デモクラシー速報

なぜか右寄りのまとめブログばかりが目立つので、それに対するバランサーとしてやっていきます。

タグ:高橋洋一

1: 民主主義者 2021/06/08(火) 13:31:42.34 ID:s4aCbkg19
https://www.zakzak.co.jp/soc/news/210608/dom2106080003-n1.html

(全文はリンク先を見てください)

政府は国産ワクチンの開発・生産体制を強化するとして、拠点整備などを行う国家戦略を閣議決定した。
 今回の新型コロナウイルスの対応については、大国では官民で巨額な資金が投入され、1年もたたないうちに
ワクチンが完成した。ワクチンは生物兵器の防御として軍事的な研究の厚みがものをいうので、軍事大国ほど開
発が速かった。日本は軍事大国ではない上、日本学術会議が軍事研究を事実上禁止し、重要な基礎研究が十分に
できなかったという事情もある。
 加えて、日本では1970年代頃から、マスコミがワクチンの副反応を社会問題としてたびたび取り上げた。
反ワクチン運動による多くの訴訟が起こり、国の敗訴も多かった。
 厚生省(当時)は1994年に予防接種法を改正し、ワクチンは義務接種から任意接種に変更された。それま
でもワクチン接種率は低下し新規ワクチン開発も停滞していたが、法改正は国内メーカーのやる気を大いにそい
だ。80年代まで日本はワクチン輸出国だったが、今や輸入国になっている。歴史を振り返ると、水痘、日本脳
炎などのワクチンは日本が世界に先駆けて開発したものだ。
 そうした歴史に加えて、今回のコロナ禍で日本は比較的感染者数が少なかったので、国の承認を得るために必
要な臨床試験(データを集めるための人に対する試験)を十分に行うことができなかった。
日本も、いくつかの会社が民間技術で頑張っているが、スピードではかなわない。関係者に聞くと、軍事大国で
開発されたワクチンは、自動車に例えると「F1」だという。最高技術をえるために巨額の資金投下をしている
からだ。一方、日本企業が目指しているのは、安価な大衆車だ。世界中で50種類以上のワクチン開発がなされ
、日本企業は軍事大国のトップグループではないが、その次の2、3番手グループらしい。現時点で今年中の実
用化は厳しいかもしれないが、来年以降になると日本の出番も増えてくるかもしれない。
 こうした状況は、国難ともいえるので、6月2日の「COVAX(コバックス)ワクチンサミット」で、菅義
偉首相は、国産ワクチンの研究開発拠点の整備構想を表明した。遅ればせながらであるが、ワクチン開発環境を
一変させる重要な一歩だ。
 こうした基礎技術は、何はともあれ、予算を投入しなければ、うまくいかない。ワクチン開発は国防と考え、
景気に左右されない安定的な予算を組まないと、いざというときに対応できなくなるだろう。
 マスコミも、副反応のみをあおる姿勢を改め、メリットとリスクをバランス良く報道すべきだ。
 これまでの偏った報道が結果的に影響した面もあると思うが、日本のワクチン接種率の低さは国益にならない
。 
no title

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 民主主義者 2021/06/02(水) 15:15:49.04 ID:P/HqM4tl9
https://www.zakzak.co.jp/soc/news/210601/pol2106010003-n1.html

(全文はリンク先を見てください)

新型コロナワクチンの接種が本格化している。
ワクチンをめぐっては、野党からは当初、治験を含めて慎重な実施を求める声が主流だったが、
いまになって日本の接種が遅れていると批判している。
メディアも以前か危険性を強調する報道が多く、
現状でも余った分の接種や予約の問題など重箱の隅をつつく報道が多い。
こうした姿勢が公衆衛生や防疫に資するだろうか。

一般論として、ワクチンは各種の疾病の抑制に効果が大きい。
実施にあたっては副反応のリスクと効果のメリットのバランスを比較考量すべきだが、
メリットが大きければワクチン使用の社会的な意義は十分にある。

 日本は1994年の予防接種法改正で、ワクチンはそれまでの義務接種から任意接種に変更された。
その結果、日本は他の先進国と比較してワクチンを打たない「ワクチンギャップ」の国として批判されている。

 海外生活を経験した人なら分かるが、特に90年以降に生まれた日本人は国内でのワクチン接種が少ないので、
海外生活する際、大量のワクチン接種が義務付けられる。
こうしたワクチン政策の変更は
、副反応を過度に強調したメディアの報道によるところも大きいと筆者は思っている。

実は、リスクだけを過度に強調する報道はワクチンに限らない。
金融緩和すべきではないと主張するが、やめた場合のリスクやコストも同時に考え、両者を比較考量しなければならない。
副作用のリスクのみで政策を判断するのは間違いだ。
no title

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 民主主義者 2021/05/29(土) 18:38:41.29 ID:Knx8GQ9k9
 「さざ波」「屁みたいなもの」ツイートと2度の大炎上で内閣官房参与を辞任した高橋洋一氏が29日、ABCテレビ「教えて!ニュースライブ 正義のミカタ」に生出演。「ツイートは不適切表現です」と認めた。その一方で、今後の予測を計算したといい「さざ波が渚カヲル君になっちゃう」と『エヴァンゲリオン』の登場人物にひっかけ、さらに収まってくるとした。

 高橋氏は「ツイートは不適切表現です。認めます。家族からも言われた。『お父さん下品ね』と。全く弁明の余地はないので、大変申し訳ないので謝りました」と振り返った。その一方で「中身じゃなく表現ばかり言われてる」と不満ものぞかせた。

 さらに『数理モデルで導き出した日本の新規感染者数予測(100万人あたり)』を導き出したとして、ボードで説明。「ワクチンの状況を勘案して、どうなるか予測しました。暇だったんで、こういう計算をたくさんしました」と各国の状況と日本を比較した。

 高橋氏のグラフでは、アメリカやイギリスなど6カ国と日本の患者数を出すと、日本を2020年の12月から現在に至るまで、患者数爆発時でも50人を超した程度。900人近くが罹患した国もあるなか、日本の患者の割合がどこよりも少ないことを提示した。

 そのグラフに「日本はさざ波でしょう?」と患者数の少なさから改めてさざ波発言。今後は「いろいろと条件変えてやったんだけど、次の波が来てもこなくても、ほとんど見えなくなっちゃう。さざ波が渚カヲル君になっちゃう。ピークはもうおそらくこない」と持論を述べた。

2021.05.29(Sat)
https://www.daily.co.jp/gossip/2021/05/29/0014369043.shtml
no title

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 民主主義者 2021/05/27(木) 12:22:09.63 ID:gyFWlSFJ9
今国会での改正見送りとなった入管法 
対象はごく一部の偽装難民、法務省サイトで事実確認を
http://www.moj.go.jp/isa/laws/bill/05_00007.html

(全文はリンク先を見てください)

http://www.zakzak.co.jp/soc/news/210526/pol2105260001-n1.html

入管法改正案の今国会での成立が絶望的になった。今国会の会期は6月16日まで残り1カ月を切っており、入
管法改正の成立のための審議時間が取れそうにないので、事実上見送りとなった。
 入管と聞いて多くの人が思い起こすのは、スリランカ人女性が今年3月に名古屋出入国在留管理局で収容中に
死亡したことではないだろうか。テレビで繰り返し放送されたので、そのイメージが強い人もいるだろう。
 この事件はたしかに痛ましい。結果としてその影響により入管法改正の国会審議が滞ったことも、今国会での
見送りの一因だろう。
 入管法改正案は、一言でいえば、難民申請をしている中で、ごく一部であるが偽装申請をしている人を本国に
強制送還する手続きを定めるものだ。
 改正が事実上見送りになった今月18日の産経新聞に興味深い記事があった。「不法滞在の外国人、実刑判決
の半数が難民申請 現行法で送還できず」という見出しで、送還を拒否するなどして収容が長期に及ぶ不法滞在
外国人のうち、懲役3年以上の実刑判決を受けた刑法犯が昨年末時点で約310人に上り、うち難民認定申請中
が約150人と半数近くを占め、難民申請中は本国へ送還できない「送還停止効」の悪用も疑われるというもの
だ。
 難民制度を守るためにも、こうした一部の不届き者について、本国送還を強制するというのが法改正の主旨だ
といえる。こうした事実について一部の左派新聞は報じず、スリランカ人女性の問題だけを何度も報じていた。
しかも、産経新聞が報じたことは、法務省のウェブサイト上の入管法改正の説明にも書かれている。昨年末時点
で、退去強制令書が発付されたにもかかわらず退去を拒む外国人(送還忌避者)は約3100人で、そのうち3
年以上の実刑判決を受けた者は約310人。その内訳は収容中約60人、仮放免中約230人、手配中約30人
と書かれている。
 そこには、仮放免中、手配中という言葉もあるが、入管施設に収容しきれないために仮放免できるというもの
だ。仮放免するには、一定の手続きがあるが、一部の収容者は「自らの健康状態の悪化を理由とする仮放免の許
可を受けることを目的として、食事をとることを拒むハンガーストライキに及ぶという問題が生じている」と書
かれている。さらに、昨年末時点で「日本からの退去が確定した後、仮放免中に逃亡して手配されている外国人
は、400人余り」とも書かれている。
 ぜひ法務省のサイト( http://www.moj.go.jp/isa/laws/bill/05_
00007.html)を確認してほしい。仮放免中に逃亡400人というショッキングなことがなぜほとんど
報道されないのか、筆者には不思議に思う。
 難民を本国送還するのはおかしいという議論もあるが、偽装難民は難民でない。裁判所を含め一定の手続きで
対応するのが国際常識だ。その上で、日本は偽装難民問題を解決しなければいけない。
no title

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 民主主義者 2021/05/25(火) 15:10:34.35 ID:I0MNwbCh9
https://news.yahoo.co.jp/articles/fae5cdf21cc4a708a710023aa420e85c4fea3350

内閣官房参与の高橋洋一氏が問題ツイートを連発だ。9日に自身のツイッターに〈日本はこの程度の「さざ波」
。これで五輪中止とかいうと笑笑〉と投稿。批判を浴び、菅首相も高橋氏が謝罪したことを明かし、「非常に残
念」と述べたばかりだが、またやった。そして首相官邸は24日、高橋氏の辞任を発表した。
さざ波以上に「笑笑」が問題 高橋洋一氏は人としてダメだ
 21日に〈日本の緊急事態宣言といっても、欧米から見れば、戒厳令でもなく「屁みたいな」ものでないのか
な〉と投稿。本人は「屁みたい」について〈日本の行動制限の弱さとの意味〉と説明したが、投稿はIOCのコ
ーツ副会長が緊急事態宣言下でも東京五輪を開催すると断じた当日だ。「さざ波」同様、日本のコロナ禍を過小
評価し、五輪開催ありきのIOCと菅政権の意向を代弁したとも解釈できる。
 高橋氏は東大理学部数学科を卒業後、東大経済学部から旧大蔵省に入省したエリート。国民の気持ちを逆なで
する投稿連発に「数学科を出た数学脳だからでしょう」とその理由を分析するのは、心理学博士の鈴木丈織氏だ
。こう続ける。
「数学脳とは、予測や結論に向けて論理を組み立てていく思考法。数学的データを重視するあまり、人間の感情
などを軽視する傾向があります。高橋氏は五輪は開催すべきと結論づけているため、開催に対する国民の不安や
不信といった感情は邪魔な存在なのです」
■一面の真理とはいえ…
 ただ、欧米に比べて日本の感染者数は少ないし、緊急事態の対策も戒厳令には程遠い。高橋氏が「一面の真理
」を突いているのは確かだが、SNS上では〈その『屁』をまともに受けた飲食店関係者の立場に立てないのは
本当に残念だ〉などと怒りの声が噴出。なぜ、高橋氏の言動に人は腹を立ててしまうのか。
「ワクチン接種の遅れなど菅政権への不信が高まる中、高橋氏の“上から目線”に塗炭の苦しみを理解できない
“上級国民”のにおいを嗅ぎ取っているのです。投稿も『さざ波』から『屁』にエスカレート。五輪反対派を『
愚か者め。まだ分からないのか』と一喝しているようなものですからね。ただ、この種の人はムキになって反応
するほど喜ぶもの。本来なら無視するに限りますが……」(鈴木丈織氏)
 開催の意義について丸川五輪相は「コロナ下で分断された人々の間に絆を取り戻す」と吠えていた。高橋氏の
数学脳は、自分が「分断」をあおる張本人だと理解しているのか。
no title

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ