デモクラシー速報

なぜか右寄りのまとめブログばかりが目立つので、それに対するバランサーとしてやっていきます。

タグ:財政

1: 民主主義者 2021/09/19(日) 08:36:27.73 ID:zjH+lP4j9
 2022年度予算編成で、各省庁からの概算要求が31日、出そろった。一般会計の要求総額は111兆円台となる見通しで、4年連続で過去最大となる。高齢化で社会保障費が増加し、新型コロナウイルス対策に伴い国の借金返済や利払いに充てる国債費は膨張。現時点で金額を示さない「事項要求」が目立ち、年末の予算案は歳出総額が10年連続で過去最大を更新する公算が大きい。

社会保障費の圧縮急務 現役負担、なお重く―高齢者医療費引き上げでも

 社会保障費の自然増などを背景に、厚生労働省の要求額は過去最大の33兆9450億円。財務省は予算編成過程で医療費などの自然増の抑制を求める方針だ。財務省は国債費を過去最大の30兆2362億円要求。21年度予算で5兆円を計上したコロナ対策の予備費は事項要求として規模を調整する。防衛省は5兆4797億円を求め、事項要求を含めればさらに規模が膨らみそうだ。
 コロナ関連では、厚労省がコロナ患者を受け入れる医療機関が病床を確保するための支援金創設を事項要求。文部科学省はワクチン開発の研究開発拠点の形成に66億円を求めたほか、学校の感染症対策を事項要求として盛り込んだ。
 菅義偉政権は、脱炭素化、デジタル化、地方創生、子育て支援の4分野に予算を重点配分する方針だ。デジタル庁は情報システムの整備や運用に5303億円を要求。経済産業省は電気自動車(EV)などの購入経費を支援する補助金として335億円、農林水産省は農林漁業者の環境対応のための技術開発経費として65億円をそれぞれ求めた。
 国土交通省は、治水対策の推進に5401億円を求めたほか、国土強靱(きょうじん)化の5カ年対策に関する費用などについて事項要求として上積みを探る。
 コロナ禍を受け、21年度予算の一般会計総額は106兆6097億円(概算要求総額は105兆4071億円)と過去最大を更新した。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021083101015
no title

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 民主主義者 2021/09/07(火) 19:15:36.01 ID:KEwfe1/x9
 麻生太郎財務相は7日の閣議後会見で、自民党総裁選の立候補の意向を固めている河野太郎行政改革相の評価について問われ、
「閣僚が閣僚に対する批判をこの場でいうなんてことは考えられん」と述べ、言及を避けた。
ただ、菅内閣の経済財政政策の総括に関する質問に答える形で、河野氏が主導した行政手続きでの押印廃止に言及。
「はんこなしの書類が出てくることになった時代というのは、これは革命的な話に近いくらい。
これによっていろんな意味での波及効果があった」と手腕を評価してみせた。


 河野氏は麻生派に所属。菅義偉首相が自民党総裁選への不出馬を表明した後から、
財務省にいる麻生氏をたびたび訪れ、総裁選立候補についての意見を交わしている。

 会見では総裁選をめぐり、財務相として、財政健全化などの観点から立候補が取りざたされる政治家の政策をどう見るかも問われた。
麻生氏は「経済の再生というものと財政の健全化とを両立させないかん。
歳出とか、歳入とかいう両方の面を考えてしっかり取り組んでいくという人が一番いい」と回答。
理由として、財政への信認が失われると、為替が急に円安になり、
インフレがおきるなど国民生活への影響が出るためなどと説明した。(吉田貴司)

https://www.asahi.com/articles/ASP975CVVP97ULFA01J.html
no title

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 民主主義者 2021/07/30(金) 17:29:59.27 ID:TySFcWJL9
no title


過去最大30兆円超を繰越、公共事業やGOTOで未消化-20年度予算
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20210730-10400002-bloom_st-bus_all

(ブルームバーグ): 2020年度の国の一般会計予算で実際には使われなかった繰越額は過去最大の30兆7804億円となった。新型コロナウイルス感染症への対応で過去最大となる予算を計上したものの、5分の1を21年度以降に繰り越す結果となった。

財務省によると、感染拡大で公共事業や観光支援策「GoToトラベル」などの執行が計画通り進まなかったほか、手続きに時間のかかる事業者支援関連予算の未消化が目立った。予算では175兆6878億円を見込んでいた20年度の一般会計の歳出総額は、決算上147兆5973兆円にとどまった。

一方、当初予算で106兆6097億円を見込む21年度の一般会計の歳出総額には、繰越額の一部が上乗せされる。税収上振れで過去最大となった純剰余金4.5兆円は、国債償還分を除き補正予算の財源などに充てられる。

時事通信は29日、菅義偉首相は、追加経済対策の取りまとめを近く政府・自民党に指示する方針だと報じた。

エコノミストの5割は、衆院選を前に少なくとも20兆円規模の経済対策を取りまとめる可能性が高いと予想。成長戦略会議で議員を務める竹中平蔵慶応大学名誉教授は、需給ギャップを踏まえると、補正予算は10兆-30兆円が妥当との見解を示していた。

(c)2021 Bloomberg L.P.

関連記事
20年度の繰越金30兆円超 コロナ補正で過去最大
https://nordot.app/793662352901849088

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 民主主義者 2021/07/28(水) 08:24:41.88 ID:ZnweTiVe9
厚生労働省は雇用保険の保険料率を引き上げる検討に入る。新型コロナウイルス感染拡大で雇用調整助成金の給付が増え、財源が逼迫しているためだ。国費投入のほか、企業や働く人の負担も増える。フリーランスの働き手の拡大など、働き方が多様化する中で財源の確保策とともに、雇用の安全網をどういう中身にしていくかも課題となっている。

…続きはソースで(会員記事)。
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA216MN0R20C21A7000000/
2021年7月28日 2時00分
no title

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 民主主義者 2021/04/21(水) 14:36:18.34 ID:1oofQJmd9
 政府が6月に策定する経済財政運営の基本指針「骨太の方針」で、
国と地方の基礎的財政収支(PB)を2025年度に黒字化する目標を堅持する方針であることが20日、明らかになった。

 新型コロナウイルス感染拡大に伴う歳出拡大と税収減で目標達成は極めて厳しいが、
財政への信認維持のため歳出・歳入改革に取り組む姿勢を改めて強調する。

 PBは政策経費を借金に依存せず、税収でどれだけ賄えているかを示す指標。
26日にも開く経済財政諮問会議(議長・菅義偉首相)で議論を本格化させる。

 政府は18年6月、PB黒字化の目標時期を25年度に設定。
社会保障費抑制などの歳出改革で、21年度のPB赤字の対名目GDP(国内総生産)比率を1.5%程度に下げる中間指標も決めた。
ただ、コロナ対策のための大型補正予算編成で21年度のPB赤字はGDP比7.2%と、足元では財政悪化が急速に進む。

 一方、内閣府は今後名目3%超の高い成長率を実現し、歳出改革の取り組みを続ければ26年度の黒字化が視野に入るとみる。
この場合でも25年度には2兆円程度の赤字が残るが、「成長率を着実に高めて税収を引き上げれば、消せない赤字額ではない」(内閣府幹部)という。 
https://news.yahoo.co.jp/articles/e59e6f5090410b918d3e2f9cff857b2b171ff993
no title

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ