44957
2021年4月29日
no title

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 民主主義者 2021/04/09(金) 20:41:28.92 ID:NeyOmPQ29
7日の『ABEMA Prime』では、今回の有識者会議のメンバーでもある八木秀次・麗澤大学教授に話を聞いた。

(略)

■「旧宮家の皇籍復帰」論も

一方、「女系天皇」「女性天皇」に対し、旧皇族である旧宮家の“男系男子”を皇室に復帰させるべきだ、との主張もある。これについて八木教授は、次のように説明する。

「男系継承を続けていくのはものすごく難しいことなので、かつては祖先を同じする、別の血筋の系統が用意されていた。例えば後桃園天皇の系統は男系が途絶えてしまったため、曽祖父にあたる東山天皇の弟の男系の孫にあたり、7親等も離れた光格天皇が跡を継いだ。皆さん、ひいおじいさんの弟の孫に会ったことはあるだろうか。しかし、これが男系継承ということだ。

(8日)の有識者会議でも議論が出たが、室町時代に分かれた伏見宮の系統があり、例えば明治天皇には内親王が4人いたが、いずれも伏見宮の系統の皇族と結婚されている。いずれの宮家も昭和22年10月に皇籍離脱によって民間人になったが、今も子孫は存在している。そこから継承してくるという考え方もあるということだ」。

ただ、そうまでして守りたいものは何なのか、そしてジェンダーの問題が世界的に注目を集める中、日本国民が女系天皇、あるいは女性天皇を認めることが様々なメッセージになりうる、あるいは認めないことが男性優位、男尊女卑の社会を残すというメッセージになりうる、という意見もあるだろう。

アメリカ合衆国出身のパックンは「日本の憲法には、“天皇は国民の象徴だ”と書いてある。その国民の半分は女性だし、国民の7割以上が女系天皇、女性天皇を認めるべきだと答えている。自分たちの象徴には誰がふさわしいかと国民に聞けば、顔も見たことのない伏見宮家の子孫よりも、天皇陛下の娘であり、子どもの頃から見守ってきた愛子さまの方が納得できるのではないか」と疑問を呈する。

これに対し、慶應義塾大学の若新雄純・特任准教授は「パックンの仰っていることは極めてまともで賢い、現代的な意見だと思う。僕も合理的、論理的に考えれば、基本的にはパックンと同じ考えになるだろうし、そもそも僕は古いものが嫌いで、そういうものは全て壊して皆が自由に生きるべきだと考えるタイプだ。

ただ、この“象徴”というのは、そもそも国の起源や国家、国民とは何か、何によって日本という国を国たらしめているか、というところにポイントがあるのだと思うし、そこには非合理・非論理的で、説明できない部分が出てくる。そして、“そういうものなんだ”ということによって国が分裂しないようにするシステムの存在も重要だ。

もちろん、総理大臣など時の政権を選ぶ場合は、フェアで合理的で、みんなが納得できる方法にすべきだ。しかし歴史上、政府が分裂し、どっちに正統性があるかという時には、時の天皇がどちらを任命するか、ということが担保になってきた。例えば将来、政府が分裂して、お互いに“こっちが日本だ”と主張したとする。ここで女系天皇もアリになっていたとすると、どこかの誰かを担ぎ出してきて、“何をもって天皇とするか”という争いにもなってしまう。そうならないためにも、あえて賢くないやり方で保っておくということだと思う。そこに一抹の美しさや伝統のみたいなものを感じるかどうか、ということだろうし、その点で、僕は今の制度に賛成だ」と反論。

八木氏は、むしろ“男系継承”にこそ合理性があるのだと強調、「これも有識者会議で議論になったことだが、日本国憲法14条1項ではジェンダー平等も含めた法の下の平等を定めた規定だが、憲法の第1章が定める天皇の規定全体はその例外で、別の制度、枠組みだと理解するのが多くの憲法学者、そして政府の見解だ。そう理解しなければ、システム全体を完全に組み替える必要があり、場合によってはシステムそのものが壊れるということになる。世論調査では7割以上の国民が女系天皇、女性天皇に賛成していると言うが、ほとんどの人が説明してきたような皇位継承の仕組みをよく知らないまま答えているという問題があると思う」と主張した。(ABEMA/『ABEMA Prime』より)

全文はソース先で

no title

no title


2021.04.09 19:48
https://times.abema.tv/news-article/8653547

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 民主主義者 2021/04/09(金) 17:02:20.71 ID:pL4fwRvh9
https://this.kiji.is/753148035525967872?c=39546741839462401

秋篠宮家の長女眞子さまと婚約が内定している小室圭さんが公表した文書について、
宮内庁は9日、「文書を読まれていろいろな経緯があったことを理解してくださる方がいらっしゃればありがたい」
との眞子さまのコメントを明らかにした。
no title

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 民主主義者 2021/03/25(木) 17:53:15.06 ID:YqfJ0fxt9
https://sn-jp.com/archives/33867
蓮舫氏、旧皇族の皇籍復帰疑問視 「国民の理解得られない」

▼記事によると…

・立憲民主党の蓮舫代表代行は24日の記者会見で、安定的な皇位継承策を巡り、旧宮家(旧皇族)男系男子子孫の皇籍復帰に疑問を呈した。「旧皇族が突然皇籍を取得して国民から自然な理解を得られるのか」と述べた。

・女性皇族が結婚後も皇室に残る「女性宮家」創設などについて、政府に速やかな検討を求めていたとして「立法府の意思は女性宮家だと理解している」と強調した。

3/24 16:18
https://this.kiji.is/747349852877668352

【関連記事】共産・穀田国対委員長、旧宮家男系子孫の皇籍復帰「戦前回帰許されない」

▼記事によると…

・共産党の穀田恵二国対委員長は24日の記者会見で、安定的な皇位継承策を議論する政府の有識者会議が専門家から意見を聴取する項目に、旧宮家(旧皇族)男系男子子孫の皇籍復帰の是非が含まれたことを批判した。「はっきり言って時代錯誤だ。戦前の考え方に戻るようなことは許されない」と述べた。

2021.3.24 13:49
https://www.sankei.com/politics/news/210324/plt2103240010-n1.html
>>『産経新聞』のご購読お申し込みはこちら

(略)

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 民主主義者 2021/03/17(水) 11:40:17.21 ID:MARvFNuX9
 安定的な皇位継承を検討する政府の有識者会議が、来週に初会合を開く。
2019年4月30日の天皇退位後、「速やか」に検討に着手すると与野党で合意していたが、2年遅れで始まる。
将来の皇位継承資格者が秋篠宮さま(55)の長男悠仁さま(14)だけという状況の中、早期の結論に向けた機運は盛り上がっていない。

 加藤勝信官房長官は会議の設置を発表した16日の記者会見で
「女性皇族の婚姻等による皇族数の減少等への対応は、さまざまな考え方があると承知している」と述べ、意見集約が難しいことをにじませた。

 現行制度は皇位継承資格を「男系男子」に限る。天皇陛下(61)の長女愛子さま(19)ら女性皇族が結婚後も皇室に残る「女性宮家」の創設が焦点だが、
父方が天皇の血を引かない「女系天皇」が将来誕生する可能性があるとして、自民党保守派は反発する。
このため安倍晋三前政権では議論を先送りし、その間に新型コロナウイルスが感染拡大して、さらに着手が遅れた。

 17年にほぼ全会一致で成立した退位特例法の付帯決議は、退位実現後「速やか」に検討に着手するよう政府に求めた。
これに沿ってようやく政府は検討を始めるが、菅義偉首相に近い中堅議員は「付帯決議があるので、姿勢を示すために会議を作るだけ」との見方を示す。

保守系議員も「会議を始めるだけで、結論はすぐには出ない」と話す。
年内に衆院議員が任期満了を迎えるため、選挙前に自民党保守派が反発する女性宮家には踏み込みにくい。
こうした状況を踏まえ、加藤氏も会見で「スケジュールありきではなくて、落ちついた議論をしっかり行っていただきたい」と語った。

 自民党保守派は、戦後に皇籍離脱した旧宮家の血を引く男系男子を皇籍復帰させる案を主張する。
ただし、官邸幹部は「現実的ではない」と慎重だ。政府・自民党内では、意見集約せずに女性宮家と旧宮家復帰を両論併記する案も取り沙汰されている。【野口武則】

https://news.nifty.com/article/domestic/society/12159-0316m040173/

■参考
女性・女系天皇 「支持」が高く 天皇に「親しみ」58%
https://www.tokyo-np.co.jp/article/14232

Q 「女系」天皇を認めることに賛成か? 賛成が71%
https://www3.nhk.or.jp/news/special/japans-emperor6/opinion_poll/#mokuji8

「容認」7割超、女性天皇も女系天皇も 朝日世論調査
https://www.asahi.com/articles/ASM4H42NFM4HUTIL00P.html

【産経・FNN合同世論調査】女系天皇と女性宮家に「賛成」64%
https://newspicks.com/news/3888794/

「女系天皇」に賛成ですか?反対ですか? 賛成74%
https://news.tbs.co.jp/newsi_sp/yoron/backnumber/20191109/q7-2.html

「女性天皇」に賛成、8割超える 世論調査
https://www.afpbb.com/articles/-/3251822

菅原氏「議員辞職を」48% 女性天皇81%が賛成 共同通信の世論調査
https://www.nishinippon.co.jp/item/o/554487/

男系男子「こだわらぬ」8割弱=自民支持層でも7割―皇位継承に関する時事世論調査
https://www.nippon.com/ja/news/yjj2019111500908/
no title

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ