デモクラシー速報

なぜか右寄りのまとめブログばかりが目立つので、それに対するバランサーとしてやっていきます。

タグ:財務省

1: 民主主義者 2020/09/27(日) 13:05:23.23 ID:iQPECC+W9
【森永卓郎の本音】官邸に財務省復権で緊縮財政へ
9/27(日) 12:00配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/5de6ed97b7cf7dbe10706e705ad7f488bee214b1

 メディアは、菅新内閣の閣僚の顔ぶれと、そこから見通される政策の方向性について熱心に報道している。しかし、多くの派閥の支援を受けて誕生した菅首相に、思い切った閣僚人事ができるはずがない。総裁選での支持の見返りに、各派閥にポストを割り当てなくてはいけないからだ。

 ただ、菅首相が自由にできた人事がある。それが、官邸官僚の人事だ。総理大臣は霞が関から送り込まれた6人の秘書官に囲まれている。安倍政権の時は、今井尚哉政務秘書官を筆頭に、財務省、外務省、経産省、防衛省、警察庁出身の5人の事務秘書官がいた。彼らは、国の基本政策に強い影響力を行使している。なかでも、影の総理とも呼ばれるほどの実力者だったのが今井氏だった。

 第2次安倍政権が発足する前の首相官邸は、財務省が最も大きな影響力を持っていた。しかし、安倍前首相は、自民党内では数少ない「反財務省」の政治家だ。財務省を抑え込むために、経産省出身の今井氏を官邸官僚トップに据えて、官邸を経産省支配に変えたのだ。

 しかし、安倍政権末期になると、今井氏は暴走を始める。特にコロナ対策では、菅官房長官を蚊帳の外に置いて、独断専行をした。不評三点セットと呼ばれたアベノマスク、星野源氏と総理をコラボさせた動画、そして困窮世帯に限った30万円給付は、今井氏が主導した。学校の一斉休校も今井氏が主張したものだ。

 菅首相は、早速今井氏を始めとする安倍前首相を支えてきた経産省出身の官邸官僚を退任させた。官邸の経産省支配は終わったのだ。

 その結果、私は官邸内で財務省が復権すると考えている。その後に待ち受けているのは、歳出カットと大衆増税の緊縮財政だ。(経済アナリスト)

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 民主主義者 2020/07/21(火) 19:09:14.86 ID:jVjhGsGv9
 森友学園への国有地巨額値引きを巡る公文書改ざんで命を絶った財務省近畿財務局の赤木俊夫さんの妻、雅子さんに対し、安倍首相の妻、昭恵さんが、無料通信アプリ「LINE(ライン)」で「いつかお線香あげに伺わせてください」と伝えていたことが分かった。

 安倍昭恵さんは6年前、森友学園が小学校開設を目指していた国有地を、籠池泰典理事長(当時)夫妻と訪れ、「いい土地ですね」と述べて3人で記念撮影をしたことが知られている。籠池氏がこの写真を近畿財務局に見せると、対応ががらりと変わったという。

◇   ◇   ◇
 夫の死を招いた公文書改ざんの原点に、昭恵さんがいると感じた雅子さんは、昭恵さんに手紙を送った。さらにLINEがつながった上で「赤木雅子です。お返事いただけましたらうれしいです。よろしくお願いします」というメッセージを送った。

 すると昭恵さんから「お手紙のお返事をせず、申し訳ありません。ご主人様のご冥福を心よりお祈り申し上げます」と返事が届いた。昭恵さんからの返事はこれが初めてだった。

 雅子さんがすぐに「お手紙読んでいただきましたでしょうか」と送ると、「はい」と一言返ってきた。雅子さんは「どうお感じになられましたでしょうか」と返したが、これには返事がなかった。

 そこで雅子さんはもう一度手紙を送り、LINEの返事がうれしかったと伝えた上で再び送信。「コロナやいろんなことがおさまったら、ぜひ神戸の自宅にお越しください。夫が喜ぶと思います」

 すると返事が来た。「お手紙ありがとうございます。ラインがご本人かも確信がなく、内容がマスコミに報じられるのではないかと疑っていました。いろいろなことが重なり、人を信じられなくなるのは悲しいことですがご理解ください」

 この前月、コロナ禍の中、昭恵さんが大分旅行をしていたことが週刊誌で報じられ批判を浴びたばかりだった。

 雅子さんは返信した。「感激です。大変な中お返事をありがとうございます。昭恵さんの温かいお人柄は素敵(すてき)な笑顔から分かりました。マスコミの報道に負けないでください! お返事はご無理なさらないでください」

 すると昭恵さんをモデルにしたスタンプとともに、「いつかお線香あげに伺わせてください」という返事が来た。雅子さんが「ありがとうございます。夢のようです」と返すと、「雅子さんもどうぞお元気で!」と返ってきた。

◇   ◇   ◇
 ところが、その後は返信が来なくなった。雅子さんは9日、昭恵さんにLINEを送った。

 「7月15日の裁判に合わせて本を出します。その本の中で、昭恵さんとのLINEのことも出させていただきました。ぜひ本を読んで、夫のことを知っていただきたいです。そうすれば本当のことを話すべきだと、感じていただけると思ったからです」

 本とは『私は真実が知りたい 夫が遺書で告発「森友」改ざんはなぜ?』のこと。メッセージは既読になったが返事はない。

 一連のやりとりについて雅子さんは「昭恵さんも男社会の頂点にいる夫の妻として一生懸命だったんだろうけど、首相夫人として法廷で真実を話してほしい。『お線香あげに伺わせてください』という約束は、亡き夫が喜ぶだろうからぜひ実現してほしい」と話している。



昭恵さんから届いたLINE(赤木雅子さん提供)
no title



大阪日日新聞 2020年7月18日
https://www.nnn.co.jp/dainichi/news/200718/20200718035.html

引用元: ・【財務省職員自殺問題】「いつかお線香あげに…」 昭恵夫人からLINE [アルカリ性寝屋川市民★]

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 民主主義者 2020/07/07(火) 20:47:23.76 ID:yqiTPi2W9
《森友問題で虚偽答弁して官邸を守り、その言い訳に「価格と金額は違う」って言った人が財務省トップに出世だって。日本の行政は腐り果ててるね。》
《論功行賞的な?》

【写真】太田氏は虚偽答弁をしていると3回にわたって名指しで批判されている

7月7日、読売新聞などが、財務省の事務方トップである財務次官に太田充主計局長(60)が内定したことを伝えると、ツイッター上は騒然となった。
学校法人森友学園への国有地の不正な払い下げ疑惑が発覚した時、太田氏は国有財産を管轄する理財局の局長として、問題の火消しに奮闘。
そのためには、強引な答弁や虚偽とみられかねない答弁を国会ですることをいとわなかった人物だ。

森友学園との価格交渉を記録したテープの存在が発覚し、「価格について財務省から提示したこともない」という佐川宣寿元国税庁長官(62)の答弁が
虚偽だという疑いが濃厚になったとき、太田氏は国会でこう言い放った。

「金額についてはやりとりがございました。価格については、先ほど来申し上げている予定価格ということで御答弁を申し上げております」(2017年11月28日衆議院予算委員会)

“金額”についてのやりとりはあったが、佐川氏が言っていたのは“価格”なので虚偽答弁にあたらないと強弁し、顰蹙を買った。

■元職員・赤木さんの手記でも名指しで批判

財務省近畿財務局の職員で、2018年3月に公文書改ざんに手を染めさせられたことを苦に自ら命を絶った赤木俊夫さん(享年54)の手記でも、
太田氏は虚偽答弁をしていると3回にわたって名指しで批判されている。


『平成30年1月28日から始まった通常国会では、太田(現)理財局長が、前任の佐川理財局長の答弁を踏襲することに終始し、国民の誰もが納得できないような“詭弁を通り越した虚偽答弁が続けられているのです。”』

結局、嘘に嘘を重ねた答弁を維持できず、財務省は公文書の改ざんや事実と異なる国会答弁があったことを認めて陳謝することになるのだが、
その矢面に立ったのも、太田氏だった。

「事実と異なることを答弁をしておりました。誠に申し訳ありません」(2018年5月28日参議院予算委員会)

2018年6月、一連の問題を受けて、「文書厳重注意」を受けた太田氏。だが、“森友問題の守護神”として汚れ役を買って、
政権を擁護し続けた“功績”を安倍政権は忘れていなかったのかもしれない。

黒川弘務前検事長(63)をはじめ、政治主導の名のもとに、政権に貢献した官僚を出世させているという批判を受けてきた安倍政権。
ツイッター上では、太田氏の人事にも批判が殺到している。

《『森友学園』で証拠を隠したり、嘘を付き通した人物を財務省のトップ官僚である財務次官に就任させる。
安倍首相を守った功績で恣意的人事が許されるの?》
《佐川宣寿 前国税庁長官同様、安倍政権の味方をした人(虚偽答弁含む)は出世するんだね》

そーす
https://news.yahoo.co.jp/articles/409969ed1d9940a61e4827b63e063a925be85cc0

引用元: ・【安倍人事】次期財務次官は“森友の守護神”太田氏 虚偽答弁繰り返し「価格と金額は違う」発言も 論功人事と批判殺到(女性自身) [ramune★]

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 民主主義者 2020/07/07(火) 07:07:58.44 ID:KAtBHw0br0707● BE:455169849-2BP(3222)
\【独自】財務次官に太田主計局長、月内にも発令
https://www.yomiuri.co.jp/politics/20200707-OYT1T50050

no title

引用元: ・太田主計局長が財務次官へ栄転 森友問題で野党の攻撃から見事に安倍首相を死守した功績を称えて! [455169849]

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 民主主義者 2020/07/06(月) 08:38:27.65 ID:3pWkaPXS9
 「いま思えば、初めから他の省庁にはやらせないという流れだったんだろう」

 農林水産省のある幹部は3月ごろに目にした文書を思い返す。政府は当時、新型コロナウイルス対策の検討を進めていた。

 「国土交通省はJTBのことばかり。農水省は外食産業のことを考えていない」

 文書は、観光業や飲食店などを支援する消費喚起策「Go To キャンペーン」について、観光を受け持つ国交省と飲食店を所管する農水省の視野の狭さを揶揄(やゆ)する内容だった。首相官邸や財務省の周辺で出回っていたといい、その内容から、出どころは「Go To」事業の一部を担うことになる経済産業省とみられていた。

主計局「ほとんど知らされないまま」
 そんな見方を裏付けるように、1次補正予算で1・7兆円が計上された「Go To」事業のまとめ役は経産省に決まり、全体事務局を同省が公募することになった。メインの観光振興を担う国交省も飲食店支援を担う農水省も検討過程にほとんど関与できなかった。「相談があればもっと丁寧な制度設計ができた」。そう悔やむ国交省幹部は、制度の詳細が内閣官房から下りてきたと証言する。

 経産省が主導した事務局公募は結局、最大3095億円という巨額な事務委託費が批判されて中止になり、支援分野ごとに各省庁がそれぞれ事業を進めることになった。赤羽一嘉国交相は周囲に「最初からこうすべきだった」と話し、経産省への不快感を隠さなかったという。2次補正予算に入った家賃支援制度も、所管は経産省。これも、不動産政策を担う国交省に連絡があったのは、内容がほぼ決まった後だった。

 こうした補正の目玉事業を取り…(以下有料版で,残り1874文字)

朝日新聞 2020年7月6日 7時00分
https://www.asahi.com/articles/ASN746WRCN74ULFA005.html?iref=comtop_8_05

引用元: ・【朝日】財務官僚も嘆いた「めちゃくちゃだ」 巨額補正の舞台裏 [蚤の市★]

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ