デモクラシー速報

なぜか右寄りのまとめブログばかりが目立つので、それに対するバランサーとしてやっていきます。

タグ:麻生太郎

1: 民主主義者 2021/12/01(水) 15:08:38.11 ID:mNmskxo99
https://imgur.com/sm7M2yT.jpg
https://cdn.mainichi.jp/vol1/2021/12/01/20211201k0000m010159000p/9.jpg
2030年冬季五輪・パラリンピックの札幌招致に向けた議員連盟の会長に就任した東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の橋本聖子会長=東京都江東区で2021年8月23日午後4時47分、幾島健太郎撮影

札幌冬季五輪招致議連が発足 会長に橋本聖子氏「尽力したい」
https://mainichi.jp/articles/20211201/k00/00m/010/156000c

 2030年冬季五輪・パラリンピック招致を目指す札幌市が11月29日に開催計画の概要を発表したことを受け、国会議員による招致議員連盟が12月1日、発足した。東京オリンピック・パラリンピックの総括を報告した超党派のスポーツ議員連盟の会合で、承認された。会長には北海道出身の橋本聖子・参院議員が就任した。

 名称は2030札幌五輪・パラリンピック大会招致議員連盟。橋本氏は国会内であったスポーツ議連の会合で「協力をいただきながら、招致成功に向けて尽力したい」と語った。

 スポーツ議連の麻生太郎会長は「東京五輪が始まる時は、コロナになって(感染が拡大し)大変なことになると(ニュースで)書いてあったが、終わったら『良かった、良かった』だった。札幌も決まったら、また何か言われると思うが、はねのけて(ほしい)。スポーツは感動を与えてくれる。感動が日本の活力になるし、国力になる」と協力を呼びかけた。【松本晃】

関連記事
JOC山下会長 30年冬季五輪招致へ「全力で取り組みたい」と力込める
https://www.nikkansports.com/sports/news/202111300000345.html

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 民主主義者 2021/10/29(金) 18:04:02.48 ID:N3AyaYF09
小沢一郎(事務所) @ozawa_jimusho

北海道で、北海道米と生産者の努力を嘲ったばかりの麻生副総裁が、昨日はわざわざ盛岡市に来て、「岩手県は、昔は日本のチベットと言われていた」と発言。なぜいつも上から目線で人を馬鹿にするのか。岩手県民のこれまでの努力を明らかに愚弄している。人を思いやらない政治には思い知らせるしかない。




4: 民主主義者 2021/10/29(金) 18:04:58.80 ID:VIlp8DRZ0
>>1
画像
no title

no title

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 民主主義者 2021/10/26(火) 22:04:20.91 ID:3/57sxzI9
2021/10/26 21:35 (JST)
10/26 21:53 (JST)updated
© 一般社団法人共同通信社

 岸田文雄首相は26日夜のBSフジ番組で、麻生太郎自民党副総裁が25日の街頭演説で「温暖化のおかげで北海道のコメがうまくなった」と発言したことに関し「適切ではなかった。申し訳ないと思う」と陳謝した。

https://nordot.app/825709771453104128?c=39550187727945729
no title

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 民主主義者 2021/10/26(火) 17:30:37.30 ID:ECnIO4eO9
麻生太郎前財務相(自民党副総裁)が衆院選(2021年10月31日投開票)の応援演説で「立憲共産党」という言葉を連発し、波紋を広げている。

立憲民主党と共産党の協力関係を揶揄する狙いがあるとみられ、
10月23日の演説では、かつての中国国民党と中国共産党との協力体制「国共合作」を引き合いに
「どこの国でも共産党と組んだら共産党がリーダーシップを取っている。みんな同じです」と主張した。
共産党は、かつては約30年間にわたって中国共産党との関係を断絶し、今でも人権問題では中国に批判的だ。
共産党と中国共産党を同一視して批判する主張は反発を呼ぶ可能性もある。

■「どこの国でも共産党と組んだら共産党がリーダーシップを取っている。みんな同じです」

麻生氏は10月23日午後に新百合ヶ丘駅前(川崎市)で行った演説で、今回の衆院選が政権選択選挙だと説明する中で、
立憲と共産の関係について「立憲ナントカ党が連立を組みました。どこと?共産党。立憲共産党になったんだな」と表現した。
さらに麻生氏は、両党の政策面の違いを指摘。立憲と共産は、仮に政権交代が起きた際は連立政権を組むのではなく、
共産が「限定的に閣外協力」することで合意しているが、現実的には不可能だとする主張を展開した。

「じゃあ聞こう。共産党は日米安保条約反対、自衛隊は違憲、天皇制反対。
じゃあ、そういう政党と一緒になったら、内閣はどうするんです?『いや、内閣には入れないんです』(と立憲は主張している)。
選挙だけ世話になって、(与党に)なった途端に『あんたら入れない』って、できると思う?
選挙で散々世話になっといて、そして、いざなったら『あんたら入れない』。そういうようなことができると思ってるのが、まず間違いなんですよ!」

さらに、第2次国共合作後に第2次国共内戦が起こり、中国共産党による中華人民共和国が成立した経緯を引き合いに、
仮に立憲民主党が政権を獲得したとしても共産党に乗っ取られると主張した。

「その上で共産党と組んだ世界中(の事例を)見て下さい。中国だって国民党と組んだ共産党は国共合作で国民党を乗っ取ったわけだろ?
中国の歴史はそういう歴史じゃないですか。1940年代の歴史ですよ。したがって、どこの国でも共産党と組んだら共産党がリーダーシップを取っている。みんな同じです。そういう国になりますか?」

■立憲公式も苦言「批判するなら政策にしませんか」

共産党は1960年代後半、文化大革命を批判したことをきっかけに中国共産党との関係を断絶。
約30年が経過した98年、中国側が文革時の対応への反省を表明したことで両党の関係は正常化した。
ただ、中国のシナ海・東シナ海での覇権主義、尖閣諸島をめぐる動き、香港やウイグルでの人権問題については、今でも共産党は中国に批判的だ。

「どこの国でも共産党と組んだら共産党がリーダーシップを取っている」という麻生氏の主張も、裏付けは不明だ。
例えば20年1月にスペインで発足した連立政権は、中道左派・社会労働党(PSOE)と左派の政党連合、ウニドス・ポデモス(UP)で構成しており、
UPを構成する政党のひとつがスペイン共産党(PCE)だ。PCEメンバーが84年ぶりに入閣したが、
22人いる閣僚のうち2人過ぎず、現時点で「共産党がリーダーシップを取っている」状態だとは言えない。

(以下略、全文はソースにて)
https://news.nifty.com/article/domestic/society/12144-1304140/
75b3f13172a8e890ff8c5ea8f9809a90

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 民主主義者 2021/10/24(日) 09:49:53.95 ID:AyoYakye9
「年金増えたのは、運用を株でやったおかげでしょうが」自民・麻生氏

■自民党・麻生太郎副総裁(発言録)

 自民党は間違いなく、公明党と一緒になってこの日本という国をかじとりしてきた。

 思いだしてください。10年前、多くの心配は、デフレであり、年金がもらえなくなること。働く人の数が減る傍ら、年金で暮らしている高齢者はどんどん増える。今までの制度で持つわけないのが、なんでこれだけ持つか。それは間違いなく経済、例えば株。

 2012年、野田政権が「解散する」と言った時から日本の株価は2万円あがった。年金は80兆円増えているんですよ。年金の運用、株でやったおかげでしょうが。従って(株価があがり)一部の人だけがもうかったとかいうような、いい加減な記事なんかお金払って読まないの。こういったような基本的なことがわかっていないと経済は運用できない。(横浜市の街頭演説で)
https://www.asahi.com/sp/articles/ASPBR7FLXPBRUTFK00X.html?iref=sptop_7_02
no title

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ