デモクラシー速報

なぜか右寄りのまとめブログばかりが目立つので、それに対するバランサーとしてやっていきます。

タグ:NHK

1: 民主主義者 2021/12/03(金) 21:50:56.12 ID:oKY5IJdr9
※共同通信

NHK映らなく加工でも契約義務 最高裁、上告退ける
https://nordot.app/839433120927956992

2021/12/3 18:27 (JST)
12/3 18:43 (JST)updated

 NHKの放送だけ映らないように加工したテレビを購入した女性が、NHKと受信契約を結ぶ義務がないことの確認を求めた訴訟で、最高裁第1小法廷(堺徹裁判長)は、女性の上告を退ける決定をした。2日付。女性勝訴の一審東京地裁判決を取り消し、請求を棄却した二審東京高裁判決が確定した。

 一、二審判決によると、受信料制度に批判的な考えを持っていた女性は、NHKの放送信号を減衰するフィルターを作っていた大学准教授に連絡。准教授は、インターネットオークションで購入したテレビにフィルターを組み込み、2018年10月、女性に販売した。

no title

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 民主主義者 2021/11/04(木) 19:53:04.66 ID:pi7o8dUo9
NHKは、インターネットに接続されているテレビを対象に、総合テレビおよびEテレの視聴状況を調査する実験を11月22日より実施する。視聴中のチャンネル情報や番組の視聴時刻の情報等を取得することで、視聴の分析や編成の検討、番組制作の改善に活かす狙い。
調査地域は関東地方の1都6県で、期間は11月22日12時から12月20日12時まで。

実験で取得する情報は、視聴中のチャンネル情報・番組の視聴時刻の情報(NHK総合とEテレ)、同一受信機を一意に識別するためにNHKのサーバーが発行するID、視聴者情報の送信設定(送信する/送信しない)の状態、
IPアドレス、受信機に設定されている郵便番号、HTTPリクエストヘッダーに含まれるユーザーエージェント情報、アクセス時刻、受信機製品情報。

情報の取扱いについては「視聴者情報自体に特定の個人を識別することのできる情報は含まれておらず、また、他の情報と容易に照合することにより特定の個人を識別することができない状態で管理する」という。

対象は、インターネットに接続されているテレビで、ワンセグ放送やNHKプラスは対象に含まれない。ただし、フルセグ搭載のデータ放送に対応したスマートフォン・PCやインターネットに接続された録画機器は対象となる。

具体的な情報の取得については、上述の対象地域および期間中、インターネットに接続したテレビで、NHK総合テレビやEテレにチャンネルを合わせると、画面には表示されない透明なスクリーンのデータ放送画面が起動。
この透明スクリーンの起動中、ならびにデータ放送のトップ画面および一部データ放送コンテンツ起動中、インターネットを経由して視聴者情報が送信される仕組みとなる。なお、技術上の制約等の理由により、一部テレビについては、視聴者情報の取得を行なわない。

なお期間中は、視聴情報が送信される初期設定となっているが、手動で送信停止することも可能。その場合は、テレビリモコンのdボタンを押してデータ放送画面を表示し、トップ画面にあるメニュー一覧から「視聴調査実験」のボタンを選択。
ここで視聴者情報の送信状態が確認でき、“現在の状態は視聴者情報を「送信する」です”と表示されている場合は、「送信しない」を選択し決定ボタンを押すと、“現在の状態は視聴者情報を「送信しない」です”と表示され、視聴者情報の送信は停止される。

Impress
https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1363865.html
no title

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 民主主義者 2021/09/09(木) 23:05:07.27 ID:t+aOHV4g9
 NHKへの不正競争防止法違反及び威力業務妨害、中央区議への脅迫の罪に問われた「NHKと裁判してる党弁護士法72条違反で」(NHK党)の立花孝志党首(54)への本人尋問が9日、東京地裁で行われた。感極まった立花氏が号泣する場面もあった。

 いずれの事件も立花氏が参院議員に当選した2019年に起きた。N国党(当時)から立候補したものの離党した区議に対し、「こいつの人生潰しに行きます」とユーチューブ上での発言が、脅迫罪に問われれば、NHK集金員の持つ情報端末を動画で公開し、上田良一NHK会長(当時)に面会を迫ったことが不正競争防止法違反と威力業務妨害の罪に問われていた。

 裁判後、会見した立花氏は「冒頭、起訴していただいていたことには感謝している。ありがとう。NHKが反社会勢力がどうかがポイントだと述べた。私が『反社会勢力とつながっているNHK』とビラを配っているのに(NHKから)名誉毀損は一切ない。全うな企業の業務が妨害されたとか、情報漏洩とかではないことを前提に審理していただけたというスタートだった」と振り返った。

 尋問中、立花氏は「こんなのが有罪になったら正義がまかり通らない。内部告発する人がいなくなる」と訴え、自身が16年前にNHKの内部告発した当時の苦い思い出がよみがえり、涙したという。

 傍聴人は「立花氏はマスクで涙をふいていたので、相当な涙量だったのでは。法廷内ではもらい泣きしている人もいました」と話した。10月7日に論告求刑され、年内には判決が出る見込みだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/1969bb563f265dfcaec3dc912e42efbcb82c5073
no title

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 民主主義者 2021/06/09(水) 11:14:33.00 ID:Al42+J/e9
https://news.yahoo.co.jp/articles/a085d5d79e417dfee53371026b0a590556cc3eff?source=rss

東京五輪オフィシャルパートナーに名を連ねる新聞社は、朝日新聞のほか、読売新聞社、毎日新聞社、日経新聞社の計4社。中でも朝日は事業部門の社員1名が組織委に出向しているという。

 新聞社以外にも五輪を“スポンサード”するメディアが存在する。公共放送局の「NHK」だ。元NHK職員で次世代メディア研究所代表の鈴木祐司氏が解説する。

「NHKは民間放送連盟と共同で平昌・東京の五輪2大会で約660億円もの放映権料を支払っている。そのうちNHKが7割を負担しており、組織委にとって最大の“お得意様”と言えます」

 そのせいかNHKも大手紙同様、五輪の「開催中止」について不自然なほど言及していない。それが鮮明になったのが5月28日だ。

 この日は菅首相が9都府県の緊急事態宣言を6月20日まで延長すると発表、20時から記者会見を行なった。『news zero』(日本テレビ系)や『報道ステーション』(テレビ朝日系)など民放の報道番組では、

「国民が納得できるよう、感染状況がどうなれば開催し、どうなれば開催しないか。具体的な基準を明示するべきではないでしょうか」

 という質疑応答の様子を流すなか、NHKの『ニュースウオッチ9』は会見こそ取り上げたものの、五輪に関する質疑は放送されなかった。

「番組ではその後、お笑いコンビのEXIT・りんたろー。と新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長の対談がありましたが、ここでも五輪開催については言及なし。

 しかし、NHKの公式ホームページに対談の詳細な内容が記載されていたのを見て驚きました。そこでは五輪開催のリスクについてしっかり話しているのです。地上波ではカットしていたということです」(鈴木氏)

 折しも会見前日の5月27日、NHKにとって「不都合な法案」が事実上“廃案”になっていた。

「受信料値下げを進める『放送法改正案』について、自民党の森山裕、立憲民主党の安住淳両国対委員長が会談し、法案について『継続審議』とすることで合意した。10月に衆院議員は任期満了を迎えるため、今国会での成立を断念した形です」(同前)

 NHKから見れば、現政権に“借り”を作ったと言える。ちなみにその日の菅首相のぶら下がり会見を巡っても、民放とNHKで温度差があった。

 何を聞かれても「明日、専門家にお諮りしたうえで決定します」と繰り返す問答を各局が報じたが、NHKは『ニュース7』、『ニュースウオッチ9』ともに流さなかった。

 一連の報道姿勢についてNHKに聞くと、「取材・制作の過程に関わるため、お答えしていませんが、公平・公正、不偏不党を堅持しています」(広報部)とのこと。

「みなさまのNHK」ならぬ「菅さまのNHK」と言われても仕方あるまい。
no title

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 民主主義者 2021/06/05(土) 11:33:58.63 ID:/A7fo9OM9
no title

2度目の辞任もスクープ
 安倍晋三前首相(66)に最も食い込んだ記者として知られるNHKの岩田明子氏(51)がこの6月の人事で政治部を離れることになり、ショックを受けているという。

詳細はソースにて
https://www.dailyshincho.jp/article/2021/06041050/?all=1
NHK岩田明子氏が政治部から異動でショック 安倍前首相との蜜月がネックに
国内 社会 2021年6月4日掲載

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ