デモクラシー速報

なぜか右寄りのまとめブログばかりが目立つので、それに対するバランサーとしてやっていきます。

タグ:韓国

1: 民主主義者 2020/11/03(火) 20:29:28.83 ID:X+G6SYHJ9
【ソウル聯合ニュース】韓国外交部は3日にソウルで開催された国際原子力機関(IAEA)との高官級政策協議会で、東京電力福島第1原発の処理済み汚染水(日本政府の名称は「処理水」)について、透明かつ安全な手続きにのっとって処理されるためにIAEAが役割を果たすよう要請した。

 外交部は同問題が日本の周辺国や国際社会全体の安全と環境に影響を及ぼす重大な事案であることを強調した。

 また日本政府が汚染水処理に関する方策を講じ、放出するまでの全ての過程でIAEAが透明性の確保や安全性の検証などの面で、積極的な役割を果たすよう要請した。

 これに対しIAEA側は同問題の重要性を理解しているとし、関連国との緊密な協議などを通じ、汚染水処理の全過程で関与を続けていく予定と説明した。

 双方は北朝鮮の核施設などに対するIAEAの検証準備態勢を巡る協力についても協議した。

 協議会は2013年に初開催され、今回で9回目。この日の会議には韓国から外交部の咸相旭(ハム・サンウク)多者外交調整官、IAEAからアパロ事務次長が出席した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/6dec641cc9cfdc38939be32bc3c9d5175228d6ff

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 民主主義者 2020/10/20(火) 18:45:40.06 ID:CUudqxzz9
昨年の韓国の平均賃金は4万2300ドルで、経済協力開発機構(OECD)加盟国・地域のうち19位だった。

 国会企画財政委員会のヤン・ギョンスク議員(共に民主党)が11日、韓国銀行とOECDの資料を分析した結果、昨年韓国の平均賃金は4万2300ドル水準で、加盟35カ国・地域のうちトルコ、コロンビアを除いて19位にランクインしたという。

 2003年にはOECD加盟国・地域の平均賃金は4万2800ドルだったが、昨年4万8600ドルに増加し、韓国の平均賃金は加盟国・地域平均の75%から2019年には87%水準へとアップした。

 2019年を基準として韓国の購買力基準の平均賃金は16年間に1万200ドルアップし、増加率31.8%だった。一方、同期間に1人当たりの国内総生産(GDP)は1万4673ドルから1万7009ドル増の3万1682ドルとなり、増加率は115.9%だった。


 なお、OECD加盟国・地域のうち平均賃金が最も高い国は6万870ドル水準のルクセンブルクで、以下、アイスランド、スイス、米国、デンマークなどが上位にランクインした。ドイツ(11位)、カナダ(12位)、英国(14位)、ニュージーランド(18位)が中位圏に属し、日本は3万860ドルで24位だった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/02acf30aced61441a01d6e5017ee86b4bc61f6f3
no title

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 民主主義者 2020/10/08(木) 17:04:12.44 ID:8uVEXP3t9
【ソウル共同】韓国の電機大手サムスン電子が8日発表した7~9月期連結決算(暫定集計)は、本業のもうけを示す営業利益が前年同期比58.1%増の12兆3千億ウォン(約1兆1260億円)となった。売上高は6.45%増の66兆ウォン(約6兆円)で2017年10~12月期の65兆9800億ウォンを超え歴代最高となった。聯合ニュースが伝えた。

 聯合は、新型コロナウイルスや米中貿易摩擦の影響が続く中、モバイルやテレビ、家電などの部門が好調だったとの評価が出ていると伝えた。サムスンは部門別の実績は発表していない。

https://news.yahoo.co.jp/articles/d7c6fdf25b0b53982c1dec052bb1d9a6221de36e
no title

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 民主主義者 2020/09/12(土) 20:10:36.18 ID:46tHQcxa9
日本と韓国の「一人当たりGDP」

 国の経済の規模を単純に比較する場合にはGDPを見ればいいが、国民の生活の豊かさを測る場合には、GDPを人口で割った数値である「一人当たりGDP」の方が適当である。韓国の一人当たりGDPは1953年には66ドルに過ぎず、当時の韓国は最貧国の一角を占めていた。

国連による一人当たりGDPのデータによれば、1970年の韓国は279ドルであり、187の国・地域のうち126位であった。ちなみに北朝鮮は386ドルで104位であり、この時期においても韓国は貧しい国のひとつであったと考えられる。

 しかし1980年には1708ドルで85位となり、上位半分にランクされるまでになり日本との差も縮まった。さらに1990年は6508ドルで56位、2000年は1万1852ドルで48位、2010年は2万3087ドルで37位と着実に順位も上がってきた。1994年に1万ドル、2006年に2万ドルを超え、2017年には3万ドルを超えた形である。

 IMFのデータによると、2020年の韓国の一人当たりGDPの推計値は3万1246ドルで、世界191カ国・地域のうち31位、東アジア諸国ではシンガポール、日本に次いで第3位となっている。

 日本と比較すると、日本は円高の影響もあり1985年から1990年頃にかけて韓国を引き離した時期もあったが、その後は日本経済が停滞する一方で韓国の一人当たりGDPは着実に増加し、現在は差が大きく縮小している。具体的に言えば、1990年における日本の一人当たりGDPが2万5380ドルであったのに対し韓国は6733ドルであり、日本を100とすれば韓国は27に過ぎなかった。

 一方、2020年には日本が4万3043ドル、韓国は前述のとおり3万1246ドルであり、日本を100とすれば韓国は73にまで追い上げている。ただしこの数値は、日韓の一人当たりGDPは差が縮まったものの、韓国が日本を追い越すにはまだ時間がかかることも意味している。



2024年まで差は広がる
 IMFは購買力平価でドルに換算した各国の一人当たりGDPを公表しているが、2020年では日本が4万6827ドル、韓国が4万6452ドルであり、日韓の間でほぼ差がない状況にある。そして、2021年以降は韓国が日本を抜き去り、数値が公表されている2024年まで韓国が差を広げていく。

 この数値については、日本は2017年時点、韓国は2018年時点での予測値である。よって新型コロナウィルス感染拡大の影響は反映されていない。しかし2020年に日韓両国とも経済成長率が大きく低下したことを勘案すれば、両国の2020年の一人当たりGDPは過大に推計されていると考えられる。日韓両国とも過大に推計されているので相対的な位置づけは変わらず、日韓の間でほぼ差がなく、2021年に韓国が日本を抜き去ることにも変わりがないと考えられる。

 為替レートでドル換算した一人当たりGDPでは、日本はまだ韓国より豊かであると錯覚しがちだが、購買力平価で換算することで実際の豊かさを比較すれば、現時点では日韓には差がない状況であり、今後は韓国の方が豊かになる。韓国は日本を追いかける国というイメージがあったが、振り返るとすぐ後ろに韓国が走っており、日本を抜き去ろうとしている。

全文はソース元で
https://news.yahoo.co.jp/articles/4864dcc5c88abc3d8c420264b974a341697c9a11
https://amd.c.yimg.jp/amd/20200912-00075574-gendaibiz-000-5-view.jpg

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 民主主義者 2020/08/12(水) 18:35:11.29 ID:Ylh5lhlV0 BE:536779938-2BP(1000)
https://jp.yna.co.kr/view/AJP20200811000300882
韓国の康京和(カン・ギョンファ)外交部長官とドイツのマース外相は10日(現地時間)、ベルリンで外相戦略対話を行った。
マース氏は主要7カ国首脳会議(G7サミット)への韓国の参加を歓迎したが、ロシアについては反対する意向を示した。

マース氏は戦略対話後の記者会見で、「今秋、G7サミットが開催される場合、韓国の参加を歓迎する」とし、「韓国は国際的に重要な国」と述べた。
ただ、G7の拡大は国際社会で踏み込んだ議論が必要との考えを示した。

これに対し、康氏は「韓国は新型コロナウイルスへの対応で模範を示し、国際社会への寄与度が大きい」として、「G7を拡大する問題は国際社会の枠組みの中で議論を経て進展を成し遂げなければならない」と述べた。

一方、康氏は米国がドイツ駐留米軍を削減する計画を発表したことについて、「韓国とドイツにとって米国は安全保障政策で非常に重要な軸であり、
ドイツ駐留米軍の削減問題を注意深くみている」としながらも、「在韓米軍の削減問題はまったく議論していない」と述べた。

両氏は新型コロナウイルスの影響で両国が外国人の入国を制限している中で、人の移動を円滑化する方策についても意見交換した。

また、北朝鮮の対話復帰や朝鮮半島の平和プロセス進展のため、協力を強化することで一致した。

康氏は産業通商資源部の兪明希(ユ・ミョンヒ)通商交渉本部長が世界貿易機関(WTO)の次期事務局長選挙に立候補したことに関し、支持を要請した。

康氏が海外での対面外交を行うのは新型コロナウイルスの感染拡大が本格化した2月末以来となる。

両国は2017年7月、文在寅(ムン・ジェイン)大統領がドイツを訪問した際、外相戦略対話の開催に合意した。18年7月にソウルで1回目の戦略対話を開いた。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ